261件中 121 - 130件表示
  • 至点

    至点から見た北極圏北極圏

    また夏至の日には、北極圏の南限である北緯66.56度の地点で深夜に太陽がちょうど地平線に達し、これよりも北の地域では24時間太陽が地平線上に上っているのを見ることができる。これは白夜または midnight sun, midsummer-night sun などと呼ばれる。一方、南極圏の北限である南緯66.56度の地点では真昼に太陽がちょうど地平線に達し、これよりも南の地域では一日中太陽が上らない。これを極夜と呼ぶ。冬至の日には両半球での太陽の動きは上記と逆になる。至点 フレッシュアイペディアより)

  • カウトケイノ

    カウトケイノから見た北極圏北極圏

    北極圏の高地に位置する。夏の5週間は太陽が沈まず、冬の6週間に太陽が昇ることもない。平均降水量は年間360ミリ。国内でも最も少ない地域で、気温と植生の点とあわせサハラ砂漠と比べる向きもあるほどである。カウトケイノ フレッシュアイペディアより)

  • キルナ

    キルナから見た北極圏北極圏

    キルナがスウェーデンの市になったのは1948年であり、当時は世界で最も面積の広い市であった。1970年代に行政区の改革が行われた後には、キルナの20,000 km?はオーストラリア・クイーンズランド州のマウントアイザの42,904 km?に続いて2番目に広い市となっている。ラップランド地方に属しており、昔からサーミ人がトナカイの放牧をしながら生活していたエリアであり、今でも郊外にはサーミ人が暮らしている。北緯68度の北極圏に位置するため、夏は夜でも太陽が沈まない白夜となる他、冬はオーロラを観察できることができる。キルナ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェーガ

    ヴェーガから見た北極圏北極圏

    2004年には、ケワタガモの羽を取ることを中心産業としてきた群島の農業・漁業双方に関わる文化的景観が、北極圏の真南に位置する厳しい環境の中で1500年以上積み重ねられてきた「持続可能な開発」の例証として評価され、ユネスコの世界遺産に登録された。なお、ヴェーガ群島に見られる海洋性の気候と石灰岩の岩盤は、この地で10種のランや210種に及ぶ鳥類を育んでいる。ヴェーガ フレッシュアイペディアより)

  • ラナ (ノルウェー)

    ラナ (ノルウェー)から見た北極圏北極圏

    北極圏の境界となる北緯66度66分線からわずかに南に外れたラーナは、国内で二番目に大きな氷河のスヴァルティセン氷河とサルトフィレット山の南側に位置する。北極圏内ではないにしろ、5月中旬から8月上旬にかけて空が暗くなることはなく、6月上旬から1ヶ月間は完全に太陽が沈まない白夜となる。自治体域の一部はサルトフィレット=スヴァルティセン国立公園に指定されており、多くの雄大な渓谷がある。住民の大多数はラネルヴァ川河口に築かれたモー・イ・ラーナに集住しており、その北部、セルファーズ地区には欧州ルートE6号線が通っている。ラーナやサルトフィレットは多数の石灰岩の洞窟で知られる。ラナ (ノルウェー) フレッシュアイペディアより)

  • ヒトラ

    ヒトラから見た北極圏北極圏

    ヒトラ()は、ノルウェーのソール・トロンデラーグ県にある基礎自治体(以下、便宜上「市」と表記する)。ヒトラ島と周辺の島嶼からなり、フォーセン地方に属する。陸地面積は571.5平方キロ。ヒトラ本島は海外領土を除くノルウェーで7位、北極圏以南ではもっとも大きい島である。ヒトラ フレッシュアイペディアより)

  • 大圏コース

    大圏コースから見た北極圏北極圏

    たとえば旧ソ連、中国、北朝鮮からアメリカ合衆国本土を狙うミサイルは、大圏コースとして北極圏上空を飛行するため、アラスカやグリーンランドのレーダー基地で探知することになる(弾道ミサイル早期警戒システム)。大圏コース フレッシュアイペディアより)

  • ロヴァニエミ

    ロヴァニエミから見た北極圏北極圏

    ロヴァニエミ (Rovaniemi) は、フィンランド北部のラッピ県にある都市。旧ラッピ州の州都であり、現在のラッピ県の県庁所在地である。ラッピ県の経済の中心でもある。ロヴァニエミ郡に属する。ケミ川が流れ、北極圏のすぐ近くに位置している。2006年1月に周辺の町を合併し、面積8,016 km?(兵庫県とほぼ同じ)の広大な市となった。人口約6万人。ロヴァニエミ フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン・エスキモー・ドッグ

    カナディアン・エスキモー・ドッグから見た北極圏北極圏

    太古の昔からカナダの北極圏でイヌイットによって飼育されてきた古代犬種である。そのため生い立ちについてははっきりとしないが、グリーンランドのグリーンランド・ドッグやシベリアのシベリアン・ハスキーなどの他の北方ソリ引き犬種と何らかのかかわりがあるのではないかといわれている。もともとは広い地域でそりを引くのに使われていたが、時にはアザラシやホッキョクグマを狩るための猟犬としても使われ、生活に欠かせない大切な存在であった。カナディアン・エスキモー・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • スワード半島

    スワード半島から見た北極圏北極圏

    スワード半島(スワードはんとう、セワード半島、Seward Peninsula)はアメリカ合衆国・アラスカ州の西部にある大きな半島。北極圏のすぐ南側にあり、北アメリカ大陸から西へ長さ320kmにわたって伸び、ベーリング海峡の最も狭い部分をなす。半島の幅は145kmから225kmほど。北岸はチュクチ海に、南岸はベーリング海に面しており、半島の北にはコツビュー湾(コッツビュー・サウンド、Kotzebue Sound)が、半島の南にはノートン湾(ノートン・サウンド、Norton Sound)がある。半島の先端は、アメリカ大陸の西端でもあるプリンスオブウェールズ岬で、84km先にはロシアのチュクチ半島のデジニョフ岬がある。半島の名は、1867年にロシアからアラスカを購入した当時の国務長官ウィリアム・スワードの名にちなむ。スワード半島 フレッシュアイペディアより)

261件中 121 - 130件表示