346件中 131 - 140件表示
  • コーポラル (潜水艦)

    コーポラル (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    コーポラルはGUPPY III改修が行われ、60年代後半から70年代初めの冷戦期に様々な作戦活動に従事した。北海から北極圏を定期的に通過し、地中海の巡航、カリブ海での作戦活動およびニューロンドンの潜水学校での水兵訓練を定期的に行った。コーポラル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カーボネロ (潜水艦)

    カーボネロ (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    カーボネロは1945年9月22日にワシントン州シアトルに到着し、西海岸での作戦活動に従事した。1947年初頭に極東での模擬哨戒を行った後、カーボネロは潜水艦巡航ミサイル開発計画に配属され、姉妹艦のカスク (') と共にカリフォルニア州サンディエゴおよびでの試験に参加した。その後レギュラスミサイル開発計画に配属され、1949年には AGSS-337 (実験潜水艦)に艦種変更された。1951年にはフリート・シュノーケル改修が行われ、その後南カリフォルニアおよびハワイ諸島での作戦活動に従事した。1953年には巡航ミサイルの誘導装置が取り付けられ、カーボネロは水上艦の射程距離外からミサイル攻撃を行うことができるようになった。カーボネロは開発計画において様々な役割を担い、その中にはルーンミサイルの発射やレギュラスミサイル誘導装置の評価試験が含まれた。1957年5月13日、カーボネロの母港は真珠湾へ変更された。1959年7月にカーボネロは第12潜水艦隊の旗艦となる。カーボネロはハワイ水域での作戦活動、西太平洋への配備および南太平洋、アメリカ本土への巡航を行った。1957年には北極圏への巡航を行い、1958年および59年から60年にかけて極東へ巡航した。大韓民国および日本で共同の訓練を行い、これらの配備の間に日本とフィリピンの港を訪問した。レギュラスミサイルの誘導装置は1962年始めに撤去され、カーボネロは標準の「フリート・シュノーケル」型潜水艦として SS-337''' (攻撃型潜水艦)に艦種変更された。カーボネロ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カープ (潜水艦)

    カープ (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    9月1日、カープはミッドウェー島を出航し、9月22日にシアトルに帰投した。本国に戻ってからのカープは、第71潜水艦部隊の旗艦としてサンディエゴから西海岸沿いに作戦活動に従事し、しばしば真珠湾への訓練巡航を行った。1947年2月13日から6月15日まで極東において模擬哨戒を行い、1948年と49年には北極圏への調査巡航を行い、戦略上ますます重要性を帯びた地域の様子を調査した。1952年2月にフリート・シュノーケル改修を受けたカープは水中の速力および航続能力が強化された。1952年9月22日から1953年9月まで朝鮮戦争における国連軍の支援活動に従事する。1954年3月15日に新たな母港の真珠湾に到着し、同地を拠点として1959年7月まで艦隊での現役任務に留まる。この間に極東への巡航を行い、オーストラリアへの親善訪問および東南アジア条約機構の演習に参加、アラスカへの巡航を行った。1959年8月1日、カープは真珠湾を離れ大西洋艦隊に配属される。1959年8月28日にバージニア州ノーフォークに到着し、カープは1967年までカリブ海および東海岸での訓練演習に従事した。その後、カープは1968年に AGSS-338 (実験潜水艦)に艦種変更され、1971年には IXSS-338 (雑役潜水艦)に再変更されて南ボストン海軍基地付属施設に係留ののち、訓練に使用された。その際、バッテリー室はテレビ・ラウンジに転換され、梯子が溶接された。カープは1971年12月20日に除籍され、1973年にスクラップとして売却された。カープ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 石渡利康

    石渡利康から見た北極圏北極圏

    東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。コペンハーゲン大学、ウプサラ大学に学ぶ。東海大学助教授、日本大学国際関係学部教授、2007年定年、名誉教授。1999年「北極圏地域研究」で日大博士(国際関係)。専門は国際法、北欧法。石渡利康 フレッシュアイペディアより)

  • 第6SS山岳師団

    第6SS山岳師団から見た北極圏北極圏

    その後はフィンランドの北極圏地帯で1年近くの長きにわたり塹壕戦を展開した。フィンランドがソ連側についた1944年9月以降は、第13山岳軍団を擁護しながらノルウェーへ撤退し(ラップランド戦争)、さらに1944年12月デンマークへ送られた。デンマークで「北風作戦」に参加し、さらに1945年3月にはトリーア付近で連合国軍と戦った。3月24日、ルール地方包囲を目指すアメリカ軍第一軍の攻撃を受けて事実上壊滅した。第6SS山岳師団 フレッシュアイペディアより)

  • イヌぞり

    イヌぞりから見た北極圏北極圏

    北極地方や、シベリア・カナダ・アラスカなど、寒冷な高緯度地域においては、馬などの人荷輸送に適した動物、および車輪が使用できない。そのためこれら地域において、人荷の運送に用いられる。そり犬は寒さに強く持久力に優れ、粗食に耐える上に人間によく従い、さらには緊急時に人間や他の犬の食糧となり、スノーモービルが実用化されるまでは、主要な移動手段であった。特に北極地方においては、氷の下は海であるため、自分で海に落下しないように氷の割れ目を避ける判断をするそり犬は、安全な交通手段でもあり、北極地方の探検にも用いられた。イヌぞり フレッシュアイペディアより)

  • シーロビン (潜水艦)

    シーロビン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1954年8月30日にシーロビンは北方への6週間の巡航に出航した。活動範囲は北極圏まで及び、スコットランドのグラスゴー、北アイルランドのベルファストにも停泊した。1955年1月4日、カリブ海での「スプリングボード作戦 operation “Springboard”」に参加し、9月にはNATOの演習「New Broom IV」に参加、ニューブランズウィック州セントジョンを経由してニューロンドンに帰還、その年の残りは沿岸での活動を行った。シーロビン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン・シー (空母)

    フィリピン・シー (空母)から見た北極圏北極圏

    その夏フィリピン・シーは、レーダー誘導着艦システムのテストを集中して行う。11月には北極圏の寒冷地で艦体、機材および艦載機の運用テストを行う。フィリピン・シー (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 初夜権

    初夜権から見た北極圏北極圏

    初夜権の時代と地域は、主に中世(5世紀頃から15世紀頃)のヨーロッパで存在したとする説が多い。また、インドのヒンドゥー教や東南アジアの仏教を信仰していた民族、北極圏のエスキモーや南米のインディアンの中に存在した祈祷師(シャーマン)を頼っていた人々などにも散見されたとする説が多い。初夜権 フレッシュアイペディアより)

  • デフコン

    デフコンから見た北極圏北極圏

    「デフコン5」は完全な平時であり、「デフコン1」だと完全な戦争準備態勢(非常時)となる。例を挙げると、デフコン5では核攻撃機はアメリカ本土地上待機であるが、デフコン1だと24時間3 - 4交代でアラスカまたは北極圏上空待機となり、その他も地上待機となる。デフコン フレッシュアイペディアより)

346件中 131 - 140件表示

「北極圏」のニューストピックワード