346件中 141 - 150件表示
  • アイスランド料理

    アイスランド料理から見た北極圏北極圏

    伝統的な肉や魚の保存法は、主に燻製とシーラ(Sýra)という発酵したホエーに浸けることであった。海洋国で降水も安定してありながらも北極圏に近く冷涼であるため、薪となる木が育ちにくく、製塩が難しかったためである。なお、この冷涼な気候を逆手にとって、燻製を作る際は、低い温度の煙で長期間(場合によっては1ヶ月程度)いぶし続けて作る冷燻の技法が広く用いられてきた。アイスランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • ホッキョクギツネ

    ホッキョクギツネから見た北極圏北極圏

    北極地域、つまりグリーンランドやロシア、カナダ、アラスカ、スヴァールバル諸島の辺境を含む北極圏全体、更に亜北極圏やアイスランド、スカンディナヴィア本土の山脈などの高山地域で見られる。ホッキョクギツネ フレッシュアイペディアより)

  • ホッキョクオオカミ

    ホッキョクオオカミから見た北極圏北極圏

    ホッキョクオオカミ(学名:Canis lupus arctos)とは、北極圏周辺に棲息するオオカミの亜種の一つである。ホッキョクオオカミ フレッシュアイペディアより)

  • H-21 (航空機)

    H-21 (航空機)から見た北極圏北極圏

    H-21 ワークホース/ショーニー(H-21 Workhorse/Shawnee)は、1940年代にアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプター社(後のボーイング・バートル社)で開発された4番目のタンデムローター式ヘリコプターである。一般的に「空飛ぶバナナ(flying banana)」とも呼ばれる本機は車輪、スキー、フロートを取り付けられる多用途ヘリコプターであった。H-21は低温の環境下でも良好な性能を発揮し、北極圏などでの救難活動にも使用された。H-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 大圏コース

    大圏コースから見た北極圏北極圏

    たとえば旧ソ連、中国、北朝鮮からアメリカ合衆国本土を狙うミサイルは、大圏コースとして北極圏上空を飛行するため、アラスカやグリーンランドのレーダー基地で探知することになる(弾道ミサイル早期警戒システム)。大圏コース フレッシュアイペディアより)

  • UKUSA協定

    UKUSA協定から見た北極圏北極圏

    英米の協力関係は戦後も続き、1946年にはソビエト連邦との冷戦に備えて協定を結んだ。1956年のスエズ動乱で英米は対立したが、協力関係は途絶えずにカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどのアングロサクソン諸国を加えて、世界中に通信傍受施設のネットワークを張り巡らせた。NSAは北極圏からリビアの砂漠まで2000箇所に6000人を配置し、日本にも上瀬谷通信施設や三沢暗号業務センターを設けた。この時代の通信傍受施設では三角測量を行なって、ソビエト連邦の艦船や潜水艦の位置、戦略ミサイルや防空ミサイルの配置を割り出していたと言う。またNSAは戦時中から1970年代までウエスタンユニオンなどの三大電報会社が海外に送信する全ての電信を毎日提出させて、外交公電や暗号電報を探し出し、解読していたと言う。鹵獲したドイツのゲハイムシュライバー暗号機によって、1945年の国際連合創設から数年はソビエト連邦の最高レベルのものを含め世界30カ国以上の暗号を解読することが出来たため、国際連合本部ビルをニューヨークに置かせたという説もある。UKUSA協定 フレッシュアイペディアより)

  • バレンツ海

    バレンツ海から見た北極圏北極圏

    北極圏にあるが、暖流である北大西洋海流の影響がおよぶ海域に面したロシア領ムルマンスク(コラ半島)や、ノルウェー領ヴァードー()は、冬でも海面が凍結しない不凍港である。北部や東部、南部の白海付近などは冬季には氷結する。バレンツ海 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵俊彦

    田淵俊彦から見た北極圏北極圏

    1997年3月 - ドキュメント特別企画「藤竜也がゆく 命の北極圏〜白鯨たちの大いなる四季」プロデュース・演出-語り;野際陽子田淵俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • フィンマルク県

    フィンマルク県から見た北極圏北極圏

    北極圏の近くに位置しているヴァドソー(Vadsø)では5月半ばから7月末までが白夜の期間である。短い夏を終え冬に入って2ヶ月程度で、11月下旬から2月までの極夜を迎えることになる。その結果5月から8月まで常に太陽が出ており、冬は正午ごろの2?3時間若干明かりを取り戻す程度であるが、晴れていれば冬でも白夜に近い状態にはなる。フィンマルク県 フレッシュアイペディアより)

  • アウト・オブ・ノイズ

    アウト・オブ・ノイズから見た北極圏北極圏

    前作のキャズムから5年ぶりのオリジナル・アルバムである。本作では、音楽に関わる全ての要素を脱構築し、繰り返し演奏,不協和音,環境音など、現代音楽的な手法を全面的に取り入れている。結果として、音楽の三要素である旋律,和音,拍子の何れもが存在せず、楽器音,環境音,電子音が聴き分けられない程に融合している。2008年10月に北極圏で録音した「氷河の下を流れる水の音」「そりを引く犬の鳴き声」「氷の洞穴で鳴らしたベルの音」などの音が含まれている。フルアートワークCDとパッケージレスCDでリリースされた。本作の売上げの一部を活用してカーボン・オフセットが行われた。アウト・オブ・ノイズ フレッシュアイペディアより)

346件中 141 - 150件表示

「北極圏」のニューストピックワード