346件中 161 - 170件表示
  • デビー (ホッキョクグマ)

    デビー (ホッキョクグマ)から見た北極圏北極圏

    1966年にソビエト連邦(当時)の北極圏地域で生まれたが、すぐに親とはぐれてしまった。その後保護され、1歳のときにカナダのウィニペグにあるアシニボインパーク動物園(:en:Assiniboine Park Zoo)に迎えられた。デビーはアシニボインパーク動物園の人気者となり、多くの来園者に愛されていた。デビー (ホッキョクグマ) フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット (原子力潜水艦)

    シャーロット (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    ダン・ブラウンの小説。北極圏での特殊任務を負う重要な役割を果たしている。シャーロット (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 雪竜

    雪竜から見た北極圏北極圏

    雪竜の活動領域には北極圏も含まれており、1999年に初めて調査航海を行って以降、2014年現在までに6回にわたって観測隊を北極海へ運んだ。このうち2010年の第4次北極航海では北緯88度26分まで北上して中国の船舶としての新記録を達成し、2012年の第5次北極航海では、中国の船舶として初めて北東航路の通過に成功している。雪竜 フレッシュアイペディアより)

  • フェニモア・クーパー (スクーナー)

    フェニモア・クーパー (スクーナー)から見た北極圏北極圏

    1854年9月には再び調査を開始し、北方ペトロパブロフスクへ向かった。そこで調査隊は分離し、ビンセンスは北極圏に突入、一方フェニモア・クーパーは1853年に行方不明になっていた米国の捕鯨船の生存者を見つけるためにアリューシャン列島を捜索したが、これには失敗した。フェニモア・クーパー (スクーナー) フレッシュアイペディアより)

  • アンドーヤロケット発射場

    アンドーヤロケット発射場から見た北極圏北極圏

    北極圏に位置することからオーロラの観測に用いられる事が多い。アンドーヤロケット発射場 フレッシュアイペディアより)

  • アナとオットー

    アナとオットーから見た北極圏北極圏

    『アナとオットー』(Los Amantes del Círculo Polar)は1998年のスペインの映画。フリオ・メデム監督のラブストーリー。ゴヤ賞にて2部門受賞した。原題は「北極圏の恋人達」の意。アナとオットー フレッシュアイペディアより)

  • 地軸

    地軸から見た北極圏北極圏

    地軸の傾きが日常生活に最も関連するのは季節の移り変わりだろう。地軸が傾いていることから、夏季には日が高く昇り、昼の時間が長く、冬季には日が低く、昼が短い。単位面積当たりの太陽エネルギーの照射量と日照時間とが変化することで、季節が生じる。北緯23.43度(23度26分)を走る北回帰線上では、1年に1度、夏至に太陽の南中高度が90度になる。これも地軸の傾きによる。逆に90−23.43の北緯66.56度(66度33分)の北極圏では、夏至に太陽が沈まず(白夜)、冬至に日が昇らない。なお、南半球では暦と季節との対応が反対(6月は冬、12月は夏)となるため、南回帰線上では12月の冬至(現地の夏)に太陽の南中高度が90度となり、南極圏では冬至を含む12月前後(現地の夏)に白夜となる。地軸 フレッシュアイペディアより)

  • メイフラワー (哨戒ヨット)

    メイフラワー (哨戒ヨット)から見た北極圏北極圏

    1946年7月1日に退役となったメイフラワーは、1947年1月8日にボルチモアでフランク・M・ショー (Frank M. Shaw) に、北極圏でアザラシなど鰭脚類を狩るための船として売却された。しかし、3月になった猟場であるグリーンランドとラブラドール地方の間の海域へ向かった際に、メリーランド州のの沖合で火災が発生し、船はボルチモアへの帰還を余儀なくされた。1948年はじめ、Collins Distributors Inc. がこの船を購入し、ニューヨークで新しいボイラーを載せ、パナマに船籍を置く便宜置籍船マッラ (Malla) として登録を行なった。その後は、イタリアのジェノヴァに拠点を移し、表向きは沿岸貿易船として地中海で運航された。マルセイユを密かに出港し、9月3日にイギリス委任統治領パレスチナ(後のイスラエル)のハイファに到着したこの船には、ユダヤ人難民が乗り込んでいた。その大部分は、前年の夏にパレスチナで入域を拒まれて送り返された、不運なに乗船していた。メイフラワー (哨戒ヨット) フレッシュアイペディアより)

  • T級駆逐艦

    T級駆逐艦から見た北極圏北極圏

    上記の経緯から、設計はS級とほぼ同様であり、J級以来の単煙突・船首楼型という船型のほか、Q級で導入された燃料搭載量の増大や復原性の改善、艦尾のトランサム・スターン、またS級で導入されたトライバル級と同様の艦首形状も踏襲された。ただし本級では、北極圏行動用の防寒設備が省かれている。T級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • V級駆逐艦 (2代)

    V級駆逐艦 (2代)から見た北極圏北極圏

    同年度予算で建造されたU級の準同型艦であり、J級以来の単煙突・船首楼型という船型のほか、Q級で導入された燃料搭載量の増大や復原性の改善、艦尾のトランサム・スターン、またS級で導入されたトライバル級と同様の艦首形状も踏襲された。本級では、S級・T級で省かれていた北極圏行動用の防寒設備を復活したものの、加熱管などの設備重量は24トンに達した。またその後、レーダーや高角機銃の増備に伴って上部重量が増大したことから、復原性の低下を避けるため、1945年より防寒設備の撤去が行われた。V級駆逐艦 (2代) フレッシュアイペディアより)

346件中 161 - 170件表示

「北極圏」のニューストピックワード