346件中 21 - 30件表示
  • トロムソ

    トロムソから見た北極圏北極圏

    トロムソ( 、)はノルウェー北部トロムス県に位置する都市である。トロムセ、トロムセーとも表記する。ノルウェー北部地方の中心都市であり、またいわゆるラップランドの中ではムルマンスクに次いで第2の規模の都市である。北極圏内に位置しているがメキシコ湾流の影響で同じ緯度の他の地域と比べれば気候は穏やかである。水産業の街であるとともに学術都市でもあり、白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できる観光地でもある。トロムソ フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見た北極圏北極圏

    欧米では中世から近代において捕鯨を行ってきたが、その利用は油の採取が主であり、鯨骨の利用はほとんどされていなかった。しかし、日本を始め海洋性の東南アジアおよびポリネシアの人々や北極圏に近い北米先住民は、余す所なく鯨を利用してきたため、鯨骨も多岐に利用してきた歴史と文化がある。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 冬のロンド

    冬のロンドから見た北極圏北極圏

    この物語の舞台となる「ルミアウラ王国」は地球の北極圏に位置する小国で、人口は30万人ほどである。日本からルミアウラへの渡航は飛行機と列車を使って40時間ほどかかる。亜寒帯の気候に属し、一年を通して雪が降り続けている。そのため夏が極度に短く、その間は白夜となる。また、時折オーロラも観測される。国の歴史は5000年以上と古く、初代の女王・エカテリーナは魔女だったという言い伝えが信じられている。冬のロンド フレッシュアイペディアより)

  • 北極線

    北極線から見た北極圏北極圏

    北極線 フレッシュアイペディアより)

  • カマイルカ属

    カマイルカ属から見た北極圏北極圏

    カマイルカ属(鎌海豚属)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。カマイルカ属は 6 種で構成される。カマイルカ属の中ではハナジロカマイルカが最も大きな種類であり、成体の体長は約 3 mに達する。逆に最も小さいのはダンダラカマイルカの 1.8 mである。ハナジロカマイルカは北極圏に近い北の寒い海域に生息し、ダンダラカマイルカは南極の氷床に近い南の寒い海域に生息する。カマイルカは日本近海の温暖な海域に生息し、日本人にとって最も馴染み深いイルカの一つである。カマイルカ属 フレッシュアイペディアより)

  • ソグ川

    ソグ川から見た北極圏北極圏

    ソグでは北極圏のイワナと大西洋のサケが獲れる。イワナは 200 g 程度から 2 kg 以上のものまでおり、平均して 500 g 程度である。サケは 2 kg から 4 kg 程度で、年に数回 10 kg 以上のものが獲れる。また降海型のブラウントラウトも獲れる。ソグ川 フレッシュアイペディアより)

  • バットフィッシュ (原子力潜水艦)

    バットフィッシュ (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1978年3月2日、トーマス・エヴァンズ艦長指揮下のバットフィッシュはチャールストンを出航し、「イブニングスター」作戦と知られる77日間の哨戒に向かった。3月17日に北極圏から200マイルのノルウェー海北端部でソ連海軍のヤンキーII級原子力潜水艦を探知する。バットフィッシュはソ連艦の追跡を始め、どのような活動を行ったかの重要な情報を収集した。続く50日間に渡ってソ連艦はバットフィッシュを探知せず、バットフィッシュがソ連艦を見失ったのは2度のみであった。1度はひどい嵐の中であり、もう1度は漁船団が水上を通過したときであった。2度ともソ連艦はすぐ再発見できた。バットフィッシュ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 極圏

    極圏から見た北極圏北極圏

    極圏(きょくけん、)とは、赤道傾斜角の余角(地球では66°33′)より高緯度の地域である。極圏の限界線となる緯線を極線(きょくせん)という。両極周辺に1つずつあり北の極圏を北極圏、南の極圏を南極圏という。極圏 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメクビワカモメ

    ヒメクビワカモメから見た北極圏北極圏

    シベリア北東部、カナダ北部、グリーンランド西部の北極圏で繁殖し、冬季は北極海周辺に広がって過ごす。あまり南下はしない。ヒメクビワカモメ フレッシュアイペディアより)

  • グリスフィヨルド

    グリスフィヨルドから見た北極圏北極圏

    グリスフィヨルドはに位置している。北極線より約1160km北、北極点まで約1500kmの地点である。気温が摂氏0度以下の日が1年のうちで8か月以上あり、年間降雨量も250mmに満たない。過去に記録された最低気温はマイナス62.2℃。ケッペンの気候区分ではET(ツンドラ気候)に属する。樹木は育たず、露天での農耕は不可能である。グリスフィヨルド フレッシュアイペディアより)

346件中 21 - 30件表示

「北極圏」のニューストピックワード