261件中 21 - 30件表示
  • 山崎哲秀

    山崎哲秀から見た北極圏北極圏

    山崎哲秀(やまさき てつひで、1967年 - )は、日本の極地探検家。北極圏を犬ぞりで観測調査遠征を行うアバンナットプロジェクトを行っている。山崎哲秀 フレッシュアイペディアより)

  • ローレンス・ウェイジャー

    ローレンス・ウェイジャーから見た北極圏北極圏

    1930年にジーノ・ワトキンス (Gino Watkins) に率いられたイギリスの北極航空路の経路探索調査に加わり、東グリーンランドに旅して、Kangerdlugssuaq Fjord の入り口でスケアガード岩体を発見した。この岩体の地質学的重要はすぐに明らかになった。グリーンランド遠征はウェイジャーの探検家としての才能を証明し、39日に及ぶ 200km のソリ旅行を行い、当時は北極圏の最も高い山とされていた標高 3,380m の Mont Forel の登頂を目指した。頂上の約150m 下までせまり、登山隊は引き返した。グリーンランドの研究はその後の彼のキャリアの基礎となり、1930年代に3度のグリーンランド調査の指揮、企画を行った。スケアガード岩体やその周辺の詳細な地質調査を行い、Meddelelser om Grønland を出版した。ローレンス・ウェイジャー フレッシュアイペディアより)

  • ヤッキ・ドッグ

    ヤッキ・ドッグから見た北極圏北極圏

    原始的な特徴を備えた古い犬種だが、詳しい生い立ちは不明である。北欧系及び北極圏のスレッター(そり引き犬種)の血を引いている犬種で、アイスランドに人が移住してきてすぐに作出されたものであるといわれている。ヤッキ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ヒガシグリーンランドカリブー

    ヒガシグリーンランドカリブーから見た北極圏北極圏

    ヒガシグリーンランドカリブー () は、偶蹄目シカ科に属するトナカイの亜種の一つで、北極圏のグリーンランド島東部に生息していたが、すでに絶滅した。ヒガシグリーンランドカリブー フレッシュアイペディアより)

  • 遠距離早期警戒線

    遠距離早期警戒線から見た北極圏北極圏

    遠距離早期警戒線(えんきょりそうきけいかいせん Distant Early Warning Line,DEWライン)は、アメリカ大陸北岸の北極圏に設置されたレーダー網のこと。冷戦期にソ連の爆撃機からアメリカ本土を防衛することを目的とした。遠距離早期警戒線 フレッシュアイペディアより)

  • ピブロクト

    ピブロクトから見た北極圏北極圏

    ピブロクト(Piblokto)は、文化結合症候群のうち、北極圏におけるイヌイット社会にのみ見られる精神疾患の一つとして名づけられた名称。冬に最も広く現れて、北極ヒステリーとも呼称する。ピブロクト フレッシュアイペディアより)

  • ダウエント・ホイットルセー

    ダウエント・ホイットルセーから見た北極圏北極圏

    家畜の飼養のみを行い、草や水を求めて移動する。中央アジア・北アフリカ・北極圏など。ダウエント・ホイットルセー フレッシュアイペディアより)

  • ナルヴィク駅

    ナルヴィク駅から見た北極圏北極圏

    ナルヴィク駅(ナルヴィクえき)は北緯68度の北極圏に位置する、ノルウェーの都市ナルヴィクにあるオーフォート鉄道の駅。ナルヴィク駅 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの観光

    フィンランドの観光から見た北極圏北極圏

    フィンランドは寒冷な気候で夏であっても気温はそれほど高くない。このため、避暑に向いており、また夏の日照時間が長く、北極圏に入れば日没が存在しない。このため、長い昼を利用して観光を楽しむことが出来る。サイマー湖、パイヤンネ湖、イナリ湖などいくつもの大きな湖が存在し、特に南東部は湖水地方として知られる。フィンランドは小さいものを除いても湖が20万近く存在することで有名である。また、水質の良さと海、川、水路の周辺の緑深い森でも知られている。フィンランドでは旅行客は湖のほとりで腰を下ろし、釣りをしたり、トナカイやヘラジカなどを見て静穏を楽しむ。また、カヌーなどのスポーツで楽しむことが出来る。夏のウォーキングやピクニックは非常に人気が高い。フィンランドには高い山が無いため、登山には限界がある。最も高い山はエノンテキオ近郊のハルティ山であり、海抜1328mである。また、バルト海クルーズも非常に人気がある。フィンランドの観光 フレッシュアイペディアより)

  • オーフォート鉄道

    オーフォート鉄道から見た北極圏北極圏

    全行程はおよそ28時間2147 kmにおよび、これはヨーロッパの長距離列車でも最長の部類である。マルメを金曜午後に出発し夜にストックホルム・ウプサラに停車した後は、いくつかの路線分岐駅に止まるだけで翌日の午後に北極圏に到達、イェリバーレ・キルナ・アビスコ・国境駅に停車し、ナルヴィクへの到着は土曜の夕刻になる。ウメオやルレオは経由しないが、それぞれ途中停車駅のヴェンネスやボーデンからバスが接続している。帰路は日曜午前中にナルヴィクを出発し、ストックホルムには月曜朝に、マルメ到着は午後になる。オーフォート鉄道 フレッシュアイペディアより)

261件中 21 - 30件表示

「北極圏」のニューストピックワード