261件中 41 - 50件表示
  • トーンガット山脈

    トーンガット山脈から見た北極圏北極圏

    トナカイがトーンガット山脈を移動しながら生息している。カナダの北極圏に見られる多くの種の植物がこの山脈でも生えている。トーンガット山脈 フレッシュアイペディアより)

  • タズ川

    タズ川から見た北極圏北極圏

    タズ川は、西シベリア低地の東側に発し、広大な湿地帯を北西へ向かい北極圏のツンドラに入り、北極海のカラ海の一部であるオビ川河口のオビ湾の東側にあるタゾフスカヤ湾という細長い三角江に流入する。タゾフスカヤ湾は延長250kmでタズ川とプル川の河口が沈降してできた湾であり、タゾフスキーの街からオビ湾まで続いている。タズ川 フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット (原子力潜水艦)

    シャーロット (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    ダン・ブラウンの小説『デセプション・ポイント Deception Point』では北極圏での特殊任務を負う重要な役割を果たしている。シャーロット (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • バットフィッシュ (原子力潜水艦)

    バットフィッシュ (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1978年3月2日、トーマス・エヴァンズ艦長指揮下のバットフィッシュはチャールストンを出航し、「イブニングスター」作戦と知られる77日間の哨戒に向かった。3月17日に北極圏から200マイルのノルウェー海北端部でソ連海軍のヤンキーII級原子力潜水艦を探知する。バットフィッシュはソ連艦の追跡を始め、どのような活動を行ったかの重要な情報を収集した。続く50日間に渡ってソ連艦はバットフィッシュを探知せず、バットフィッシュがソ連艦を見失ったのは2度のみであった。1度はひどい嵐の中であり、もう1度は漁船団が水上を通過したときであった。2度ともソ連艦はすぐ再発見できた。バットフィッシュ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • アンバージャック (SS-522)

    アンバージャック (SS-522)から見た北極圏北極圏

    アンバージャックは西インド諸島およびメキシコ湾で整調訓練を行った後、6月17日に第8潜水艦部隊に合流する。コネチカット州ニューロンドンのニューロンドン海軍潜水艦基地を拠点として北大西洋での訓練任務に従事し、1946年11月には北極圏を巡航する。1947年1月に大規模改修のためにポーツマス海軍造船所入りし、潜水艦推力増強計画 (Greater Underwater Propulsion Power Program, GUPPY) の下船体およびセイル部分が改修され、水中での速力と操縦性を向上させるため追加のバッテリーおよびシュノーケルが装着された。一年に及ぶ改修が完了すると、1948年1月にフロリダ州キーウェストで第4潜水艦部隊に合流する。アンバージャックは同所を拠点として東海岸沿い及び西インド諸島で戦術開発および独自の訓練、定期的なオーバーホールおよび艦隊演習などに11年近く従事した。この間に様々なカリブ海の港を訪問している。1952年7月にアンバージャックは新たに編成された第12潜水艦部隊に配属され、キーウェストを拠点として活動を続けた。アンバージャック (SS-522) フレッシュアイペディアより)

  • スピナックス (潜水艦)

    スピナックス (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    就役後は11月15日にコネチカット州ニューロンドンに移動し、大西洋艦隊潜水艦部隊に配属される。1946年12月15日、カリブ海へ向けて出航し整調巡航を行い、1947年1月28日に完了した。ニューロンドンに帰還、11月まで沿岸での作戦活動に従事、北はラブラドール地方、北極圏までの巡航を行った。1948年1月に艦種変更が行われ、船体番号は SSR-489 (レーダー哨戒潜水艦)に変更された。同年前半はカリブ海で活動し、5月にオーバーホールのためポーツマス海軍造船所に帰還した。作業は10月に完了し、新型レーダーおよび通信機材が装備され、後部魚雷発射管の撤去および前部魚雷発射管2門の廃止、シュノーケルの追加、戦闘指揮所の設置が行われた。改修後スピナックスはレーダー哨戒駆逐艦と同様の能力を持つこととなった。スピナックス (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • レクゥイン (潜水艦)

    レクゥイン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    レクゥインは転換作業が完了すると西大西洋での作戦活動を再開し、1947年の秋には北方へ移動、姉妹艦のスピナックス (USS Spinax, SS-489) と共に演習を行った。11月13日に北極圏を横断した。1948年1月20日に船体分類記号が SSR-481 (レーダー哨戒潜水艦)となり、レクゥインはポーツマス海軍造船所で MIGRAINE II レーダーピケット改修が行われた。作業完了後12月に出航、新型レーダー機材の公試後コネチカット州ニューロンドンに向かい、同地で第8潜水戦隊に合流した。レクゥイン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • コーポラル (潜水艦)

    コーポラル (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    コーポラルはGUPPY III改修が行われ、60年代後半から70年代初めの冷戦期に様々な作戦活動に従事した。北海から北極圏を定期的に通過し、地中海の巡航、カリブ海での作戦活動およびニューロンドンの潜水学校での水兵訓練を定期的に行った。コーポラル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カープ (潜水艦)

    カープ (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    9月1日、カープはミッドウェー島を出航し、9月22日にシアトルに帰投した。本国に戻ってからのカープは、第71潜水艦部隊の旗艦としてサンディエゴから西海岸沿いに作戦活動に従事し、しばしば真珠湾への訓練巡航を行った。1947年2月13日から6月15日まで極東において模擬哨戒を行い、1948年と49年には北極圏への調査巡航を行い、戦略上ますます重要性を帯びた地域の様子を調査した。1952年2月にフリート・シュノーケル改修を受けたカープは水中の速力および航続能力が強化された。1952年9月22日から1953年9月まで朝鮮戦争における国連軍の支援活動に従事する。1954年3月15日に新たな母港の真珠湾に到着し、同地を拠点として1959年7月まで艦隊での現役任務に留まる。この間に極東への巡航を行い、オーストラリアへの親善訪問および東南アジア条約機構の演習に参加、アラスカへの巡航を行った。1959年8月1日、カープは真珠湾を離れ大西洋艦隊に配属される。1959年8月28日にバージニア州ノーフォークに到着し、カープは1967年までカリブ海および東海岸での訓練演習に従事した。その後、カープは1968年に AGSS-338 (実験潜水艦)に艦種変更され、1971年には IXSS-338 (雑役潜水艦)に再変更された。南ボストン海軍基地付属施設に係留され、訓練に使用された。バッテリー室はテレビ・ラウンジに転換され、梯子が溶接された。カープは1971年12月20日に除籍され、1973年にスクラップとして売却された。カープ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • タスク (潜水艦)

    タスク (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    タスクは1948年の初夏に現役復帰した。整調訓練および模擬哨戒をパナマ運河地帯で6月から7月にかけて行い、8月に本国に帰還、メリーランド州アナポリスの海軍士官学校を訪問、約1,000名中成績上位者4名が直接最新型の潜水艦を見学した。同年の秋から冬にかけてタスクは通常任務を再開し、アメリカ海軍およびNATO軍の艦艇と共に演習を行った。その活動範囲はカリブ海から北極圏まで及んだ。1949年に入るとより制限された範囲で活動を行う。同年の前半6ヶ月はロードアイランド州ニューポートの第2潜水艦開発グループで活動した。7月にタスクは再びNATOの多国籍軍に加わり、北大西洋での演習を行う。これらの演習の間に北アイルランドのロンドンデリー、イングランドのポーツマスを訪問している。タスク (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

261件中 41 - 50件表示

「北極圏」のニューストピックワード