261件中 61 - 70件表示
  • シーロビン (潜水艦)

    シーロビン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1954年8月30日にシーロビンは北方への6週間の巡航に出航した。活動範囲は北極圏まで及び、スコットランドのグラスゴー、北アイルランドのベルファストにも停泊した。1955年1月4日、カリブ海での「スプリングボード作戦 operation “Springboard”」に参加し、9月にはNATOの演習「New Broom IV」に参加、ニューブランズウィック州セントジョンを経由してニューロンドンに帰還、その年の残りは沿岸での活動を行った。シーロビン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ブーシア半島

    ブーシア半島から見た北極圏北極圏

    ブーシア半島(ブーシアはんとう、、)は、カナダのヌナブト準州にある世界で15番目に大きい半島。半島全体が北極圏に入り、同半島の北端は、北アメリカ大陸の北端であり、またカナダ本土の北端でもある。北にはサマーセット島、北西にプリンスオブウェールズ島、東にはブーシア湾を挟んでバフィン島のがある。ブーシア半島 フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (原子力潜水艦)

    ポーギー (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1996年8月25日、ポーギーは「SCICEX-96」の実験を支援した。10月にベーリング海峡を通過し、北極圏の海氷下100を超える地点で数千もの海水サンプルを収集した。ポーギーは連続的に海流および海水の塩分、水温を記録し、気候条件を測定するため氷冠の間から19回浮上し、11月26日にカリフォルニア州サンディエゴに帰還した。ポーギー (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • サーゴ (原子力潜水艦)

    サーゴ (原子力潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1月25日までにサーゴはセントマシューズ島付近に到達、海氷と遭遇した。沿岸警備隊の砕氷艦スタテンアイランド (USCGC Staten Island, WAGB-278) と合流後、サーゴは海氷に囲まれた中、初の静止潜航を行った。1月29日にダイオミード諸島を通過、北極圏を横断し、2月9日に北極点に到達した。サーゴ (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • アナバル川

    アナバル川から見た北極圏北極圏

    北極圏の300km北のアナバル高原に発し、サハ共和国の北西を流れて北極海の一部であるラプテフ海の西端、タイミル半島の付け根のハタンガ湾に注ぐ。流域は中央シベリア高原の最高部を構成するプトラン山地に広がっている。年平均流水量はおよそ500立方m/秒で、年の大半は凍結しているが、氷が解ける初夏には流量は激しく増える。アナバル川 フレッシュアイペディアより)

  • アウドゥン・ボイセン

    アウドゥン・ボイセンから見た北極圏北極圏

    アウドゥン・ボイセン(Audun Boysen、1929年5月10日 - 2000年3月2日)は、ノルウェーの陸上競技選手。1956年メルボルンオリンピックの銅メダリストである。ノルウェー北部北極圏内のトロムス県ビョルコイ出身。ソール・トロンデラーグ県リッサで育った。アウドゥン・ボイセン フレッシュアイペディアより)

  • コバック・バレー国立公園

    コバック・バレー国立公園から見た北極線北極圏

    コバック・バレー国立公園(こばっく・ばれーこくりつこうえん、Kobuk Valley National Park)は、アラスカ州の北西部、北極線の北40 km(25マイル)に位置する。1980年、アラスカ国家利益土地保護法(Alaska National Interest Lands Conservation Act)により、米国国立公園に指定された。グレート・コバック砂丘(Great Kobuk Sand Dunes)とトナカイの移動ルートで有名である。公園では、自然の中でのキャンプ、ハイキング、トレッキング、イヌぞりが楽しめる。公園には決まった道や道路はない。面積は、7,000 km?(1,700,000エーカー)で、ほぼデラウェア州と同じ広さである。コバック・バレー国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ウォレス・L・リンド (駆逐艦)

    ウォレス・L・リンド (駆逐艦)から見た北極圏北極圏

    8月と9月を通してウォレス・L・リンドは北大西洋においてNATOの演習に備えた。9月6日にノーフォークを出航、4週間をNATO軍部隊と共に過ごした。この巡航において北極圏を横断した。ウォレス・L・リンド (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • タゾフスカヤ湾

    タゾフスカヤ湾から見た北極圏北極圏

    タゾフスカヤ湾はすべてロシアのヤマロ・ネネツ自治管区に属し、完全に北極圏に入っている。北緯67度30分付近の、タズ川河口とプル川河口が接するあたりから始まり南北に伸び、北緯69度付近で西に向きを変え、オビ湾と交わるはるか手前で幅が広がる。オビ湾とタゾフスカヤ湾に挟まれた陸地はタゾフスキー半島となっている。タゾフスカヤ湾 フレッシュアイペディアより)

  • ハト科

    ハト科から見た北極圏北極圏

    北極圏(一部を除く)や南極大陸を除いた全世界ハト科 フレッシュアイペディアより)

261件中 61 - 70件表示

「北極圏」のニューストピックワード