346件中 71 - 80件表示
  • ウォレス・L・リンド (駆逐艦)

    ウォレス・L・リンド (駆逐艦)から見た北極圏北極圏

    8月と9月を通してウォレス・L・リンドは北大西洋においてNATOの演習に備えた。9月6日にノーフォークを出航、4週間をNATO軍部隊と共に過ごした。この巡航において北極圏を横断した。ウォレス・L・リンド (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 地球の頂上の島

    地球の頂上の島から見た北極圏北極圏

    20世紀初頭、アンソニー・ロス卿は、北極で行方不明になった息子を探すため探検隊を組織した。一行は飛行船で北極圏へ向かい、地図にない峡谷を越えると、そこにはヴァイキングの子孫が住む島があった。地球の頂上の島 フレッシュアイペディアより)

  • スピナックス (潜水艦)

    スピナックス (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    就役後は11月15日にコネチカット州ニューロンドンに移動し、大西洋艦隊潜水艦部隊に配属される。1946年12月15日、カリブ海へ向けて出航し整調巡航を行い、1947年1月28日に完了した。ニューロンドンに帰還、11月まで沿岸での作戦活動に従事、北はラブラドール地方、北極圏までの巡航を行った。1948年1月に艦種変更が行われ、船体番号は SSR-489 (レーダー哨戒潜水艦)に変更された。同年前半はカリブ海で活動し、5月にオーバーホールのためポーツマス海軍造船所に帰還した。作業は10月に完了し、新型レーダーおよび通信機材が装備され、後部魚雷発射管の撤去および前部魚雷発射管2門の廃止、シュノーケルの追加、戦闘指揮所の設置が行われた。改修後スピナックスはレーダー哨戒駆逐艦と同様の能力を持つこととなった。スピナックス (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 大場満郎

    大場満郎から見た北極圏北極圏

    1987年 カナダ北極圏2,000km単独徒歩行。大場満郎 フレッシュアイペディアより)

  • カニン半島

    カニン半島から見た北極圏北極圏

    カニン半島(カニンはんとう、Kanin Peninsula、露語:Канин полуостров)は、ロシア北西部、ネネツ自治管区に属する半島。北極圏に位置する。北と東はバレンツ海に面し、西は白海を隔ててコラ半島がある。カニン半島 フレッシュアイペディアより)

  • メゼニ川

    メゼニ川から見た北極圏北極圏

    水源は、北ウラル山脈西部のコミ共和国のティマン丘陵にある。はじめ南西に流れた後、急激に北西へ向きを変える。上流部は丘陵のなかを通る。北極圏のわずか南にあたるメゼニの近くで、白海のメゼニ湾にそそぐ。ピョザ川が河口付近で東から合流する。メゼニ川 フレッシュアイペディアより)

  • レクゥイン (潜水艦)

    レクゥイン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    レクゥインは転換作業が完了すると西大西洋での作戦活動を再開し、1947年の秋には北方へ移動、姉妹艦のスピナックス (USS Spinax, SS-489) と共に演習を行った。11月13日に北極圏を横断した。1948年1月20日に船体分類記号が SSR-481 (レーダー哨戒潜水艦)となり、レクゥインはポーツマス海軍造船所で MIGRAINE II レーダーピケット改修が行われた。作業完了後12月に出航、新型レーダー機材の公試後コネチカット州ニューロンドンに向かい、同地で第8潜水戦隊に合流した。レクゥイン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カベゾン (潜水艦)

    カベゾン (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    カベゾンはサイパンでの任務の後に、9月7日から1946年1月12日までスービック湾を拠点としてフィリピン海域で沿岸での作戦活動および訓練に従事した。任務を終えたカベゾンは1946年2月6日、サンディエゴに到着した。その後しばらくは、沿岸での作戦活動に従事した。母港は真珠湾に変更され、1946年11月20日に到着、引き続き沿岸での作戦活動および西海岸での海軍予備役兵の訓練巡航を、南太平洋、北太平洋および北極圏で行った。1950年3月18日から7月29日および1952年4月21日から10月16日までの2度の極東巡航を行い、1952年の巡航では宗谷海峡の偵察も行った。カベゾンは不活性化のため1953年4月21日にメア・アイランド海軍造船所へ向けて出航する。カベゾンは1953年10月24日に予備役となり、太平洋予備役艦隊で保管される。その後、1970年5月15日に除籍され、1971年12月28日にスクラップとして売却された。カベゾン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • トマス・シンプソン (探検家)

    トマス・シンプソン (探検家)から見た北極圏北極圏

    1836年から1839年にかけて、トマス・シンプソンは、北極圏カナダ北岸の海岸線を跡づけ、北西航路を探索した他の探険隊が空白のまま残してきた空隙を埋める作業に関わっていた。この遠征隊を率いたピーター・ウォレン・ディーズ (Peter Warren Dease) は、ハドソン湾会社の主任代理商のひとりであった。このときシンプソンは副官に過ぎなかったが、ディーズは職責の大部分を彼に委ねた。後年の書物の著者たちは、このときのシンプソンを、野心に満ちた、自信過剰な若者として描く一方で、20歳年長だったディーズを北極行の経験が深く、効率的な、しかし、自信に欠ける人物と捉えている。このときは、さらに10人の隊員が加わっていたが、その中には、ジョージ・バックがバック川を下った1834年の遠征隊に同行していた、カヌーの専門家ジェームズ・マッケイ (James McKay) とジョージ・シンクレア (George Sinclair) が含まれていた。トマス・シンプソン (探検家) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・マクルアー

    ロバート・マクルアーから見た北極圏北極圏

    サー・ロバート・ジョン・ル・メジャラー・マクルアー(Sir Robert John Le Mesurier McClure (M'Clure)、1807年1月28日 - 1873年10月17日)は、北極圏の探検で知られるアイルランドの探検家。1854年に、初めて北西航路をボートとソリで踏破し、初めてのアメリカ大陸回航に成功した。ロバート・マクルアー フレッシュアイペディアより)

346件中 71 - 80件表示

「北極圏」のニューストピックワード