261件中 71 - 80件表示
  • ラブラドール地方

    ラブラドール地方から見た北極圏北極圏

    気候はニューファンドランド以上に厳しく、大西洋岸の気候よりは北極圏の気候に近いものがある。冬は寒く、夏も気温が上がらない。大陸東岸にあるラブラドールは、季節ごとに海上の寒気団や暖気団の動きに影響される。森林は多いが農業には適していない。ラブラドール地方 フレッシュアイペディアより)

  • ヒョウモンチョウ族

    ヒョウモンチョウ族から見た北極圏北極圏

    前翅長20mm前後。後翅の表側つけ根に斑紋がなく黒ずむ。また、後翅裏側は赤褐色が強く、白色紋が際立つ。幼虫はツツジ科のキバナシャクナゲなどを食草とする。北極圏周辺の寒帯域に広く分布するが、日本では北海道・大雪山系だけに分布する。和名のアサヒは大雪山系の最高峰・旭岳に由来する。日本国指定の天然記念物(1965年)、環境省レッドリスト準絶滅危惧(2000年)。ヒョウモンチョウ族 フレッシュアイペディアより)

  • カニン半島

    カニン半島から見た北極圏北極圏

    カニン半島(カニンはんとう、Kanin Peninsula、露語:Канин полуостров)は、ロシア北西部、ネネツ自治管区に属する半島。北極圏に位置する。北と東はバレンツ海に面し、西は白海を隔ててコラ半島がある。カニン半島 フレッシュアイペディアより)

  • アトゥル (潜水艦)

    アトゥル (潜水艦)から見た北極圏北極圏

    1946年7月4日、アトゥルは「ナヌーク作戦」に参加し、北極圏へ向かった。この作戦の目的は極寒地帯での高度天候観測ステーション建設を支援し、極点における海軍の作戦活動の立案および実行を援助することにあった。ノートン・サウンド (USS Norton Sound, AV-11) 、ホワイトウッド (USS Whitewood, AN-63) 、アルコナ (USS Alcona, AK-157) 、ベルトラミ (USS Beltrami, AK-162) 、ノースウィンド (USCGC Northwind, WAG-282) と共に、アトゥルは物資と乗客を運び、天候観測ステーション建設予定地点の偵察を行い、北極の気象データを収集する予定であった。アトゥル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • アンドーヤロケット発射場

    アンドーヤロケット発射場から見た北極圏北極圏

    北極圏に位置することからオーロラの観測に用いられる事が多い。アンドーヤロケット発射場 フレッシュアイペディアより)

  • Nコード

    Nコードから見た北極圏北極圏

    赤道を起点にして、緯度の間隔を徐々に縮めて緯線に沿った線を引く。赤道から南北250本の線を引くと、北の150本目の線は北極圏との境界辺り、南の150本目の線は南極海になる。Nコード フレッシュアイペディアより)

  • ハーシェル島

    ハーシェル島から見た北極圏北極圏

    北極圏内に存在することから、ハーシェル島では5月19日から7月24日まで日が沈まない。また、11月29日から1月14日までは太陽が地平線の上に現れることは無い。ハーシェル島 フレッシュアイペディアより)

  • ラッピ州

    ラッピ州から見た北極圏北極圏

    ラッピ州 (フィンランド語: '、スウェーデン語: ')あるいはラップランド州は、かつて存在していたフィンランドの州。最も北に位置するフィンランド最大の州であった。ラップランドのうち、フィンランド領の部分。南でオウル州に隣接する。州都はロヴァニエミ。州の領域の半分以上が北極圏内である。州に属する県は、ラッピ県ただ一つで、ラッピ州とラッピ県は同一視されることが多かった。1938年にオウル州から分離して設置された。2010年1月1日、他の州と同じく廃止された。ラッピ州 フレッシュアイペディアより)

  • 燭陰

    燭陰から見た北極圏北極圏

    中国の神話学者・何新は、燭陰の住むという鐘山を大地の最北極と論証し、北極圏以北の夏と冬の昼夜の交代、またはオーロラが神格化されたものが燭陰だとしている。また中国の考古学者・徐明龍は燭陰を、中国神話の神である祝融と同一のものとし、太陽神、火神でもあると述べている。燭陰 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・サビーン

    エドワード・サビーンから見た北極圏北極圏

    サー・エドワード・サビーンまたはサビン(Sir Edward Sabine,1788年10月14日 - 1883年5月26日)はアイルランド生まれのイギリスの天文学者、軍人、探検家である。1818年からのジョン・ロスの北極圏探検航海に加わり、1821年と1823年にはアフリカを含む各地の地磁気の観測、振り子による重力の測定を行った。それらの観測から地磁気が約10年の周期で変動していることを発見した。1851年に地磁気変動と、ハインリッヒ・シュワーベの太陽黒点の出現周期との間の相関関係を見出した。1821年コプリ・メダルを受賞し、1861年から1971年のあいだ王立協会会長をつとめた。エドワード・サビーン フレッシュアイペディアより)

261件中 71 - 80件表示

「北極圏」のニューストピックワード