前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • 東北新幹線

    東北新幹線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    一方、盛岡 - 新青森間は1972年に告示された改正基本計画に盛り込まれた5線(整備新幹線と呼ばれるもの)のうちの一つで、北海道新幹線(青森市 - 旭川市間)の建設基本計画と合わせて追加されたものである。2002年に盛岡 - 八戸間が、2010年に八戸 - 新青森間が開業した。この区間の並行在来線にあたる東北本線は、岩手県側がいわて銀河鉄道線に、青森県側が青い森鉄道線の両第三セクターに移管された。東北新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道内の新幹線について、かつて札幌 - 釧路間をも繋ぐ構想があがったことがある。釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道旅客鉄道

    北海道旅客鉄道から見た北海道新幹線北海道新幹線

    2011年9月、当時の代表取締役社長であった中島尚俊が行方不明になり(後に遺体となって発見)、後任人事が難航した。結局前任者の小池明夫が就任するが、その間約2か月間にわたり社長不在という異常事態となるなど、企業統治全般において不安を残す状況が続いている。抜本的な経営改善に繋がる要素として、2035年度に札幌駅までの全線開業が予定されている北海道新幹線の早期開業が待たれている。北海道旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

    鉄道建設・運輸施設整備支援機構から見た北海道新幹線北海道新幹線

    機構発足後は母体組織から引き継いだ鉄道建設工事を進め、横浜高速鉄道みなとみらい21線、九州新幹線(新八代 - 鹿児島中央)などを完成させた。2005年には北海道新幹線、2006年には北陸新幹線(富山 - 金沢間)の建設工事が始まるなど機構発足後の新規の建設にも着手している。鉄道建設・運輸施設整備支援機構 フレッシュアイペディアより)

  • 大野町 (北海道)

    大野町 (北海道)から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道新幹線開通時には、渡島大野駅が新函館駅と改名し、北海道新幹線の停車駅となる予定。新幹線開業に向けて、駅付近の開発が計画・進行中である。大野町 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 一本列島

    一本列島から見た北海道新幹線北海道新幹線

    しかし航空機と自動車の時代になったことから、完成するころになって、特に青函トンネルは鉄道しか通らないことから「無用の長物と化すだろう」という声が強くなり、「トンネルごとセメントを流し込んで固めてしまえ」とか「石油の貯蔵庫にしろ」などという意見も出るありさまになったという。当初は北海道新幹線計画の一部として青函トンネルを整備する予定であったが、整備新幹線計画の凍結が国鉄改革の一環として定められた結果在来線として整備しなければならなくなったので、なおさらのことであった。また1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化によって成立したものの、経営基盤の弱いJR北海道やJR四国が青函トンネルの保守費用や瀬戸大橋の通行料を捻出することができるのかという声もあった。一本列島 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た北海道新幹線北海道新幹線

    「北東北3県」の枠組みを政治的に形成したことにより、盛岡市には北東北3県を管轄する業務機能が集約したが、それは食品メーカーやスーパーマーケットなどの最寄品関連業種に限られた。また、秋田新幹線の需要の中心は、秋田県と東京都、または秋田県と宮城県との間の旅客であり、間に挟まれた岩手県(盛岡駅)の結節点効果が低いことがわかった(→秋田新幹線)。すなわち、秋田県は宮城県との関係が深くなったのであり、盛岡市を中心都市とする北東北3県による経済圏は形成されなかった。ここに来て、青森県において、東北新幹線の八戸以北延伸の地元負担額の重荷に加え、北海道新幹線の建設前倒しによって、青森県の財政が逼迫して来たことも判明した。秋田県との関係も予想したほど深まらず、北東北3県での合併で財政難に巻き込まれたくない岩手県は、2003年の青森県知事の交代を機に次第に「南東北」に目を移し始め、北東北3県の枠組みから離れて単独行動をし始めた。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道南回り新幹線

    北海道南回り新幹線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    この区間は、当初北海道新幹線の南回りルートとして提案されたものである。北海道新幹線自体は倶知安町や小樽市など後志地方を経由する北回りルートを通ることになったが、南回りルートもそれとは別路線として高度経済成長期の1973年(昭和48年)11月15日に基本計画区間に決定された。しかし、石油危機に伴う低成長時代をむかえて計画は凍結され、建設に向けた調査なども全く行われていない。北海道南回り新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 宗谷トンネル

    宗谷トンネルから見た北海道新幹線北海道新幹線

    そもそもサハリン州自体の人口が減少の一途をたどっており、2010年以降島全体の人口が50万人にも満たず、ガス田開発以外の産業基盤が弱いサハリンへトンネルを築造してもまるで採算性が合わないため、これまでのところ、このトンネルの建設について日露政府間で公式に話し合われたことはないが、建設推進の動きとして、シベリア鉄道国際化整備推進機構発足準備委員会(山口英一会長)によるものや、杉村太蔵前衆議院議員による北海道新幹線のシベリア鉄道乗り入れ案などがある。日本と欧州を結ぶルートとして比較すると、日韓トンネルと比べても、はるかに建設費が安く済み、また、効果も大きいとされている。宗谷トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 海峡線

    海峡線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    本州と北海道を結ぶ優等列車が多く運転されている。将来の北海道新幹線との共用を見越して新幹線規格で建設されたため、事実上のスーパー特急方式となっており、2015年度に開業が予定される当路線区間での北海道新幹線の運転に向けて、現在三線軌化が行われている。北海道新幹線と在来線の分岐点は青森側が新中小国信号場の北(北海道寄り)、北海道側が木古内駅の西(本州寄り)に設けられる予定であり、開業時からそれに対応した線形となっている。海峡線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード