348件中 11 - 20件表示
  • 江差線

    江差線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    木古内駅 - 江差駅間の輸送密度(1km当たりの1日平均利用客数)はJR発足当初の1987年(昭和62年)度の253人が2011年(平成23年)度は6分の1以下の41人に減少し、JR北海道管内で乗降客が最も少ない区間であったため、北海道新幹線の開業に先立ち、2014年(平成26年)5月12日に廃止された(経緯は後述)。これにより、檜山管内から鉄道が消滅した。なお、JR北海道の廃線は、1995年(平成7年)9月4日に廃止された深名線(全線)以来19年ぶり、北海道内の廃線としては2006年(平成18年)4月21日に廃止された旧池北線の北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線(全線)以来8年ぶりである。木古内駅 - 江差駅間の廃止から北海道新幹線の開業までの間、JR北海道のウェブサイトの「鉄道に関する情報」の路線図では「江差線」の名前を使用せず、「津軽海峡線」の一部として案内されていた。江差線 フレッシュアイペディアより)

  • トワイライトエクスプレス

    トワイライトエクスプレスから見た北海道新幹線北海道新幹線

    2014年5月28日、JR西日本は車両の老朽化を理由に2015年春で運行を終了することを発表した。他に北海道新幹線開業時に青函トンネルの電圧が変更されることや整備新幹線の並行在来線がJRから第三セクター鉄道へ移管されることも廃止理由としてあげられている。2014年12月19日には、大阪発・札幌発ともに2015年3月12日を最終運転日とすることがJR西日本から発表された。トワイライトエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 一本列島

    一本列島から見た北海道新幹線北海道新幹線

    しかし航空機と自動車の時代になったことから、完成するころになって、特に青函トンネルは鉄道しか通らないことから「無用の長物と化すだろう」という声が強くなり、「トンネルごとセメントを流し込んで固めてしまえ」とか「石油の貯蔵庫にしろ」などという意見も出るありさまになったという。当初は北海道新幹線計画の一部として青函トンネルを整備する予定であったが、整備新幹線計画の凍結が国鉄改革の一環として定められた結果在来線として整備しなければならなくなったので、なおさらのことであった。また1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化によって成立したものの、経営基盤の弱いJR北海道やJR四国が青函トンネルの保守費用や瀬戸大橋の通行料を捻出することができるのかという声もあった。一本列島 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡定点

    吉岡定点から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道新幹線の建設工事着工に伴い、吉岡海底駅がその資材基地として使用されることが決定したため、2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正をもって同駅への定期列車の停車を中止し、イベント開催時の臨時列車のみの停車となった。同年8月27日の臨時特急「ドラえもん海底列車」運行終了によって、吉岡海底駅見学コースも全面休止された。同年8月28日からは、団体ツアーなどの臨時停車を除いて、営業列車の停車が一本もない長期休止駅となっていたが、2014年(平成26年)3月15日のダイヤ改正をもって正式に廃止された。駅が廃止された後も、緊急時のために避難設備は残され、新幹線仕様の避難施設として改修される。吉岡定点 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線鉄道開業50周年記念貨幣

    新幹線鉄道開業50周年記念貨幣から見た北海道新幹線北海道新幹線

    日本において、2014年(平成26年)10月1日に新幹線が開業50周年を迎えるにあたり、千円貨幣と百円貨幣が記念硬貨として発行されることが2014年4月25日に財務省より発表された。千円貨幣のデザインは発行の発表と同時に発表され、百円クラッド貨幣については、東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線の5路線の図柄が2014年9月30日に、山形新幹線、秋田新幹線、九州新幹線、北海道新幹線の4路線の図柄が2015年(平成27年)6月26日に財務省から発表された。新幹線鉄道開業50周年記念貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED79形電気機関車

    国鉄ED79形電気機関車から見た北海道新幹線北海道新幹線

    青函トンネルを有する津軽海峡線区間の開業に伴う同区間の専用機関車として計画され、運用の置き換えで捻出されたED75形電気機関車(700番台)から34両が改造された。連続勾配・多湿・信号方式など区間特有の条件に対応した種々の機能付加がなされ、費用対効果の観点から、本務機用(基本番台)の他に補機専用として最小限の改造を施工した車両(100番台)が設定された。改造は国鉄時代から開始され、1987年4月の国鉄分割民営化に伴い北海道旅客鉄道(JR北海道)が全機を承継した。1988年3月の青函トンネル開通以降、北海道新幹線が開業する2016年3月まで旅客列車や貨物列車に使用されていた。国鉄ED79形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

    鉄道建設・運輸施設整備支援機構から見た北海道新幹線北海道新幹線

    前身の日本鉄道建設公団が進めていた鉄道建設工事は機構鉄道建設本部が引き継ぎ、横浜高速鉄道みなとみらい線、九州新幹線(新八代 - 鹿児島中央)などを完成させた。2005年には北海道新幹線、2006年には北陸新幹線(富山 - 金沢間)の建設工事が始まるなど機構発足後の新規の建設にも着手している。また、既存の事業以外にも、自治体などから、調査業務や建設業務を受託し、リニア中央新幹線工事などで、これまでの技術力やノウハウ、政府系機関としての公正性が生かされている。鉄道建設・運輸施設整備支援機構 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の鉄道

    2016年の鉄道から見た北海道新幹線北海道新幹線

    (新線開業) 北海道新幹線 新青森駅 - 新函館北斗駅(148.8km)。2016年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • カシオペア (列車)

    カシオペア (列車)から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道新幹線の開業によって、青函トンネルを含む約82 kmが新幹線と在来線の共用走行区間となり、架線電圧が在来線用の交流20,000 Vから新幹線用の交流25,000 Vへと昇圧される。これによって従来のED79形電気機関車が使用できなくなり、新型のEH800形電気機関車は日本貨物鉄道(JR貨物)保有であるため、寝台特急「カシオペア」は「北斗星」や急行「はまなす」などとともに2016年(平成28年)3月の北海道新幹線開業前に廃止となる公算が極めて大きいとの見方から存続問題に関心が集まっていた。カシオペア (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道&東日本パス

    北海道&東日本パスから見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道新幹線の新青森駅 - 新函館北斗駅間相互発着の場合、特定特急券を追加購入すれば普通車の空いている席を利用できる(後述)。北海道&東日本パス フレッシュアイペディアより)

348件中 11 - 20件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード