348件中 21 - 30件表示
  • 道南いさりび鉄道線

    道南いさりび鉄道線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    この区間は北海道新幹線の新青森駅 - 新函館北斗駅間の並行在来線として北海道旅客鉄道(JR北海道)から江差線が経営分離されたものである。2016年(平成28年)3月26日より第三セクター鉄道として運営され、函館都市圏輸送を担っている。JR北海道時代、江差線は分類上地方交通線であり、地方交通線がいわゆる並行在来線として第三セクター鉄道に転換されるのは初めてのケースであった。道南いさりび鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • 函館本線

    函館本線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    一方、長万部駅 - 小樽駅間はローカル線と化している。長万部駅から室蘭本線・千歳線を経て札幌方面に接続するルートを「海線」と通称するのに対して、函館本線のこの区間は「山線」と呼ばれ、通称としては「山線」の方が古くから存在する。かつては長万部駅 - 小樽駅 - 札幌駅間の山線にも多くの優等列車が往来し、昭和40年代まではC62形蒸気機関車の重連による牽引の急行列車など蒸気機関車が集結したことでもにぎわった。ただ小樽駅までが単線な上、急勾配・急曲線が連続する速度向上に不利な線形を抱えていた。対して、海線経由は30km以上遠回りであるが、もともと線形も良く所要時間も短縮できるうえに比較的沿線人口にも恵まれていた。特急列車の登場以来、徐々に函館駅 - 札幌駅間のメインルートとしての役割は海線へ移り、かくして1986年(昭和61年)11月1日に定期の優等列車が山線から全廃され、その後は有珠山噴火や海線での輸送障害時の迂回、また観光シーズンの臨時列車として優等列車が山線に入線することがある程度である。函館駅から小樽駅までの区間は北海道新幹線の新函館北斗駅 - 札幌駅間延伸時にJR北海道から第三セクターに経営移管される予定である(「今後の予定」節を参照)。函館本線 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌駅

    札幌駅から見た北海道新幹線北海道新幹線

    2030年度に北海道新幹線が札幌延伸の際に、当駅が始発・終着駅となる予定である。札幌駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新中小国信号場

    新中小国信号場から見た北海道新幹線北海道新幹線

    新中小国信号場(しんなかおぐにしんごうじょう)は、青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田小国にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)北海道新幹線・海峡線および東日本旅客鉄道(JR東日本)津軽線の信号場である。新中小国信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡線

    海峡線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道新幹線開業以前は、すべての列車が直通する東日本旅客鉄道(JR東日本)津軽線およびJR北海道江差線(北海道新幹線開業後の道南いさりび鉄道線)・函館本線のそれぞれ一部区間と合わせて「津軽海峡線」という愛称が付けられていた。交通新聞社の『JR時刻表』やJTBパブリッシングの『JTB時刻表』などの市販時刻表でも「津軽海峡線」として案内され、「海峡線」として案内されることはほとんどなかった。2016年3月26日の北海道新幹線開業以降は、在来線としての「海峡線」は貨物列車・団体臨時列車のみの走行となり、『JR時刻表』・『JTB時刻表』では2016年4月号から路線図・本文とも非掲載となった。また、「津軽海峡線」の愛称は廃止された。海峡線 フレッシュアイペディアより)

  • モバイルSuica

    モバイルSuicaから見た北海道新幹線北海道新幹線

    モバイルSuicaの会員は、モバイルSuicaアプリからあらかじめ携帯電話で「モバイルSuica特急券」の購入・引き取り(モバイルSuicaにきっぷの情報を記録)を行うことで、東北・北海道・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線に、自動改札機にタッチするだけでチケットレスで乗車できる。タッチする場所はSuicaエリア内は「Suicaをふれてください」、Suicaエリア外は「モバイルSuica特急券をふれてください」と書かれている。モバイルSuica フレッシュアイペディアより)

  • 新青森駅

    新青森駅から見た北海道新幹線北海道新幹線

    当駅に乗り入れる旅客路線は新幹線の東北新幹線・北海道新幹線と在来線の奥羽本線の3路線である。東北新幹線は当駅が終点であり、北海道新幹線は当駅が起点となっている。この両新幹線は当駅を介して相互直通運転が実施されている。奥羽本線においては、青森信号場とを結ぶ貨物支線が当駅から分岐している。新青森駅 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見た北海道新幹線北海道新幹線

    北海道内の新幹線について、かつて札幌 - 釧路間をも繋ぐ構想があがったことがある。釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た北海道新幹線北海道新幹線

    「北東北3県」の枠組みを政治的に形成したことにより、盛岡市には北東北3県を管轄する業務機能が集約したが、それは食品メーカーやスーパーマーケットなどの最寄品関連業種に限られた。また、秋田新幹線の需要の中心は、秋田県と東京都、または秋田県と宮城県との間の旅客であり、間に挟まれた岩手県(盛岡駅)の結節点効果が低いことがわかった(→秋田新幹線)。すなわち、秋田県は宮城県との関係が深くなったのであり、盛岡市を中心都市とする北東北3県による経済圏は形成されなかった。ここに来て、青森県において、東北新幹線の八戸以北延伸の地元負担額の重荷に加え、北海道新幹線の建設前倒しによって、青森県の財政が逼迫して来たことも判明した。秋田県との関係も予想したほど深まらず、北東北3県での合併で財政難に巻き込まれたくない岩手県は、2003年の青森県知事の交代を機に次第に「南東北」に目を移し始め、北東北3県の枠組みから離れて単独行動をし始めた。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道383号木古内停車場線

    北海道道383号木古内停車場線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    終点:北海道上磯郡木古内町本町(=JR北海道北海道新幹線・道南いさりび鉄道線 木古内駅)北海道道383号木古内停車場線 フレッシュアイペディアより)

348件中 21 - 30件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード