348件中 51 - 60件表示
  • TRAIN SUITE 四季島

    TRAIN SUITE 四季島から見た北海道新幹線北海道新幹線

    2015年(平成27年)6月9日のJR東日本の定例社長会見によると上野駅に専用ラウンジを設ける予定である。また、JR東日本・冨田哲郎社長は「北海道など他社の管内もクルージングすることを考えたい」と述べており、北海道乗り入れについては、北海道新幹線開業による影響から北海道への定期的な運行ができなくなる寝台特急「カシオペア」の後を継ぐ形で、JR北海道とJR東日本間で運行の是非を検討していた。その後、同年12月2日に3泊4日コースにおいて北海道内は登別駅まで乗り入れてから新潟地区を周回するコースと、2泊3日コースに北東北を周回するコースの運行予定ルートが決定となっている。TRAIN SUITE 四季島 フレッシュアイペディアより)

  • 乗り継ぎ料金制度

    乗り継ぎ料金制度から見た北海道新幹線北海道新幹線

    東北新幹線と北海道新幹線を乗り継ぐ場合(「はやぶさ」「はやて」で直通する場合を含む) → 新青森駅まで(から)の特急料金を合算乗り継ぎ料金制度 フレッシュアイペディアより)

  • いわて銀河鉄道線

    いわて銀河鉄道線から見た北海道新幹線北海道新幹線

    新幹線開通前の東北本線時代は昼行・夜行問わず多くの特急列車や貨物列車が走っていた。IGR移管時に昼行の特急列車の運転は終了し、IGR移管後も運転されていた夜行旅客列車は北海道新幹線開業を前にした札幌発2016年3月20日の寝台特急「カシオペア」を最後に運転が終了したものの、東北本線時代と同様、本州と北海道を結ぶ物流の幹線ルートの一部であり、引き続きJRから多数の貨物列車が通過している。これらの機関車牽引列車は、JR貨物及びJR東日本の乗務員で運転されている。いわて銀河鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • 流山温泉

    流山温泉から見た北海道新幹線北海道新幹線

    流山温泉駅の脇には、東北新幹線で使われていた200系電車が2001年(平成13年)11月15日から静態保存されていた。これらは2001年(平成13年)9月に廃車となったF37編成(元JR東日本仙台総合車両所所属)の一部で、先頭車2両(1号車:222-15、12号車:221-15)にグリーン車(11号車:215-15)を挟んだ3両編成となっていた。当初の運営会社・北海道企画開発に東日本旅客鉄道(JR東日本)も出資していたことから実現したもので、新幹線の北海道への延長を願って設置されたという。基本的に車内へ立ち入ることはできないが、鉄道の日などのイベントに合わせて開放される場合があった。その後、北海道新幹線の札幌延伸が決定し役目を終えたことや、老朽化が著しいことなどを理由に2013年(平成25年)6月までに全車両が解体・撤去された。現在は、同形式の動力車(モーター車)の車輪付きの車軸が一つ残っているのみである。また、敷地内の無料休憩所にはJR北海道海峡線で走っていた「カーペットカー」仕様の50系客車が静態保存されていた。流山温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 新函館北斗駅

    新函館北斗駅から見た北海道新幹線北海道新幹線

    新函館北斗駅(しんはこだてほくとえき)は、北海道北斗市市渡(いちのわたり)1丁目1-1にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)北海道新幹線・函館本線(本線)の駅。駅番号はH70。電報略号はハテ。事務管コードは▲140106。新函館北斗駅 フレッシュアイペディアより)

  • 長万部駅

    長万部駅から見た北海道新幹線北海道新幹線

    2030年年度末の開通が予定されている北海道新幹線の札幌延伸時に停車駅となるため、現在の駅舎は取り壊される予定になっている。また開業時には洞爺湖・登別市(登別温泉)・室蘭市方面への往来を想定し、1日辺り4400人の利用を見込む。長万部駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北斗 (列車)

    北斗 (列車)から見た北海道新幹線北海道新幹線

    1・24号を除く全列車が、新函館北斗駅で北海道新幹線に接続する。北斗 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭駅

    五稜郭駅から見た北海道新幹線北海道新幹線

    3月26日:北海道新幹線新青森駅 - 新函館北斗駅間開通に伴い、函館本線の当駅 - 新函館北斗駅間が電化(交流20,000V・50Hz)。江差線の当駅 - 木古内駅間がJR北海道から経営分離され、道南いさりび鉄道に移管。路線名が同社の道南いさりび鉄道線に変更。五稜郭駅はJR北海道と道南いさりび鉄道の共同使用駅となる。五稜郭駅 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市

    青森市から見た北海道新幹線北海道新幹線

    東北地方を縦貫する路線および本州と北海道をつなぐ路線の結節点であり、日本国内の交通・物流における要衝である。西の津軽半島と東の夏泊半島に抱かれた青森湾奥に青森港があり、函館港との青函航路をフェリーが運航している。鉄道は新青森駅が東北新幹線の終点、北海道新幹線の起点となっている。また、青い森鉄道線(旧東北本線)と奥羽本線が青森駅で合流して終点となり、津軽線が津軽半島の青森湾沿いを北に延びている。道路は東北自動車道が青森インターチェンジで終点となり、国道4号と国道7号も中心部で終点となって接続している。また、南西部の丘陵地には青森空港がある。青森市 フレッシュアイペディアより)

  • 青春18きっぷ

    青春18きっぷから見た北海道新幹線北海道新幹線

    ただし、本州と北海道を結ぶ海峡線では2016年3月26日に北海道新幹線が開業したことにより、在来線旅客列車(団体専用列車を除く特急と急行)が全廃されたため、北海道新幹線においては、有効な「青春18きっぷ」を携行している場合に限り「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(2,300円)を追加購入することで、奥津軽いまべつ駅 - 木古内駅の間で片道1回のみ普通車の空席を利用できる(北海道新幹線)。なおこれは、「北海道&東日本パスの新幹線特例制度」とは内容が大きく異なる。青春18きっぷ フレッシュアイペディアより)

348件中 51 - 60件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード