164件中 11 - 20件表示
  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た道央

    道央(石狩川流域)を走る函館本線の札幌 - 旭川間では、特急列車が1日35往復(毎時2-3本ずつ)、所要時間1時間20分(最速)で運転されている。沿線人口は3,127,369人、人口密度は205.034人/平方kmと、九州南西部(熊本県+鹿児島県)人口3,511,206人、人口密度211.6人/平方kmに近い。また、札幌 - 旭川間の特急利用者数は年間約450万人(2007年)に達しており、九州新幹線・新八代 - 鹿児島中央の開業前予測250万人を大きく上回っている。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た青森市

    北海道新幹線(ほっかいどうしんかんせん)は、青森県青森市から北海道札幌市(基本計画では旭川市)までを結ぶ計画の高速鉄道路線のことである。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た工藤寿樹

    函館本線は、札幌延伸後、函館駅 - 小樽駅間が経営分離される一方、小樽駅 - 札幌駅間は普通列車(快速含む)の本数が多く、利用客も多いことから新幹線開業後もJR北海道の経営のままで残る可能性が高いが、具体的な方針は決まっていない。このうち函館駅 - 新函館駅間は北海道新幹線に並行していないため函館市では当該区間の経営分離に反対する声が強かったが、2010年3月、JR北海道は函館本線の小樽以南全区間を経営分離する方針を打ち出した。2011年4月に初当選した工藤寿樹市長は、同年11月24日、バス転換しない事などを条件に経営分離容認を表明。函館商工会議所を始めとする諸団体が依然として反対していたため正式決定が遅れたものの、12月21日には経営分離に同意した。JR北海道は、新幹線新青森駅 - 新函館駅間開業に合わせて五稜郭駅 - 新函館駅間の電化を提案している(函館駅 - 五稜郭駅間は津軽海峡線開業時に電化済み)。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た道東

    北海道縦貫新幹線(旭川 - 網走) … 道東・網走方面北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た道北

    北海道縦貫新幹線(旭川 - 稚内) … 道北方面北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た臨時列車

    広域輸送に関しては、五稜郭駅 - 木古内駅間については現在1日20往復以上の貨物列車及び1日2往復(北斗星1往復・はまなす1往復。カシオペア、トワイライトエクスプレスなど臨時列車を含めるとそれ以上)の夜行列車が運行されているため、第三セクター化などの方法で存続されると推測されるが、具体的な方針はまだ決まっていない。また、最高速度の異なる新幹線と貨物列車がすれ違うと貨物列車が荷崩れを起こすなどの懸念があり、特に青函トンネル内については遮風壁を設置するなどいくつかの解決策が検討されているが、開業の時点では新幹線の速度を在来線並み(現行の140km/h)に抑えざるをえなくなり、ダイヤ上・速達輸送を行う上でのネックになる可能性も指摘されている。なお、概要節で前述のとおり、2018年春ごろよりJR貨物とのダイヤ調整を行ったうえで、新幹線のうち1日1往復を青函トンネル内で地上と同様に260km/h運転する方針を固めたと報じられている。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た新幹線N700系電車

    列車の最高速度について、東日本旅客鉄道(JR東日本)によれば2011年に東北新幹線大宮 - 宇都宮間は現行の240km/hから275km/h、宇都宮 - 盛岡間は275km/hから300km/hへ、2013年に宇都宮 - 盛岡間を320km/hへと向上させているが、それ以上の高速化については2013年時点では未定である。整備新幹線の保有者である鉄道・運輸機構に支払う「貸付料」の額に高速化が影響を与えかねないため、2013年時点では民営化後に開業した整備新幹線で260km/hを超える速度で運行されている路線は存在しないが、九州新幹線ではN700系の導入に併せて速度向上を検討中であり、今後の運営会社の判断に依ることとなる。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た甲府市

    21世紀となった現在でも宗谷本線及び10万人以上の北見市がある石北本線では輸送密度が1日500人以上2000人未満と低い。15万人以上の帯広・釧路の2市(釧路は山梨県の県庁所在地甲府市と同規模)がある石勝線及び根室本線の輸送密度は1日2000人以上8000人未満(1999年の札幌 - 帯広が1日5700人、帯広 - 釧路が1日2400人)となっている。ただし、2003年頃の札幌 - 帯広の年間特急利用者数(約200万人)は道内第3位で、九州新幹線・新八代 - 鹿児島中央の開業前予測(約250万人)の約80%に達していた。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た新幹線E6系電車

    新函館(仮称)開業時には、JR東日本が2011年(平成23年)3月に投入のE5系電車をメインに乗り入れを予定している。JR東日本は2014年(平成26年)春の段階で東北新幹線の速達列車はすべてE5系およびE6系に置き換える計画である。JR北海道もJR東日本の車両をベースに独自の車両を開発する意向である。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た函館市

    函館本線は、札幌延伸後、函館駅 - 小樽駅間が経営分離される一方、小樽駅 - 札幌駅間は普通列車(快速含む)の本数が多く、利用客も多いことから新幹線開業後もJR北海道の経営のままで残る可能性が高いが、具体的な方針は決まっていない。このうち函館駅 - 新函館駅間は北海道新幹線に並行していないため函館市では当該区間の経営分離に反対する声が強かったが、2010年3月、JR北海道は函館本線の小樽以南全区間を経営分離する方針を打ち出した。2011年4月に初当選した工藤寿樹市長は、同年11月24日、バス転換しない事などを条件に経営分離容認を表明。函館商工会議所を始めとする諸団体が依然として反対していたため正式決定が遅れたものの、12月21日には経営分離に同意した。JR北海道は、新幹線新青森駅 - 新函館駅間開業に合わせて五稜郭駅 - 新函館駅間の電化を提案している(函館駅 - 五稜郭駅間は津軽海峡線開業時に電化済み)。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

164件中 11 - 20件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード