245件中 81 - 90件表示
  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た鉄道建設・運輸施設整備支援機構

    東北新幹線の他区間は、2013年までに宇都宮駅 - 盛岡駅間で320km/hとなっているが、東京駅 - 新函館北斗駅間につき、それ以上の高速化は2016年時点では未定である。なお整備新幹線の保有者である鉄道建設・運輸施設整備支援機構に支払う「貸付料」の額に高速化が影響を与えかねないため、2016年時点では開業済みの整備新幹線で260km/hを超える速度で運行されている路線はない。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た新函館北斗駅

    新青森駅 - 新函館北斗駅間が2016年(平成28年)3月26日に開業し、北海道旅客鉄道(JR北海道)により運行されている。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た函館駅

    運賃は営業キロに基づいて算出する。全線にわたって並行するJR北海道の路線が存在しないため、実キロ(新幹線での実際の距離)が用いられている。津軽海峡線(津軽線・海峡線・江差線)時代は五稜郭駅 - 函館駅間を除く全区間が地方交通線であったが、北海道新幹線では幹線相当の運賃が適用されるようになった。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た津軽線

    運賃は営業キロに基づいて算出する。全線にわたって並行するJR北海道の路線が存在しないため、実キロ(新幹線での実際の距離)が用いられている。津軽海峡線(津軽線・海峡線・江差線)時代は五稜郭駅 - 函館駅間を除く全区間が地方交通線であったが、北海道新幹線では幹線相当の運賃が適用されるようになった。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た普通列車

    「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」といった普通列車専用の特別企画乗車券において、北海道新幹線開業までは特急「白鳥」・「スーパー白鳥」の普通車自由席に限り、蟹田 - 木古内間を追加料金無しで乗車できる特例が設けられていたほか、「北海道&東日本パス」では急行「はまなす」を急行券別途購入で、「白鳥」・「スーパー白鳥」の新青森 - 函館間を普通車自由席に限り、自由席特急券別途購入で利用可能であったが、新幹線開業後はこれらの列車が廃止されたため、新たな特例制度が設けられた。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た架空電車線方式

    コンパウンドカテナリー式(耐荷速度320 km/h) : 海峡線との共用区間。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た東津軽郡

    この他、青森県の東津軽郡蓬田村・北津軽郡中泊町、北海道渡島管内の亀田郡七飯町を通過するが、駅・信号場の設置はない。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た快速列車

    函館本線は函館駅 - 札幌駅間が並行在来線とされた。このうち、函館駅 - 小樽駅間は新函館北斗駅 - 札幌駅間の開業時に経営分離される予定である。一方、小樽駅 - 札幌駅間は札幌都市圏輸送の使命を担っているため普通列車(快速含む)の本数・利用客共に多く、また、新千歳空港駅方面や岩見沢駅方面と一体的な運用を行っているなどの理由から、経営分離せずJR北海道が運営を継続する予定である。なお、函館駅 - 札幌駅の旅客輸送を担う特急「北斗」・「スーパー北斗」は室蘭本線経由で運行されているが、札幌延伸後の室蘭本線方面への広域輸送の扱いは現時点では未定。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た在来線

    青函トンネル(全長:53.85km、海底部:23.30km)を含む新中小国信号場 - 木古内駅間の82.1km区間は三線軌条による在来線(海峡線)との共用区間である(後述)。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た石狩振興局

    この他、檜山管内の檜山郡厚沢部町、胆振管内の虻田郡豊浦町、後志管内の寿都郡黒松内町・磯谷郡蘭越町・虻田郡ニセコ町・余市郡仁木町・同郡赤井川村・同郡余市町、石狩管内の札幌市手稲区・西区・中央区を通過するが、駅・信号場の設置予定はない。北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

245件中 81 - 90件表示

「北海道新幹線」のニューストピックワード