北海道日本ハムファイターズ ニュース&Wiki etc.

北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北海道日本ハムファイターズ」のつながり調べ

  • 成田文男

    成田文男から見た日本ハムファイターズ

    に東京オリオンズへ入団。背番号は「30番以上なら好きなのを選んでいい」と言われ、第46回夏の甲子園に出場したことにちなみ46を選んだ。速球と切れのいいスライダーを武器に、入団2年目のから主力投手として活躍する。からにかけて3年連続20勝を達成。この間、8月16日の対阪急ブレーブス戦でノーヒットノーランを達成。1970年には25勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、同年のリーグ優勝に大きく貢献。のアリゾナキャンプではオープン戦ながらサンフランシスコ・ジャイアンツを延長10回、1失点に抑える快投を披露した。成田のピッチングは当時メジャーリーグを代表する打者であったウィリー・メイズやウィリー・マッコビーも驚かせ、メジャーの球団からも誘いを受けた。メイズとマッコビーを三振に仕留めたこの試合を、成田は「最も記憶に残っているゲーム」に上げている。より背番号をエースナンバー18に変更。には21勝を挙げて2度目の最多勝に輝き、最多奪三振、ベストナインなどのタイトルも獲得。金田正一監督の下、木樽正明・金田留広・村田兆治と共に先発4本柱を形成。もローテーションの一角として日本一に貢献する。に肩を故障して不振に陥り、1勝に終わる。その後は肘も痛めて登板機会を失う。一軍登板がゼロとなったオフに日本ハムファイターズへ移籍すると、からはリリーフ投手として復活。には先発もこなし、19年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年の日本シリーズでは第4戦に2番手で登板したが、敗戦投手となった。引退。(成田文男 フレッシュアイペディアより)

  • 1962年の東映フライヤーズ

    1962年の東映フライヤーズから見た北海道日本ハムファイターズ

    1962年の東映フライヤーズでは、1962年の東映フライヤーズにおける動向をまとめる。(1962年の東映フライヤーズ フレッシュアイペディアより)

「北海道日本ハムファイターズ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード