前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4046件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    第1回で元日本ハムファイターズ内野手で元ドジャース打撃コーチのマイク・イースラーを演じようとしたときに落とされてしまう。以降出場する際は必ずイースラーを演じようとするが、ことごとく、第1回と同じバットを大きく振り上げるモーションを取ったときに落とされる。そのため最近のネタ披露の際は先に二人演じ、最後にイースラーでオチとするのが恒例になっている。それも回を重ねるごとに、本人の面影が残らないほどのオーバーリアクションになってしまっている(中には野球ですらないネタもあり、第15回では「バス移動で目的地に着いたイースラー」でバースのテーマを口ずさんで、「何でバス移動であの音楽が流れるんですか」と有田くんに怒られた。なお第16回の「サッカー競技観戦中のイースラー」も全く同様の流れであった)。これに関しては助手が「必ずイースラーで落っこちる」「あれは全部バースのテーマ」と説明している。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    代表的な例としては、落合博満(ロッテ→中日→巨人→日本ハム、二塁手→三塁手→一塁手)、藤田平(阪神、遊撃手→一塁手)、野村謙二郎(広島、遊撃手→三塁手→一塁手)、田中幸雄(日本ハム、遊撃手→三塁手→一塁手)、宮本慎也(ヤクルト、遊撃手→三塁手)、小久保裕紀(ダイエー→巨人→ソフトバンク、二塁手→三塁手→一塁手)、井口資仁(ダイエー→MLB→ロッテ、遊撃手→二塁手→一塁手)などが挙げられる。現役選手としては、鳥谷敬(阪神、遊撃手→三塁手)、浅村栄斗(西武、遊撃手→一塁手→二塁手)、鈴木大地(ロッテ、遊撃手→二塁手→三塁手)などが挙げられる。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、プロ野球が8球団によって再開されリーグに復帰。球団名を「グレートリング」に改称した。愛称は「近畿」で、「近畿グレートリング」と呼ばれることもあった(詳細については球団愛称節を参照。また、当時のプロ野球における愛称面全般については日本野球連盟 (プロ野球)を参照)。最終戦まで優勝争いとなり、11月5日に巨人がセネタースに負けたことにより、球団初優勝。最終的に2位の巨人とは1ゲーム差。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の大阪タイガース・読売ジャイアンツ・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    3月24日 - パ・リーグ開幕。西武、オリックスが開幕白星を飾った。千葉マリンで行われた北海道日本ハム対千葉ロッテは、7回途中降雨コールドゲームとなった2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    キャンプイン直前に西沢監督が十二指腸潰瘍の悪化により辞任、杉下茂が監督に復活。4月20日から5月1日まで9連勝するが翌日から8連敗を喫するなどチーム状態が安定せず。5月16日、ノースリーブユニフォームが登場した阪神戦で連敗が止まるが、5月29日から11連敗。6月12日に止まったものの翌日から連敗。3回目の7連敗となった6月24日に杉下監督が解任。本多逸郎二軍コーチが監督代行となるものの8月24日から再び11連敗を喫するなど立ち直る気配が見られず、2リーグ分立以降初めて同一リーグの全球団に負け越しての最下位となる。オフに元巨人・東映監督の水原茂が監督に就任。ドラフトでは1位で星野仙一、3位で大島康徳、6位で竹田和史、9位で島谷金二と、後に1974年の優勝に主力として活躍する選手を獲得。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    本拠地球場変更例として、広島東洋カープが、2009年シーズンに広島市民球場(収容人数:31,686人)からMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(収容人数:33,000人)に移転している(いずれも広島県広島市)。因みに2004年シーズンより、現行の北海道日本ハムファイターズが東京ドーム(東京都文京区)から札幌ドーム(北海道札幌市)に本拠地球場を移転しているが、さらなる移転の構想がある(参照)。本拠地球場の変更がなくとも、フィールドシート設置や改築による座席増設なども行われているため、平均観客数に影響を与えている。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    スペンサーが30本塁打、長池徳士が27本塁打するなど攻撃力がアップ、投手陣は足立光宏が20勝、米田哲也が18勝、梶本隆夫が15勝を挙げる。オールスター前には2位に8ゲームをつけ首位、10月1日、対東映フライヤーズ戦(西京極)に勝利し、球団史上初のリーグ優勝を達成する(球団創立から32年目での初優勝は日本プロ野球史上最も遅い記録となっている)。しかし初出場となる日本シリーズでは巨人に2勝4敗で敗退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    4月13日 - 【大学】東京新大学野球リーグの流通経済大学の投手コーチに元NPB日本ハムファイターズなどの高橋直樹が就任2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4046件中 1 - 10件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード