4046件中 91 - 100件表示
  • 肘井竜蔵

    肘井竜蔵から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    3月12日の対北海道日本ハムファイターズとのオープン戦で代打で登場、初打席初安打を、続く3月15日の対読売ジャイアンツ戦では、7回無死二、三塁の場面で西村健太朗から中前2点適時打で初打点を記録、監督からも結果や積極性を評価され、開幕一軍スタートとなった。肘井竜蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 山内一弘

    山内一弘から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    引退後は複数の球団で監督・コーチを務めた。ロッテ監督時代には1980年前期、1981年前期で優勝を果たすが、惜しくも近鉄、日本ハムにプレーオフで破れた。1987年には個人事務所「エイトヤマウチ」(現・エイトワン)を設立し、同社の代表取締役社長に就任した。山内一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 高濱卓也

    高濱卓也から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズに所属する高濱祐仁は弟。高濱卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 大田泰示

    大田泰示から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    大田 泰示(おおた たいし、1990年6月9日 - )は、広島県三次市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤駿太

    後藤駿太から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    ''、春季キャンプ中に頭角を現すと、高卒の新人野手では球団史上初の開幕一軍登録を勝ち取った。4月12日に、福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(京セラドーム大阪)で「9番・右翼手」としてスタメンで一軍デビュー。NPBの高卒新人外野手では、1959年の張本勲(東映フライヤーズ)以来52年ぶりの快挙であった。4月21日の対北海道日本ハムファイターズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、プロ入り後初めて2番打者でスタメンに起用されると、一軍初安打・初打点を記録。しかし、開幕戦から出場15試合で打率が.074と低迷したことから、5月9日にプロ入り後初めて登録を抹消。抹消後は、ウエスタン・リーグ公式戦で1番打者としての経験を積むかたわら、7月21日のフレッシュオールスターゲーム(富山アルペンスタジアム)で優秀選手賞を受賞した。9月16日から一軍に復帰したが、一軍公式戦では、30試合の出場で打率.100に終わった。後藤駿太 フレッシュアイペディアより)

  • 速水 けんたろう

    速水けんたろうから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    「おかあさんといっしょ」卒業後、当時本拠地がまだ東京ドームであった日本ハムファイターズの応援歌も歌ったが、この時プロフィールの趣味欄に広島東洋カープファンと記載された(後に訂正)。現在では自他共に認める北海道日本ハムファイターズファンである。2007年(平成19年)には新しい応援歌として「ファイターズ魂(スピリッツ)」を製作、再録音の「ファイターズ賛歌」とのカップリング楽曲として3月28日に発売された。仕事などで北海道に行くたびに札幌ドームで観戦していた。2007年(平成19年)7月16日には札幌ドームから北海道放送に車で直行、「ファイターズDEナイト!」に飛び入りでゲスト出演している(移動中もカーラジオで中継を聴いていたという)。速水けんたろう フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    3月27日開幕3試合目の対オリックス・ブルーウェーブ戦(グリーンスタジアム神戸)で先発の西崎幸広が右足内転筋を痛め0回1/3、わずか10球一死一塁で降板し、4月1日の対大阪近鉄バファローズ戦に登板予定だった帆足が緊急登板となった。4回1/3を投げて4失点ながらプロ初勝利を手にした。この勝利はチームの21世紀初勝利でもあり、その年に入団した新人選手の初勝利でもある。4月1日本拠地西武ドームで行われた対近鉄戦でプロ初先発したが、6回2/3を投げ4失点(自責1)で敗戦投手となった。その後2度先発したがいずれもノックアウトされ3連敗を喫し、4月14日に二軍へ降格。5月9日に一軍へ再昇格し、同日から中継ぎ登板したが3試合連続で失点し、5月23日に抹消。9月30日に昇格して同日の対日本ハムファイターズ戦に先発し、小笠原道大に初回先頭打者本塁打を打たれ、2回に押し出し四球で降板。最終的に防御率9.00でシーズンを終えた。イースタン・リーグでは16試合に登板し、防御率2.34(リーグ2位)、勝率.750(リーグ2位)、78奪三振(リーグ4位)、2完投とチームのリーグ優勝に貢献した。10月6日のファーム日本選手権では8回5点リードから2番手で登板し、1回を無失点に抑えて日本一に貢献した。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、7月16日の日本ハム戦で球団記録を更新する16試合連続安打を打つなど、シーズン中盤までは好調を維持し、時には3番を任される時もあった。しかし守備では怪我の影響もあってやや精彩を欠き、2年連続二塁手としてのリーグ最多失策(11失策)。後半は怪我もありスタメン落ちや二軍落ちも経験する。しかし粘り強い打撃は健在で、三振は規定打席到達者中最少のわずか38個だった。自己最多の4本塁打・45打点を挙げ、32犠打でリーグ最多犠打。シーズン終了後、痛めていた左足首の手術を行った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原将志

    桑原将志から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    には、前年のレギュラー中堅手・梶谷隆幸を右翼手へ復帰させるラミレスの方針を背景に、中堅手として一軍公式戦のスタメンで乙坂智と併用。6月20日の対北海道日本ハムファイターズ戦(横浜)から「1番・中堅手」としてレギュラーに定着すると、攻守にわたる活躍でチーム史上初のクライマックスシリーズ進出へ貢献した。9月15日の対阪神戦(甲子園)1回表の第1打席では、阪神の先発メッセンジャーが投じた初球で、シーズン2度目の先頭打者本塁打を記録。オリックス・バファローズの糸井嘉男も、この日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)の初回に、先頭打者として日本ハム先発ルイス・メンドーサの初球で本塁打を放ったことから、「同じ日に複数の試合で初球先頭打者本塁打」というNPB公式戦史上初の記録達成に至った。桑原自身は、レギュラーシーズンで一軍公式戦133試合に出場。セントラル・リーグ(セ・リーグ)の最終規定打席へ初めて到達するとともに、自身初の2桁本塁打(11本)、リーグ14位の打率.284、42打点、19盗塁を記録した。いずれも一軍では自己最多の成績であったことから、シーズン終了後の契約交渉では、前年から3倍以上の年俸(推定4,000万円)で契約を更改している。桑原将志 フレッシュアイペディアより)

  • ブーマー・ウェルズ

    ブーマー・ウェルズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    オリックス時代の9月25日のダイエー戦。3回裏にホームランを放った門田博光をホームで出迎えた際のハイタッチで門田の右腕が脱臼。この時、門田は登録抹消までには至らなかったが、シーズン終盤での貴重な約1週間を棒に振ってしまい、当事者ながら悪気はなかったブーマーもひどく落ち込んでしまった。次の日の日本ハム戦では、「門田の分も」と心に期するものがあったようで、対戦相手の西崎幸広からホームランを放ち、試合後のヒーローインタビューでは「今日は何も言われなくても自然に燃えてきたよ。」と答えている。しかし、この門田負傷は尾を引いてしまい、同年に近鉄・西武・オリックスの三者がペナント終盤まで競り合った末、近鉄に優勝をさらわれる結果となった。この一件は、ブーマーの怪力ぶりを伝えるエピソードとして語られることが多いが、門田は南海ホークスに所属していた1984年4月14日の日本ハム戦でも、ホームラン後のハイタッチで同じ右肩を脱臼したことがあり、元々脱臼癖があったということも大きな要因である。ブーマー・ウェルズ フレッシュアイペディアより)

4046件中 91 - 100件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード