3129件中 91 - 100件表示
  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、高卒新人ながら公式戦に出場しシーズン2本塁打を記録(パ・リーグ高卒新人で本塁打2本以上は清原和博・田中幸雄以来6年ぶり)。には故障した金村義明の代役として台頭。9月18日の日本ハム戦(藤井寺)でサイクル安打を記録した。プロ入り後初の三塁打がこの記録に結び付いた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟 (プロ野球)

    日本野球連盟 (プロ野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    終戦後の1945年暮れから1946年始め頃、既存6チームに加え、セネタース(1945年11月加盟)とゴールドスター(1946年2月加盟)を加えた8チームによる株式会社形式で連盟が再結成された(この他に東京カッブスも参加希望申し込みをしたが、東京巨人軍の猛反発や9チームの端数で日程が組みにくいなどの理由で却下された)。また同年は各球団を愛称で呼ぶことが試みられた()。日本野球連盟 (プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ドーム球場

    ドーム球場から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    札幌ドーム(北海道札幌市、北海道日本ハムファイターズの本拠地)ドーム球場 フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    6月10日の対北海道日本ハムファイターズ戦で入来祐作から本塁打を放ち史上4人目の全球団から本塁打を達成。過去の3人はいずれもセ・パ各4球団以上に所属して記録したが、金本は同年から導入された交流戦のおかげで2球団に所属しただけで達成できた。6月28日には米子市民球場での対広島戦で本塁打を放ち、現役選手では最多の32球場でアーチをかけた。この記録は2007年に田中幸雄が33球場で本塁打を放ち現役1位は一旦譲ったが、田中が同年限りで引退し再び現役1位となっている(日本記録は山内一弘の39球場)。8月11日の対中日戦では1,000試合連続出場、8月25日の対広島戦で1,000得点、9月9日の対広島戦で1,000打点、10月4日に阪神ではのランディ・バース以来、日本人選手ではの掛布雅之以来、阪神甲子園球場のラッキーゾーン撤廃後は初となる40本塁打を達成。打率・本塁打・打点の3部門で前年の自己記録を更新し、チームも優勝してMVPに選ばれた。金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ドーム

    福岡ドームから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    外野フェンスの右翼ポール際にある福岡銀行の広告には、グラブを持った同行のマスコットキャラクターが描かれている。このグラブの箇所にダイレクトすなわちノーバウンドで見事に打球が当たると、同行から福岡銀行賞として賞金100万円が進呈される(後にマスコット全体、さらにマスコットを囲む楕円部分に拡大)。これまで、この制度で賞金を獲得したのはたったの3人。最初は2004年8月1日の北海道日本ハムファイターズ戦で楕円部分に当てた柴原洋(福岡ダイエーホークス)で以降、2006年3月26日の辻俊哉(千葉ロッテマリーンズ〈当時〉)、2007年5月26日の広島東洋カープ戦の田上秀則(福岡ソフトバンクホークス)の3名が当てている。福岡ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 林恩宇

    林恩宇から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2007年、開幕一軍を果たし先発ローテーションの一人として挙げられるものの、3月25日の練習後に人差し指のマメが潰れている事が判明し出遅れる。4月13日、対日本ハム戦(札幌ドーム)で、来日初先発登板。6回81球を投げ、被安打2の無失点の内容で来日初勝利を挙げる。林恩宇 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    オフ、日本ハムファイターズから張本勲の移籍で張本本人が左翼手を希望したため、監督の長嶋茂雄に三塁手にコンバート通告される。日本プロ野球で初めて外野手から内野手(一塁手を除く)に守備をコンバートされた選手と言われることもあるが、実際には丸山完二(国鉄)、苑田聡彦(広島)、上垣内誠(広島)等の例がある。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 1951年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1951年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    第1戦、選手たちはグラウンドにバスで登場。14時2分、球審の島の手が上り試合開始。両軍先発は全パが江藤正(南海)、全セは別所毅彦(巨人)。1回表、別所は全パ1番飯田徳治(南海)に四球を与えたものの、続く山本一人(南海)、別当薫(毎日)、大下弘(東急)を見事に抑え事なきを得た。その裏、全セ2番千葉茂(巨人)が右翼線へ安打し、続く岩本義行(松竹)、一人置いて川上哲治(巨人)が打って全セが早々に1点を挙げた。全セは6回にも繋いで1点をもぎ取った。全パも続く7回に1点を取り、1点差を争う展開となった。この回から登板した全セ杉下茂(名古屋)が終盤粘りを見せ、最終回まで抑えた。第1戦の観客数・48,671人はオールスターゲームの最多入場者数記録である。1951年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、4月1日の対ヤクルト戦で先発して実働27年となり、野村と並んでいた実働26年を更新し歴代単独1位となるも、肘を故障しこの1試合のみで二軍に降格した。9月9日の日本ハム対湘南戦(鎌ヶ谷)16回戦に先発して5イニングを投げ、イ・リーグ最年長勝利投手となった。しかし、一軍では1勝も出来ず、1984年以来24年ぶりの一軍未勝利に終わる。同年オフの契約更改では、野球協約で定められている減額制限を超える約55%減の年俸5000万円プラス出来高払いで更改した。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

3129件中 91 - 100件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード