4046件中 101 - 110件表示
  • 伊東勤

    伊東勤から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2006年7月19日、伊東はソフトバンク戦(ヤフードーム)でクロスプレーの判定を巡り審判に暴力を振るったとして、選手時代・監督時代通じて初の退場処分を受けた。同年は日本ハムと1ゲーム差の2位となったが、プレーオフでは3位ソフトバンクの前に1勝2敗と敗れた。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 松井裕樹

    松井裕樹から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズ、福岡ソフトバンクホークス、横浜DeNAベイスターズ、北海道日本ハムファイターズから1巡目で指名された。抽選によって楽天が交渉権を獲得すると、1億円に出来高分5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という最高の条件で契約した。なお、「自分の野球の原点は高校野球にある。そこで長くつけさせてもらった背番号でスタートしたいと思ったからです」という本人の希望を受けて、背番号は「1」に決まった。松井裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO MX STADIUM

    TOKYO MX STADIUMから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    以前はテレ玉制作の埼玉西武ライオンズ戦、GAORA制作の北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム主催試合)やCTC(チバテレビ)制作の千葉ロッテマリーンズ戦も放送していたことがあるが、2006年度以降は番組供給を受けていないため放送されていない。TOKYO MX STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 田代将太郎

    田代将太郎から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    には、6月29日にプロ入り後初めての出場選手登録を果たすと、同日の対北海道日本ハムファイターズ戦(西武ドーム)の8回裏に代走で一軍公式戦にデビュー。一軍公式戦では5試合の出場で打席に立つ機会がなかったものの、イースタン・リーグ公式戦では、68試合の出場で打率.269を記録した。田代将太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズの田中幸雄がプロ通算2000本安打を達成。日本ハムで名球会入りは、張本勲・大杉勝男に次いで3人目だが、生え抜きでは最初の名球会入り。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉高等学校

    岩倉高等学校から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    大川博 - 元東映社長、東映フライヤーズオーナー岩倉高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木千隼

    佐々木千隼から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2016年のプロ野球ドラフト会議では、田中正義(創価大学)を外した千葉ロッテマリーンズ、読売ジャイアンツ、北海道日本ハムファイターズ、広島東洋カープ、柳裕也(明治大学)を外した横浜DeNAベイスターズから外れ1位で指名を受け、抽選の結果ロッテが交渉権を得た。契約金1億円プラス出来高払い5000万円・年俸1500万円(金額は推定)で契約。背番号は11。大学時代の3学年後輩に飛田登志貴がいる。佐々木千隼 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎太一

    岡崎太一から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    ''、前年に続いて、一軍の正捕手に藤井、第2捕手に小宮山を起用。シーズン中に捕手の今成亮太が北海道日本ハムファイターズから移籍したこともあって、岡?の一軍公式戦出場は19試合にとどまった。ウエスタン・リーグ公式戦では、32試合の出場で打率.221、4打点という成績を残した。岡崎太一 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学硬式野球部

    中央大学硬式野球部から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    伊藤芳明 - 投手、元読売ジャイアンツ、東映フライヤーズ中央大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    マウイキャンプの際、同じ遊撃手の奈良原浩の守備が溜息が出るほど上手であり、奈良原の動きを後ろからじっくり見て、少しでも近づけるように真似をさせてもらったという。4月5日の近鉄バファローズ戦で一軍初出場し、2日後の日本ハムファイターズ戦で代打で初打席に立ち、初打席、初安打、初打点を記録した。その後試合に出る機会が少なく二軍に落ちる。10日間ほど試合に出たらすぐに一軍に上げてもらえるということだった。その後一軍に上がると、以降は西武を退団するまで一度も二軍に落ちなかった。この年は69試合に出場し、21盗塁を記録。盗塁死はわずか1で、盗塁成功率は.955を記録した。オフにはウインター・リーグに参加した。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

4046件中 101 - 110件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード