3129件中 11 - 20件表示
  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    田中 幸雄(たなか ゆきお、1967年12月14日 - )は、宮崎県都城市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。からは北海道日本ハムファイターズ二軍打撃コーチを務める。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 林孝哉

    林孝哉から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    林 孝哉(はやし たかや、1973年6月1日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(内野手)。現在、北海道日本ハムファイターズの関西地区担当スカウト。林孝哉 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・リーグ

    パシフィック・リーグから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1949年11月26日に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。その日の午後1時には加盟賛成派の阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)に新球団の毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(現・埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われた。閉幕まで3日を残した1949年シーズン末の事である。初年度の1950年は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを倒し日本一に輝いた。パシフィック・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1952年、シーズン途中に、契約が難航していた東急フライヤーズの大スター大下弘を深見安博とのトレードで獲得。このシーズンは、首位の南海と8.5ゲーム差の3位。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    NETテレビ開局当初は、当時球団 (東映フライヤーズ)を保有していた東映が大株主だった事や、当時NET系列だった毎日放送が南海ホークスの優先放送権を持っていた事から、パ・リーグと包括契約を結び、パ・リーグ中心の中継体制(とくに火曜日・日曜日を中心に「パ・リーグナイター」として放送)を組んでいた時期もあったが、その後のセ・リーグ及び巨人への一極集中や、当時フルネット局が1桁台だったことが影響して、1968年以降はプロ野球中継の制作本数が減少し、腸捻転解消までは、主として金曜開催の毎日放送発の阪神対巨人戦と広島ホームテレビ発の広島対巨人戦 (1971年以降)を年数回放送する程度となっていた。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • CTCマリーンズナイター

    CTCマリーンズナイターから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    主に自主制作で千葉マリンスタジアムで開催される千葉ロッテ主催試合を放送するが、自主制作以外では年数本程度で西武ドームの対埼玉西武ライオンズ戦(テレビ埼玉(テレ玉)制作『ライオンズアワー』)や札幌ドームおよび東京ドームの対北海道日本ハムファイターズ戦(GAORA制作『GAORAプロ野球中継』、テレ玉『ヒットナイター』でも放送)を放送するほか、阪神甲子園球場の対阪神タイガース戦(交流戦、サンテレビ制作『サンテレビボックス席』)やナゴヤドームの対中日ドラゴンズ戦(三重テレビ制作『三重テレビナイター』)をそれぞれ放送する(概ね千葉ロッテのビジターゲームが多い)。なお、ビジターゲームのうちGAORA制作の対北海道日本ハムファイターズ戦(2008年までは4:3の標準画質だったが2011年よりHD化)、西武ドーム(テレ玉制作)、甲子園(サンテレビ制作)、ナゴヤドーム(三重テレビ制作)の試合はハイビジョンで中継している。しかし、2009年度のビジターゲームの中継はテレ玉制作の対西武戦のみ。2010年度も対西武戦3試合と対中日戦1試合のみと、ビジターゲームの中継は年々減少している。CTCマリーンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 札幌ドーム

    札幌ドームから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    主にプロ野球パシフィック・リーグの北海道日本ハムファイターズ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)コンサドーレ札幌のホームスタジアムとして使用されるほか、コンサートやスキー、自動車レース・ラリーの国際大会などでも使用される。過去にはプロ野球マスターズリーグ・札幌アンビシャスも本拠地としていた。札幌ドーム フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1967年、スペンサーが30本塁打、長池徳士が27本塁打するなど攻撃力がアップ、投手陣は足立光宏が20勝、米田哲也が18勝、梶本隆夫が15勝を挙げる。オールスタ?前には2位に8ゲームをつけ首位、10月1日、対東映フライヤーズ戦(西京極)に勝利し、球団初のリーグ優勝達成。しかし初の日本シリーズでは巨人に2勝4敗で敗退。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1988年(昭和63年)3月18日、後楽園球場の実質的な代替球場として後楽園競輪場の跡地に開場。日本初の全天候型球場となった。完成後最初の催事は巨人対阪神タイガースのオープン戦。ただし、こけら落としについては美空ひばりの復活コンサートをそれにしており、コンサートの様子をまとめたDVDやNHKのプロジェクトXでもその旨の記載がある。空気膜構造屋根を持つアメリカのメトロドームをモデルとして設計された。後楽園球場から引き続き、巨人とパシフィック・リーグの日本ハムファイターズ(当時)が専用球場とした。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    9月26日 - パシフィック・リーグの埼玉西武ライオンズはマジック1で迎えた北海道日本ハムファイターズ23回戦(札幌ドーム)において0?2で敗戦するも、マジック対象チームだったオリックス・バファローズが東北楽天23回戦(クリネックススタジアム宮城)にて1?13で敗戦したため、4年ぶり21度目のパシフィック・リーグ優勝となった。2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

3129件中 11 - 20件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード