4046件中 21 - 30件表示
  • 東尾修

    東尾修から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは下馬評は西武有利と予想されたが横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・リーグ

    パシフィック・リーグから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1949年11月26日に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。その日の午後1時には加盟賛成派の阪急ブレーブス(後のオリックス・バファローズ)、南海ホークス(後の福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(後の北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)に新球団の毎日オリオンズ(後の千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(後の埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われた。閉幕まで3日を残した1949年シーズン末の事である。初年度の1950年は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを倒し日本一に輝いた。パシフィック・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    吉井 理人(よしい まさと、1965年4月20日 - )は、和歌山県有田郡吉備町(現:有田川町)出身の元プロ野球選手(投手)。現在は北海道日本ハムファイターズの一軍投手コーチ。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

  • ファミスタ64

    ファミスタ64から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    たまごドーム - 読売ジャイアンツ、日本ハムファイターズの本拠地。東京ドームがモデルファミスタ64 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名(加藤、福本、門田)が2000本安打を達成し、1名(山田)が200勝を達成している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、阪急に移籍・引退後日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、1964年東京オリンピックと1968年メキシコシティーオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1993年に阪神タイガース球団歴代最年少での先発4番打者としての出場を記録(2016年終了時点)。2001年より日本人野手(投手以外)として初めてメジャーリーグベースボール(以下:MLB)へ在籍し、2002年に日本人選手として初めてワールドシリーズへ出場。2004年よりの北海道日本ハムファイターズ時代の登録名は「SHINJO」であり、表記法をイニシャル以外でのアルファベットとしたのは日本プロ野球(以下:NPB)において初めてである。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • CTCマリーンズナイター

    CTCマリーンズナイターから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    出演者はチバテレ自主制作で、ZOZOマリンスタジアムで開催される千葉ロッテ主催試合を主に放送するが、自主制作以外では年数本程度で千葉ロッテのビジターゲームであるメットライフドームの対埼玉西武ライオンズ戦(テレビ埼玉(テレ玉)制作『ライオンズアワー』)や札幌ドームおよび東京ドームの対北海道日本ハムファイターズ戦(GAORA制作『GAORAプロ野球中継』、テレ玉『ヒットナイター』でも放送)を放送するほか、阪神甲子園球場の対阪神タイガース戦(交流戦、サンテレビ制作『サンテレビボックス席』)やナゴヤドームの対中日ドラゴンズ戦(三重テレビ制作『三重テレビナイター』)をそれぞれ放送。ビジターゲームの試合も2013年現在すべてハイビジョンで中継している。しかし、2009年度のビジターゲームの中継はテレ玉制作の対西武戦のみ、2010年度も対西武戦3試合と対中日戦1試合のみ、2012年度は再び対西武戦のみとビジターゲームの中継は年々減少している。CTCマリーンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • ダブルヘッダー

    ダブルヘッダーから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    その後、1960年代後半以降も、試合数が増加した一方で交通機関が今ほど発達していなかったこともあり、1カード3連戦の原則と移動時間確保のため、主に毎週金曜日は移動日とし、日曜日や祝日に同一カードでのダブルヘッダーを多く開催したことがあった。しかし、巨人と大毎オリオンズ(1962年シーズン途中まで)、東映フライヤーズ → 日拓ホームフライヤーズ → 日本ハムファイターズ(1964年以後)がいずれも前年度Aクラス入賞でホーム開幕権利を獲得すると、日程の都合で変則ダブルヘッダーで行うケースもあった。多くは巨人戦をデーゲーム、大毎と日本ハムはナイターというケースだったが、東京ドームで開幕を迎えた1994年、1997年、1999年の場合はこの逆だった。ただし、違う球団の主催試合のために観客入れ替え制をとったので、1枚のチケットで2試合続けて観戦することはできなかった。ダブルヘッダー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓示

    鈴木啓示から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    入団1年目に10勝、以後15年連続二桁以上勝利、翌年からは5年連続20勝以上をあげ、押しも押されもせぬ近鉄のエースとなった。1968年8月8日の対東映戦(日生球場)でノーヒットノーランを達成。1969年に24勝で最多勝。1971年9月9日対西鉄戦(日生球場)では2度目のノーヒットノーランを記録した。若い頃は江夏豊とともに「セの江夏、パの鈴木」と並び称された奪三振の多い投手であった。1967年から1972年にかけて6年連続で最多奪三振に輝くが(江夏も全く同じ期間に6年連続最多奪三振を記録)、1972年頃から奪三振数が半減し、投球内容の質も低下し始めた。鈴木本人によると「入団当初はノーコンでね。1年目の開幕直後には四球連発で二軍に落とされたこともある。制球力を付けられたのは日生球場のお陰やで。ホームランを警戒して低めをつく投球を、球場が教えてくれた。2度のノーヒット・ノーランは日生がくれた褒美やった。」と当時を振り返った。鈴木啓示 フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    は前年限りで引退した佐々岡真司から、エースナンバーである背番号18を受け継いだ。当時、一度も一軍で出場したことがなくプロとして全く実績がなかった前田がエースナンバーを受け継ぐことにはファンだけでなく前田自身も驚くばかりであったが、これは裏を返せば球団からの前田に対するとてつもない期待の表れでもあった。4月5日の対横浜ベイスターズ戦で初登板初先発し、5回3失点の結果を残した。6月18日の対北海道日本ハムファイターズ戦で8回を2安打無失点4奪三振の好投(7回までは無安打)でプロ初勝利を飾り、9月20日の中日戦では102球を投げ被安打4で初完封(無四球)も記録した。9月28日の旧広島市民球場の最後の公式戦(対ヤクルト21回戦)では、川島亮からプロ初本塁打を記録。この試合では勝利投手にもなり、旧市民球場最後の勝利投手となった。オールスター戦以降はローテーションに定着し、クライマックスシリーズ進出争いを繰り広げた9月と10月で4勝を記録。コルビー・ルイスに次ぐチーム2位タイの9勝(2敗)を挙げ、開幕前に自身が目標としたシーズン5勝を大幅に上回った。オフの契約更改では、およそ3倍増となる2,500万円で更改した。前田健太 フレッシュアイペディアより)

4046件中 21 - 30件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード