3129件中 31 - 40件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったものの、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)では最終戦に先発するものの、2回2失点で降板した。前日の救援投手として投げた岸孝之は「もし、第7戦に持ち込んだら西口さんが先発なので繋げたかった」と日本シリーズMVP受賞の会見で述べている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    赤田 将吾(あかだ しょうご、1980年9月1日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、近畿日本鉄道をスポンサーとする近鉄パールス(設立時は近鉄本社、後にグループ会社の近鉄野球株式会社(初代、のちの近鉄興業株式会社)が経営を担当。移管時期は不明)が佐伯勇の鶴の一声で結成。近鉄にとっては、南海鉄道合併当時の1944年-1947年(近畿日本軍 → グレートリング、現:福岡ソフトバンクホークス)以来の球団運営である。近鉄は大阪電気軌道時代よりラグビー部(現:近鉄ライナーズ)を有していたが、後の佐伯の述懐によれば「ラグビーでは儲からないから」と当時隆盛を極めていた野球経営に食指を動かしたという。11月26日に発足した太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)に加盟。2リーグ制構想を最初に打ち出した正力松太郎は、大阪地区で4チームが同一のリーグに入ることは好ましくないと考え、片方のリーグに近鉄と阪神、もう一つのリーグに阪急と南海を入れる考えを持っていたといわれる。しかし、毎日新聞側で電鉄系球団が結束した後に阪神が離脱するという経過により、この正力の考えは実現しなかった(経過についてはプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。加盟申請は早かったもののチーム編成が遅れたため、他球団と未契約の東京六大学出身者(監督藤田省三始め、関根潤三など法政大学勢が多かった為、チーム内に近鉄法友会という懇親組織が存在した)を中心に編成したが、プロ野球経験者は、黒尾重明(東急フライヤーズ)、森下重好、田川豊(いずれも太陽ロビンス)ら数えるほどで、選手層が薄く設立より4年連続最下位となる。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • サウザンリーフ市原

    サウザンリーフ市原から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    創立時には総監督兼内野手として元日本ハムの広瀬哲朗を迎えた。広瀬はその後北海道にて北海道マーリンズを立ち上げ、サウザンリーフ市原から移籍した。サウザンリーフ市原 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名が2000本安打を達成(加藤、福本、門田)し、1名が200勝を達成(山田)している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、東京オリンピックとメキシコシティオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1949年シーズンオフ、中部日本新聞社のライバル会社である毎日新聞社が設立した新球団のプロ野球参入に、中日を筆頭に同じく毎日のライバルである読売新聞社を親会社に持つ読売ジャイアンツなどが猛反発。このことがきっかけとなり、読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズからなるセントラル・リーグ(セ・リーグ)と、阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・毎日オリオンズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスからなるパシフィック・リーグ(パ・リーグ)が分立した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ハム

    日本ハムから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    日本ハム株式会社(にっぽんハム、Nippon Meat Packers, Inc.)は、大阪市北区梅田(以前は大阪市中央区)に本社を持つ大手食品加工メーカー。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角。業界首位。1949年(昭和24年)創業。商号としてカタカナ表記のニッポンハムを用いる場合も多い。プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社としても有名である。日本ハム フレッシュアイペディアより)

  • 明治神宮野球場

    明治神宮野球場から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1962年(昭和37年)からは閉鎖される駒澤野球場の代わりとして東映フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)が使用を開始し、次いで1964年(昭和39年)に後楽園球場から国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)が、東映と入れ替わるように移転している。これらの動きには学生野球界は強く反対したものの、結局は認められた(詳細は後述)。明治神宮野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    ソフトバンクは今シーズン投打で圧倒的な力を見せつけ、チーム打率.267、防御率2.32は共にパ・リーグトップであり、結果的に2位の北海道日本ハムファイターズとは16試合差も開いた。一方中日は防御率こそ2.46とセ・リーグトップの成績なものの打率.228、総得点数419もセ・リーグ最下位。レギュラーシーズンでは首位を走り続けた東京ヤクルトスワローズを終盤に逆転し優勝するという対照的なチームの組み合わせであった。2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 神谷定男

    神谷定男から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    東京高校から1950年に東急へ入団したが、同年限りで退団。社会人野球のトキコを経て、1953年に東急へ復帰し、176試合に出場。神谷定男 フレッシュアイペディアより)

3129件中 31 - 40件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード