4046件中 31 - 40件表示
  • 矢野謙次

    矢野謙次から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    矢野 謙次(やの けんじ、9月21日 - )は、東京都三鷹市出身のプロ野球選手(外野手)。愛称は「ヤノケン」。北海道日本ハムファイターズに所属する。矢野謙次 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    この年よりフランチャイズ制が導入され、国鉄は読売ジャイアンツ、毎日オリオンズ、大映スターズ、東急フライヤーズと共に後楽園球場を本拠地とした。開幕から2勝2敗とした後は4連敗、4月に入り4連敗と6連敗、5月に10連敗と連敗を重ねたが、松竹と広島が低迷したことで5位でシーズンを終了。この年120試合制となり初の50勝到達となったが、このうち半分ちかくの24勝は金田正一で二年連続奪三振王となった。佐藤孝夫が球団初の新人王を獲得。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • JX-ENEOS野球部

    JX-ENEOS野球部から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    鈴木慶裕(外野手) - ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団JX-ENEOS野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ハム

    日本ハムから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区(以前は大阪市中央区)に本社を置く大手食品加工メーカーである。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社である。日本ハム フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    プロ野球セ・リーグ・読売ジャイアンツ(巨人)が本拠地とし、同パ・リーグの北海道日本ハムファイターズが準本拠地としている。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、近畿日本鉄道をスポンサーとする近鉄パールス(設立時は近鉄本社、後にグループ会社の近鉄野球株式会社(初代、のちの近鉄興業株式会社)が経営を担当。移管時期は不明)が佐伯勇の鶴の一声で結成。「パール(真珠)」は近鉄沿線の伊勢志摩地方で真珠養殖が盛んなことから命名された。近鉄にとっては、南海鉄道合併当時の1944年 - 1947年(近畿日本軍 → グレートリング、現:福岡ソフトバンクホークス)以来の球団運営である。近鉄は大阪電気軌道時代よりラグビー部(現:近鉄ライナーズ)を有していたが、後の佐伯の述懐によれば「ラグビーでは儲からないから」と当時隆盛を極めていた野球経営に食指を動かしたという。11月26日に発足した太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)に加盟。2リーグ制構想を最初に打ち出した正力松太郎は、大阪地区で4チームが同一のリーグに入ることは好ましくないと考え、片方のリーグに近鉄と阪神、もう一つのリーグに阪急と南海を入れる考えを持っていたといわれる。しかし、毎日新聞側で電鉄系球団が結束した後に阪神が離脱するという経過により、この正力の考えは実現しなかった(経過についてはプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。加盟申請は早かったもののチーム編成が遅れたため、他球団と未契約の東京六大学出身者(監督藤田省三始め、関根潤三など法政大学勢が多かったため、チーム内に近鉄法友会という懇親組織が存在した)を中心に編成したが、プロ野球経験者は、黒尾重明(東急フライヤーズ)、森下重好、田川豊(いずれも太陽ロビンス)ら数えるほどで、選手層が薄く設立より4年連続最下位となる。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    この年は前年とは打って変わり序盤から首位を独走し続け、2位以下に大差をつけて球団初の連覇を達成。勢いそのままに、近鉄を4勝3敗で下し、日本シリーズ2連覇を成し遂げた。同年オフ、江夏豊と日本ハムのエース高橋直樹との大型トレードが成立。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったが、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。巨人との日本シリーズでは第7戦に先発するものの、初回に1死満塁のピンチで先制点を与え、2回には坂本勇人にソロ本塁打を打たれ2回2失点で降板した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • ロドニー・ボルトン

    ロドニー・ボルトンから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、王貞治監督率いる福岡ダイエーホークスに入団。4月3日の対日本ハムファイターズ戦で早くも先発で起用されたが、初回いきなりロブ・デューシーに先頭打者本塁打を浴び、さらに9番上田佳範に満塁本塁打を浴びるなど、僅か2/3イニングでノックアウトされるという散々なデビューであった(デビュー戦で先頭打者本塁打と満塁本塁打を両方浴びたのは史上初)。ロドニー・ボルトン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    4月27日 - 大社義規(日本ハムファイターズ初代オーナー、*1915年)2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

4046件中 31 - 40件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード