4046件中 51 - 60件表示
  • 今村純二

    今村純二から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    今村 純二(いまむら じゅんじ、1938年 - )は、日本の実業家。元北海道日本ハムファイターズ会長・社長。球団の北海道移転と道民ファンの獲得に尽力した。今村純二 フレッシュアイペディアより)

  • 林恩宇

    林恩宇から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2007年、開幕一軍を果たし先発ローテーションの一人として挙げられるものの、3月25日の練習後に人差し指のマメが潰れている事が判明し出遅れる。4月13日、対日本ハム戦(札幌ドーム)で、来日初先発登板。6回81球を投げ、被安打2の無失点の内容で来日初勝利を挙げる。林恩宇 フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    ''、新人選手から投手の海田智行と共に開幕一軍入りを果たすと、3月30日に福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)8回裏から、右翼手として一軍デビュー。このカードを終えた後にいったん出場選手登録を抹消された。抹消後に11試合出場したウエスタン・リーグ公式戦で打率.295、10打点と好調だったことや、一軍で正右翼手が決まらなかったことから、4月21日の対北海道日本ハムファイターズ5回戦(ほっともっとフィールド神戸)で「9番・右翼手」としてスタメンで一軍に復帰。この試合で、一軍公式戦での初安打を放った。後にT-岡田が左太もも裏の肉離れで戦線を離れたことから、岡田に代わる左翼手としてレギュラーに定着。セ・パ交流戦では、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、11回表に満塁の局面からの打席で走者一掃の決勝適時二塁打を放ったことによって、チームに交流戦7試合目での初勝利をもたらした。さらに、5月22日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では、一軍公式戦での初本塁打をランディ・メッセンジャーからの満塁本塁打で記録した。オリックスの新人選手による一軍公式戦での初本塁打が満塁本塁打であった事例は、阪急ブレーブス時代の1956年4月11日に投手の米田哲也が記録して以来56年振り。オリックスではこの試合で、1番打者としてスタメンに起用された入団2年目の宮崎祐樹も1回裏に一軍公式戦初本塁打を先頭打者本塁打で記録したことから、「同じチームで2人の選手が同じ試合の初回先頭打者本塁打と満塁本塁打によって一軍公式戦初本塁打を記録」というNPB史上3例目のチーム記録も達成した。川端自体は、6月に月間打率を.140まで下げたものの、7月には.371、8月には.340と復調。8月18日の対ソフトバンク戦から9月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)まで15試合連続安打を記録するとともに、9月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)3回表の安打で、一軍公式戦での安打数が通算100本に到達した。NPBがプロ野球ドラフト会議を導入した以降に新人扱いで阪急・オリックスへ入団した野手で、入団1年目に一軍公式戦でシーズン100安打を記録した事例は、当時のチームメイトで入団の大引啓次以来3人目であった。9・10月には月間打率が.176にとどまるなど大幅に調子を落としたが、シーズン全体では、一軍公式戦125試合の出場でパ・リーグの最終規定打席に到達。阪急時代のに熊野輝光が樹立した新人野手としての一軍公式戦シーズン通算安打数の記録(114安打)に並んだほか、打率.266、2本塁打、6盗塁という成績を残すなど、最下位に低迷するチームにあって孤軍奮闘の働きを見せた。川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    6月13日 - 尾崎行雄(元東映フライヤーズ、日拓ホームフライヤーズ投手 *1944年)2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根海成

    曽根海成から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    'の宮崎春季キャンプにおいてA組に抜擢され、オープン戦も一軍に帯同する。3月9日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、8回裏に公文克彦からセンターオーバーのタイムリー3ベースを放った。さらに、守備でも軽快な動きを見せるなど活躍し、3月24日に支配下選手契約を結ぶ。年俸は550万円(金額は推定)、背番号は69'。会見では「(正遊撃手の)今宮健太さんを抜きたい」と目標を掲げた。7月13日のフレッシュオールスターゲーム(静岡県草薙総合運動場硬式野球場)では出場選手で唯一複数安打を放ち、MVPを獲得した。7月27日に初めて一軍選手登録され、同日にKoboパーク宮城で行われた対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦において代走で一軍公式戦初出場を果たす 、同月29日の福岡 ヤフオク!ドームで行われた対北海道日本ハムファイターズ16回戦において、9番・二塁手で先発出場し一軍公式戦初打席を迎える 。今シーズンは、一軍公式戦にプロ4年目で2試合の出場を果たし、二軍公式戦においては112試合に出場し、二軍のレギュラーに定着。8月30日のウエスタン・リーグ、対オリックス・バファローズ戦では、二軍公式戦、三軍戦含めて初めての本塁打をサヨナラホームランで記録する。曽根海成 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    、外野手のレギュラー候補に名を連ね、新たに就任した星野仙一監督からも「今年は坪井の復活に期待してほしい」と監督からも復活を期待されていた。だが、5月に内野ゴロで一塁ベースを踏んだ際に足を捻挫してしまいそのまま登録抹消される。回復が遅いこともあり再診断した結果、剥離骨折している事が判明。その為、シーズンの殆どを2軍で過ごす。シーズン終了後、野口寿浩との交換トレードにより日本ハムファイターズに移籍。球団は本人にトレード要員であることを伝えていなかった為、報道後に電話で「テレビで見たと思うけど…」と坪井にトレード通告をした。坪井は「(日本ハムへの)トレードの話は家にいるときにたまたまテレビで流れててビックリした」と日本ハム移籍後に語っている。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原純一

    柏原純一から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1977年シーズン途中での監督野村克也の解任に際し、球団に反旗を翻す。そして、野村と同じロッテオリオンズへの移籍を直訴したが認められず、、小田義人、杉田久雄との交換トレードで日本ハムファイターズへの移籍が決定。南海、日本ハムの両球団が対象選手の統一契約書のみの交換でトレードを成立(本人の合意を取り付けないままの書類上による強制トレード:プロ野球史上2例目)させたため、任意引退を覚悟した上で移籍を拒絶したが、野村夫妻に説得されるなどして最終的には承諾、移籍した。柏原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井隆之

    岩井隆之から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1975年ドラフト2位で大洋ホエールズに入団。大洋では山下大輔らの壁を破れず、もっぱら守備固めに起用され、真価は発揮できなかった。1978年に登録名を岩井隆之に改名。1982年に加藤俊夫とのトレードで日本ハムファイターズに移籍。移籍後は1983年から頭角をあらわし、菅野光夫、榊原良行と二塁手のレギュラーを争う。1984年には高代延博の前半欠場もあって遊撃手のレギュラーとなり、規定打席(12位)に到達し打率.286の成績を残すなど活躍した。翌年は高代の復帰に伴い二塁手に戻るが、白井一幸の台頭により出場機会は減少、1988年限りで引退した。岩井隆之 フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺忠

    伊志嶺忠から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    には、春季キャンプ、オープン戦と一軍に帯同し、オープン戦最後の中日戦では、平井正史からレフトスタンドにホームランを放ち三番手捕手争いに名乗りを上げ、初の開幕一軍を勝ちとった。4月5日の日本ハム戦で、8回表2死で代打出場し建山義紀からセンター前へプロ初ヒットを放った。伊志嶺忠 フレッシュアイペディアより)

  • 林孝哉

    林孝哉から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1991年のドラフト7位で福岡ダイエーホークスに入団。1999年に一軍に定着、小久保裕紀がシーズン前半に一塁手、指名打者に回ったこともあり、主に三塁手として34試合に先発出場。2002年シーズン途中、田口昌徳との交換トレードで日本ハムファイターズへ移籍。林孝哉 フレッシュアイペディアより)

4046件中 51 - 60件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード