3129件中 61 - 70件表示
  • 佐々木誠 (野球)

    佐々木誠 (野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    4年目のには6月30日の対日本ハム戦でリーグ10人目となる2試合連続初回先頭打者ホームランを達成するなど、レギュラーとなって125試合に出場し、リーグ9位の打率.288を記録している。は初めてオールスターゲームに出場した。夏場にダイエーへの球団売却が決まり言葉にできないほどショックを受けたものの、同年の大阪球場最後の試合やシーズン最終戦でともに本塁打を放つなどの活躍で人気選手となっていった。さらにオフの日米野球では翌年から本拠地となる平和台球場で同年のワールドシリーズMVPのオーレル・ハーシハイザーから本塁打を挙げている。ダイエーホークスのユニフォーム発表会では加藤伸一とともにモデルを務めるなど注目を集め、杉浦忠監督からも全国区のスターになれると評された。なお、新ユニフォームの写真を用いた垂幕広告が博多駅の井筒屋の壁面に飾られていた。佐々木誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤駿太

    後藤駿太から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    はキャンプ中に頭角を現し、高卒新人野手では球団史上初となる開幕一軍入りを果たすと、開幕戦では9番・右翼手で先発出場し、高卒新人外野手では張本勲(東映)以来52年ぶりとなる開幕スタメンデビューを果たした。4月13日の対ソフトバンク戦では、初回に内川聖一のライトフライから、三塁タッチアップを狙った俊足の本多雄一を三塁で刺す好守備を見せた。4月20日の対日本ハム戦でプロ初安打、更にプロ初打点となる適時打を放ち、2安打を放った。しかし、それ以外の試合では全く安打が出ないほど、打撃面でプロの壁に当たり、5月9日に二軍降格。その後は二軍で主に1番を務めて実戦を積み、9月17日に一軍再昇格。代走・守備要員としての出場や、9番スタメンで出場する機会を得た。1年目は30試合に出場して打撃こそ4安打、打率.100に留まったが、守備面では強肩好守を見せる等、随所で高いセンスを発揮した。後藤駿太 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学硬式野球部

    中央大学硬式野球部から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    橋本義隆 - 投手、北海道日本ハム、東京ヤクルト、楽天。ホンダ・都市対抗野球大会準優勝、久慈賞。岡山学芸館高出身中央大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • タカアンドトシのどぉーだ!

    タカアンドトシのどぉーだ!から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    岩本勉(元北海道日本ハムファイターズ) 2008年11月22日・2009年2月28日出演タカアンドトシのどぉーだ! フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    4月27日 - 大社義規(日本ハムファイターズ初代オーナー、*1915年)2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球地域保護権

    プロ野球地域保護権から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2004年 日本ハムファイターズ→北海道日本ハムファイターズ 東京都→北海道プロ野球地域保護権 フレッシュアイペディアより)

  • ブーマー・ウェルズ

    ブーマー・ウェルズから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    オリックス時代の9月25日のダイエーホークス戦。3回裏にホームランを放った門田博光をホームで出迎えた際のハイタッチで門田の右腕が脱臼。この時、門田は登録抹消までには至らなかったが、シーズン終盤での貴重な約1週間を棒に振ってしまい、当事者ながら悪気はなかったブーマーもひどく落ち込んでしまった。次の日の日本ハム戦では、「門田の分も」と心に期するものがあったようで、対戦相手の西崎幸広からホームランを放ち、試合後のヒーローインタビューでは「今日は何も言われなくても自然に燃えてきたよ。」と答えている。しかし、この門田負傷は尾を引いてしまい、同年に近鉄・西武・オリックスの三者がペナント終盤まで競り合った末、近鉄に優勝をさらわれる結果となった。ブーマー・ウェルズ フレッシュアイペディアより)

  • 服部泰卓

    服部泰卓から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    はエースとして都市対抗1回戦では3塁を踏ませずにNTT西日本を完封した。また同年秋に行なわれた日本選手権では4試合に登板して3試合で完投勝ちを収めてチームの初優勝に貢献し、最優秀選手のタイトルを獲得した。同年は公式戦で19勝1敗の成績を残し、社会人ベストナインにも選出されている。11月19日の同年の大学・社会人ドラフト会議で大場翔太を外した日本ハム、長谷部康平を外した西武およびロッテの3球団から1巡目指名される。抽選でロッテが交渉権を獲得し、契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,500万円(いずれも推定)で12月6日に入団契約を交わした。服部泰卓 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    ファン投票開始とともに日本ハム球団が自軍の選手が選出されるようファンに働きかけたことで1球団としては最多の8ポジションを日本ハム勢が占める結果となった。これが「ファン投票の公正さを欠く」として問題化し、事態を重く見た日本ハム側が2選手の出場辞退を決めた。1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    第1戦、両軍投手陣が踏ん張り5回まで0が並び、膠着状態が続いたが、全パは広瀬叔功(南海)の3ラン本塁打で先制した。その後も得点を重ねた全パが戦勝。第2戦、ドラフト1期生の堀内恒夫(全セ・巨人)、森安敏明(全パ・東映)が登場(第3戦には近鉄の鈴木啓示も全パ2番手として登板)。試合そのものは榎本喜八(東京)の2打席連続本塁打で全パが2連勝した。第3戦は古葉毅(現・竹識)が5回に2ラン本塁打を打ち、全セが一矢報いた。1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

3129件中 61 - 70件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード