4046件中 71 - 80件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    大川社長からは後にも先にもないほど感謝されたが、後継は毅というのは既定路線で、今田智憲も大川に見切りをつけ東映を辞めていたこともあり、自身も退くつもりだったが周囲から「見捨てないでくれ」と嘆願され踏み止まった。同年8月大川社長が死去。毅から「東映を引っ張っていくには、あなたしかいない」と頼まれ、また五島昇の推しもあって社長に就任する。東映動画(現・東映アニメーション)会長兼任。社長に就任するやいなや不良部門をスパッと切り素早く合理化を推進した。東京タワータクシーを営業停止に、不採算の東映フライヤーズを日拓ホームに譲渡、ボウリングブームは二度とこない、と毅が経営していた東映ボウリングセンター32か所の大半を売却した。1972年6月、東映動画に経営企画室長の登石雋一を社長に派遣、ほぼ半数に当たる150名の希望退職者を募集させ紛糾した。「動画は東映のガンだ。ガンは放置しておいたら、やがて病巣は東映の全身に広がる。ガンは小さいうちに切開手術するのが医者(経営者)の義務だ」と話した。この時異動したスタッフの本社・本編憎しのルサンチマンがのちに東映のテレビ、アニメ躍進の原動力となった。同年7月、幸田清を東京撮影時所長に抜擢。その後も組織のスリム化を断行した。一方で、ボウリングに代わる新規事業として住宅産業に進出、建売住宅・不動産分譲、マンション、パチンコ店事業にも進出した他、劇場の建て替えを含む再開発プロジェクトを手掛けた。また、ホテルチェーンやゴルフ場建設を拡大させるなど事業の再構築を行った。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    26日 - 【野球】 2010年8月に札幌ドームで行われたプロ野球の日本ハム戦を観戦中に飛んできた打球が顔面に当たり右目を失明したとして、観客が日本ハム球団などを訴えた裁判で、札幌地方裁判所は観客の訴えを認め、球団側などに約4200万円の賠償命令。これに対し球団側などは4月7日、判決を不服として札幌高等裁判所に控訴した。2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木恭介

    佐々木恭介から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    柏原高校から新日鐵広畑に入社。の第41回都市対抗野球大会に鐘淵化学の補強選手として出場し、チームの準々決勝進出に貢献する。1970年のドラフト会議で東映フライヤーズに9位指名されるが入団を拒否し新日鐵広畑に残留。翌の第42回都市対抗野球大会では、山中正竹(住友金属から補強)・三沢淳の両エースを擁し中心打者として活躍、準決勝では2本塁打を放つ。決勝で丸善石油を降し優勝、最優秀選手の橋戸賞を受賞し、同年の社会人ベストナイン(一塁手)にも選出された。他のチームメートに小玉孝遊撃手・白滝政孝外野手らがいた。佐々木恭介 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球地域保護権

    プロ野球地域保護権から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2※2004年の本拠地移転後も東京ドームで主催試合を毎年3、4カード開催しているが、年により試合数が異なる場合がある。詳細は北海道日本ハムファイターズを参照。プロ野球地域保護権 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    3月26日、チーム史上初の公式戦である千葉ロッテマリーンズ開幕戦では5番・指名打者で先発出場。開幕直後に右手に死球を受けて二軍で治療に専念するなど、レギュラーシーズン当初は活躍できなかったが、この年から始まったセ・パ交流戦に入ると、徐々に調子を上げ、5月7日の巨人戦では9回裏に前田幸長から球団史上初の代打本塁打を、6月になったばかりの時は4試合連続の5本塁打を放つ。交流戦後は4番・指名打者として定着する。7月2日の日本ハム戦では3回裏に江尻慎太郎から史上234人目、通算1000本安打となる左前安打を放つ。プロ入り19年目の年での達成であった。7月27日の対日本ハム戦の試合前に宮城県仙台市内の小学校を訪問。子供たちに「本塁打を打つ。」と約束して臨んだこの日の試合で満塁本塁打を放った。当時、山崎は右バッターのバッティングの基本である「右足重心」という言葉さえも知らなかった状態だったので、監督の田尾により基本を徹底的に指導された。田尾の指導によるフォームの改造が、この年の118試合に出場して5年ぶりの規定打席到達、チーム最多の25本塁打や後年の好成績を残せるようになった要因の一つだと本人は挙げている。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    2009年10月29日に行われたドラフト会議では、埼玉西武ライオンズ、阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズの6球団による1巡目指名を受け、競合の末に西武が菊池の交渉権を獲得した。菊池は11月21日に契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約し、背番号は「17」に決まった。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 高木大成

    高木大成から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    同年のプロ野球ドラフト会議前は、日本ハムファイターズなど数球団がドラフト1位候補として挙げていたが、東京六大学へ進む為、指名を辞退し、慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で入学。このドラフト辞退はマスコミに取り上げられ話題となった。高木大成 フレッシュアイペディアより)

  • 永淵洋三

    永淵洋三から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    投手として選手登録されたがの開幕戦である4月6日対西鉄戦で代打としてデビュー。稲尾和久相手に三振であった。投手としては翌日の7日の対西鉄戦7回裏に初登板。初対戦となった高木喬など3者凡退に抑える。16日の対東映戦で代打出場。石川緑の投げた初球の内角のストレートを叩き初本塁打を記録。この年、監督の三原脩は永淵に投手、外野手、代打の3役を与えた。試合途中で代打に出て、次の回にマウンドに登り、何人か投げて、外野の守備に回ったり、外野からワンポイントリリーフでマウンドに行き、終わると又外野に戻るというような起用を行った。しかし打者としては打率.274、5本塁打、30打点を記録し新人王候補にもなったが、投手としては実力不足を露呈したため6月以降は登板がなかった。永淵洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 石原照夫

    石原照夫から見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    兄は戦前投手として、東京セネタースや翼軍,大洋軍,大和軍に所属した石原繁三。1960年代に東映フライヤーズ、1970年代にロッテオリオンズの球団代表を務めた石原春夫とは別人。石原照夫 フレッシュアイペディアより)

  • 野球ユニフォーム

    野球ユニフォームから見た北海道日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ

    1973年後期、日拓ホームフライヤーズは7種類のユニフォームを日替わりで使用した。しかし、その年のオフに日本ハムに身売りしたため、わずか半シーズン限りの使用となった。野球ユニフォーム フレッシュアイペディアより)

4046件中 71 - 80件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード