437件中 31 - 40件表示
  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た木佐貫洋

    1月、糸井嘉男、八木智哉とオリックス・木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2対3のトレードが成立。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た榊原諒

    10月28日、2010年ドラフト会議で、早稲田大学の斎藤佑樹の交渉権をヤクルト・ロッテ・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月18日、中継ぎ投手での10勝を挙げた榊原諒がチームでは4年ぶりの新人王を獲得。12月9日、札幌ドームで斎藤佑樹単独の入団会見が行われた。オフには建山義紀が大リーグ・テキサス・レンジャーズへ、森本稀哲が横浜へそれぞれFA移籍した。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た田中将大

    2011年7月20日の対楽天戦では、ダルビッシュ有と田中将大の「エース対決」に注目が集まり、平日(この日は水曜日)ながら44,826人の観客動員数を記録。観客数を1人単位まで発表するようになった2005年以降、現在の本拠地である札幌ドームでの動員数も含めて史上最多の動員数を記録した。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た久保田利伸久保田 利伸

    1994年「Let's Get A Groove 〜Yo! Hips〜」 (作詞・作曲・歌:久保田利伸北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た大谷翔平

    3月30日、開幕戦の対西武戦(札幌ドーム)に勝利、前半戦はロッテと首位を争い、5月6日に首位となっているが、交流戦は14勝8敗で2位、その後、ロッテに首位を奪われ、前半戦を2位で折り返す。後半戦は西武との首位争いとなり、9月15日に首位に立ち、9月28日に優勝へのマジックナンバー4を点灯させる。マジック1とした10月2日、3年ぶり6度目のリーグ優勝を決めた。クライマックスシリーズファイナルステージは3位ソフトバンクと対戦し、3連勝で通算成績を4勝0敗として日本シリーズ進出を決定、日本シリーズでは巨人と対戦、2勝4敗で敗退している。田中賢介が海外FA権を行使してMLBに挑戦することを表明し、ジャイアンツに入団。ドラフト会議では、先にMLB挑戦を表明した花巻東高校・大谷翔平を一巡目に単独で強行指名。その後、約一ヶ月の交渉の末、12月25日、正式に入団を発表。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た斎藤佑樹

    10月28日、2010年ドラフト会議で、早稲田大学の斎藤佑樹の交渉権をヤクルト・ロッテ・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月18日、中継ぎ投手での10勝を挙げた榊原諒がチームでは4年ぶりの新人王を獲得。12月9日、札幌ドームで斎藤佑樹単独の入団会見が行われた。オフには建山義紀が大リーグ・テキサス・レンジャーズへ、森本稀哲が横浜へそれぞれFA移籍した。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た角盈男角 盈男

    、西崎が16勝をあげるも前年とはうって変わって、投手陣の不調で5位に終わる。シーズン途中に巨人角盈男を無償トレードで獲得。オフに田中幸雄・早川和夫と中日藤王康晴・小松崎善久とのトレード。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た坪井智哉

    GOTCHA! 〜Fun's Radio〜内坪井智哉のツボチカ7(セブン)北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た岡田茂 (東映)

    は、草創期の人気選手・大下弘が監督就任(16年ぶりの球団復帰)したものの、シーズン途中で休養。結果、球団史上初の最下位に終わる。、「黒い霧事件」発生。エースの森安敏明が永久追放を受け、映画産業の斜陽なども響いて人気が低迷していく。には、名物オーナーだった大川が急逝。東映はアンチ大川と目された岡田茂が社長に就任し、岡田の盟友で球団所有権を有する東急社長の五島昇と共に、大川色が強く不採算だった球団を手放すこととなる。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た稲尾和久

    、前年まで主に代打の切り札だった小笠原道大が捕手から一塁手に転向、「史上最強の2番打者」として大活躍。岩本が稲尾和久に並ぶ2年連続開幕戦完封勝利。しかし、4月の月間MVPを獲得した金村が4月末に怪我でシーズンの大半をリタイア。ウィルソンも怪我で離脱。前年ブレイクした西浦の不調。岩本、関根以外の投手の不調もあり、リーグ5位。上田が監督辞任。後任監督には大島康徳。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

437件中 31 - 40件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード