437件中 41 - 50件表示
  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た井出竜也

    、若手の岩本勉、今関勝、島崎毅、田口昌徳 、上田佳範、井出竜也らを積極的に起用。4位に終わる。西崎が西武相手にノーヒットノーランを達成。2年目のキップ・グロスが、最多勝を獲得。田中幸雄が打点王獲得。オフに武田・松田慎司とダイエー下柳剛・安田秀之のトレード。田村がロッテに、白井一がオリックスにそれぞれ金銭トレード。河野がFAで巨人へ移籍。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た金子誠

    、岩本・今関・芝草宇宙の台頭、ベテランの西崎・中堅の片岡の復活等投打が噛み合い前半2位オリックスと5ゲーム差を付けて首位をひた走るも上田監督がシーズン終盤に家庭の事情により休養しチームを離脱(結果的にオリックスに逆転優勝を許す遠因となった)。グロスが二年連続で最多勝、4年目の金子誠が新人王を獲得。二軍は本拠地を神奈川県川崎市の日本ハム球団多摩川グランドから千葉県鎌ケ谷市のファイターズスタジアムに移転している。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た佐藤義則佐藤 義則

    大島康徳 (1990年8月21日対オリックス 投手佐藤義則北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た田中賢介田中 賢介

    3月30日、開幕戦の対西武戦(札幌ドーム)に勝利、前半戦はロッテと首位を争い、5月6日に首位となっているが、交流戦は14勝8敗で2位、その後、ロッテに首位を奪われ、前半戦を2位で折り返す。後半戦は西武との首位争いとなり、9月15日に首位に立ち、9月28日に優勝へのマジックナンバー4を点灯させる。マジック1とした10月2日、3年ぶり6度目のリーグ優勝を決めた。クライマックスシリーズファイナルステージは3位ソフトバンクと対戦し、3連勝で通算成績を4勝0敗として日本シリーズ進出を決定、日本シリーズでは巨人と対戦、2勝4敗で敗退している。田中賢介が海外FA権を行使してMLBに挑戦することを表明し、ジャイアンツに入団。ドラフト会議では、先にMLB挑戦を表明した花巻東高校・大谷翔平を一巡目に単独で強行指名。その後、約一ヶ月の交渉の末、12月25日、正式に入団を発表。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た小笠原道大

    、前年まで主に代打の切り札だった小笠原道大が捕手から一塁手に転向、「史上最強の2番打者」として大活躍。岩本が稲尾和久に並ぶ2年連続開幕戦完封勝利。しかし、4月の月間MVPを獲得した金村が4月末に怪我でシーズンの大半をリタイア。ウィルソンも怪我で離脱。前年ブレイクした西浦の不調。岩本、関根以外の投手の不調もあり、リーグ5位。上田が監督辞任。後任監督には大島康徳。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た糸井嘉男

    投手陣ではダルビッシュと武田勝以外に規定投球回数に達した投手はいなかったが、巨人から移籍した林昌範、江尻慎太郎、宮西、菊地和正らリリーフ陣が成長し、ストッパーに転向した武田久は無敗のまま最多セーブ投手に輝いた。野手陣では大野奨太、巨人から二岡智宏らが加入し、更に投手から野手に転向した糸井嘉男の成長もあった。その結果、稲葉、糸井、高橋、金子誠が打率3割を超える活躍(稲葉以外シーズン3割はこの年が初)となり、チーム打率はリーグトップだった。対戦成績も、ソフトバンクにのみ11勝12敗1分と負け越したが、他のパ4球団には勝ち越し、ロッテには18勝6敗と大きく勝ち越した。クライマックスシリーズ第2ステージで、楽天を4勝1敗で下し、日本シリーズ進出を決めた。日本シリーズでは巨人と対戦、2勝4敗で日本一を逃した。11月22日、札幌市中心部でパリーグ優勝記念パレードが行われ、約11万1千人(実行委員会発表)のファンで賑わった。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た金村暁

    、開幕投手候補グロスが開幕直前に怪我でリタイアするアクシデントに合うも、岩本が開幕戦完封勝利。関根裕之 金村暁 黒木純司が台頭。今関 芝草も前年の不調を脱出。ウィルソン、ジェリー・ブルックス、田中幸雄、片岡、西浦克拓を擁してビッグバン打線と呼ばれた。西武から移籍の奈良原も打撃・守備に活躍しレギュラーを獲得。開幕直前にヤクルトから移籍の野口寿浩が正捕手として活躍。前半戦は首位独走だったが、後半大失速。西武に逆転され優勝を逃した。ウィルソンが二年連続で本塁打・初の打点王。金村が最優秀防御率。片岡が最高出塁率獲得。落合が現役引退。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た下柳剛

    、若手の岩本勉、今関勝、島崎毅、田口昌徳 、上田佳範、井出竜也らを積極的に起用。4位に終わる。西崎が西武相手にノーヒットノーランを達成。2年目のキップ・グロスが、最多勝を獲得。田中幸雄が打点王獲得。オフに武田・松田慎司とダイエー下柳剛・安田秀之のトレード。田村がロッテに、白井一がオリックスにそれぞれ金銭トレード。河野がFAで巨人へ移籍。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た古城茂幸

    2006年以降で見ると、同年3月24日に行われた岡島秀樹と實松一成・古城茂幸のトレードから数えて、22人の選手がトレードによる入団、24人の選手が退団であり、これは毎年約6人の選手がトレードで入れ替わるペースである。ベテラン生え抜き選手や主力選手であってもトレードされる事があり、その根拠となっているものは「ベースボール・オペレーション・システム(BOS)」という情報システムである。これは所属選手をセイバーメトリクスを元に成績・年俸・年齢によって主力、控え、育成、在庫の4種類に分類し、現場とフロントがチーム編成に関して客観的な数値に基づく共通の理解のもと、若手を適正に育て、ベテランを適宜放出することで、年俸総額を抑えながらチーム力を維持し、登録選手全員を戦力として活用することを目標としたものである。BOSは千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツにも採用されているが、他球団ではセイバーメトリクスに未だ懐疑的で日本ハムほど重用されていない。過去にスキャンダルを起こした選手についても、「獲るべき選手を獲る。名誉挽回のチャンスを与えることが、球界全体にとって必要。(山田正雄GM)」とこだわらない方針である。背景には、低コストで戦力を整えるためには「何らかの事情でもなければ、良い選手を獲るのが難しい(同GM)」という判断がある。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た高橋信二

    歴代の4番打者も他球団から移籍した選手が多い。小田義人(ヤクルト)、柏原純一(南海)、落合博満(巨人)、外国人では1990年から1994年のマット・ウインタース、1999年から2002年のシャーマン・オバンドー、2004年から2007年まで、4番に座っていたフェルナンド・セギノールなどである。80年以降、半シーズン以上定着した生え抜きの4番打者は古屋英夫、田中幸雄、高橋信二、小谷野栄一、中田翔のみである。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

437件中 41 - 50件表示

「北海道日本ハムファイターズ」のニューストピックワード