194件中 11 - 20件表示
  • 昭和電力

    昭和電力から見た北陸電力北陸電力

    日本発送電への合併直後の1939年11月、昭和電力が着工した下打波発電所は運転を開始した。日本発送電が戦後1951年(昭和26年)に解散した際、九頭竜川水系の東勝原・下打波の両発電所は北陸電力へ継承されたが、庄川水系の祖山発電所は関西電力に継承されている。昭和電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力会館 本多の森ホール

    北陸電力会館 本多の森ホールから見た北陸電力北陸電力

    北陸電力会館 本多の森ホール(ほくりくでんりょくかいかん ほんだのもりホール)は、石川県金沢市石引にあるコンサートホールである。通称は本多の森ホール。北陸電力がホールを所有しており、運営は財団法人金沢コンベンションビューローが行っている。北陸電力会館 本多の森ホール フレッシュアイペディアより)

  • 火力発電所

    火力発電所から見た北陸電力北陸電力

    日本で火力発電所を所有している会社は、主に10の地域電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)や電力卸売り会社(電源開発)である。火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 直流送電

    直流送電から見た北陸電力北陸電力

    南福光連系所 : 中部電力と北陸電力を結ぶ、「0kmの直流送電」。交流で連系すると、関西電力の連系線も合わせてループ状になるため、安定度の点から系統を分離して連系することとした。富山県南砺市。1999年運転開始、容量30万kW。中部電力・北陸電力共同所有。直流送電 フレッシュアイペディアより)

  • 関西電力

    関西電力から見た北陸電力北陸電力

    1951年9月3日 - 5か所の水力発電所を中部・北陸両電力に5月1日付で帰属する事を決定(小坂・竹原川・瀬戸を中部、牧・東町を北陸)。関西電力 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県

    富山県から見た北陸電力北陸電力

    加賀藩の支配を脱した明治から産業の発展が続き、北陸工業地帯を形成。YKKや三協立山アルミなど発祥の地として知られる。北陸銀行や北陸電力などの本拠地でもあり北陸経済の中心と言っても過言ではない。富山県 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀原子力発電所

    志賀原子力発電所から見た北陸電力北陸電力

    志賀原子力発電所(しかげんしりょくはつでんしょ)は、石川県羽咋郡志賀町にある北陸電力の原子力発電所。志賀原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜川

    九頭竜川から見た北陸電力北陸電力

    九頭竜川の電源開発は戦後北陸電力株式会社や電源開発株式会社によって上流部に発電用ダムの建設計画が進められた。一方、1959年(昭和34年)の伊勢湾台風や1961年(昭和36年)の第2室戸台風による水害を契機に建設省も九頭竜川水系の総合開発計画を策定した。既に福井県によって1951年(昭和26年)より真名川総合開発事業が始まり、笹生川ダム(1957年完成)や雲川ダム(1956年完成)が建設されていたが、九頭竜川本川上流部に大規模な多目的ダムの建設を骨子とした九頭竜川総合開発事業が1961年より着手された。これにより水系最大のダムである九頭竜ダムが建設され、発電施設として揚水発電である長野発電所や鷲ダム・仏原ダム・山原ダム・石徹白ダムが相次いで建設された。九頭竜川 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た北陸電力北陸電力

    1980年(昭和55年)には治水、都市用水の供給、発電を目的とした手取川ダムが完成。水道用水として北は七尾市能登島から南は加賀市まで県内給水人口の7割以上を賄う。また1993年(平成5年)志賀町で 志賀原子力発電所(北陸電力)が営業運転を開始した。一方で2003年(平成15年)には珠洲市で建設計画のあった珠洲原子力発電所(北陸電力・中部電力・関西電力)の計画凍結が発表された。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀市

    敦賀市から見た北陸電力北陸電力

    1986年 敦賀セメント・北陸電力共同岸壁が完成。敦賀市 フレッシュアイペディアより)

194件中 11 - 20件表示

「北陸電力」のニューストピックワード