194件中 51 - 60件表示
  • 中村康介

    中村康介から見た北陸電力北陸電力

    『エコキュート』(北陸電力)エコキュート篇中村康介 フレッシュアイペディアより)

  • 真名川

    真名川から見た北陸電力北陸電力

    源流は笹生川ダム上流の屏風山と福井県と岐阜県に位置する能郷白山の山麓に発する雲川が国道157号に沿って中島地区で合流し、真名川ダムにて調整され、真名峡と呼ばれるV字谷を形成する。五条方発電所下流において氾濫原を形成し、九頭竜川に合流する。真名川 フレッシュアイペディアより)

  • 笹生川ダム

    笹生川ダムから見た北陸電力北陸電力

    1950年(昭和25年)6月に「国土総合開発法」が施行された事に伴い、全国各地で河川総合開発事業が行われるようになったが福井県においても九頭竜川流域の開発が計画された。着目されたのが大野市で九頭竜川に合流する真名川で、1951年(昭和26年)より「真名川総合開発事業」に着手。真名川本川に笹生川ダム、支川・雲川に砂防と発電を目的とした雲川ダム(アーチ式コンクリートダム。39.0m)が計画された。笹生川ダムは1950年より建設が開始され、1957年(昭和32年)雲川ダムと同時に完成した。ダムの型式は重力式コンクリートダム、高さは76.0m。洪水調節・不特定利水・発電を目的とする都道府県営ダム、いわゆる補助多目的ダムである。1979年(昭和54年)からは農業用水合理化に伴う減水分を福井市・大野市への上水道へ補填する事になり、目的に上水道が加わった。中島発電所は当初福井県の運営であったが、2010年(平成22年)に他の発電所を含む県営電気事業、さらに石川県営電気事業も一括して北陸電力へ譲渡となっている。笹生川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 双六岳

    双六岳から見た北陸電力北陸電力

    以下の源流となる河川は日本海へ流れる。双六小屋のある鞍部は、湯俣川のモミ沢と双六谷との分水嶺となっている。西側の山麓の高原川の支流である双六川には北陸電力の双六ダムがある。かつてはその下流で、双六・金木戸森林鉄道が運行されていた。双六岳 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県道25号砺波細入線

    富山県道25号砺波細入線から見た北陸電力北陸電力

    北陸電力 神通川第三発電所富山県道25号砺波細入線 フレッシュアイペディアより)

  • アリス館志賀

    アリス館志賀から見た北陸電力北陸電力

    アリス館志賀(ありすかんしか)は石川県羽咋郡志賀町にある北陸電力の原子力発電展示・PR施設である。アリス館志賀 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨中山駅

    飛騨中山駅から見た北陸電力北陸電力

    中山の集落には東林寺や北陸電力の中山発電所がある。当駅と茂住駅との間の神岡線はほとんどが第四中山トンネルの中であった。飛騨中山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 観音町駅 (福井県)

    観音町駅 (福井県)から見た北陸電力北陸電力

    北陸電力松岡変電所、同福井体育館(フレア)観音町駅 (福井県) フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た北陸電力北陸電力

    翌1956年には「暴れ天竜」とあだ名された天竜川を堰き止め佐久間ダム(堤高155.5メートル・電源開発株式会社)が完成した。このダムは3年という短期間で完成し、日本土木史のエポック・メイキングとなった。1957年(昭和32年)には多摩川に当時「世界最大の上水道専用ダム」と称された小河内ダム(堤高149.0メートル・東京都水道局)が戦争による中断を挟みながらも完成。その翌年1959年(昭和34年)には北陸電力が社運を賭けて取り組んだ「常願寺川有峰発電計画」の中心事業・有峰ダム(堤高140.0メートル)が世界銀行などの融資を受けて完成。そして1960年(昭和35年)には重力式コンクリートダムとしては日本最大を誇る奥只見ダム(堤高157.0メートル・電源開発株式会社)が完成し、コンクリートダムはその技術の粋を極めていった。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸通信ネットワーク

    北陸通信ネットワークから見た北陸電力北陸電力

    北陸通信ネットワーク株式会社(ほくりくつうしんネットワーク)は、石川県金沢市にある電気通信会社。北陸電力の関連会社である。北陸通信ネットワーク フレッシュアイペディアより)

194件中 51 - 60件表示

「北陸電力」のニューストピックワード