194件中 61 - 70件表示
  • 北電技術コンサルタント

    北電技術コンサルタントから見た北陸電力北陸電力

    北電技術コンサルタント株式会社(ほくでんぎじゅつコンサルタント)は、富山県富山市牛島町に本社を置く北陸地方を基盤とする建設コンサルタント会社。北陸電力の子会社。北電技術コンサルタント フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力リビングサービス

    北陸電力リビングサービスから見た北陸電力北陸電力

    株式会社北陸電力リビングサービス(ほくりくでんりょくりびんぐさーびす、英称:Hokuriku Electric Power Living Service)は富山県富山市に本社を置く企業で、北陸電力の子会社である。北陸電力リビングサービス フレッシュアイペディアより)

  • 宮太郎

    宮太郎から見た北陸電力北陸電力

    北陸電力株式会社監査役。宮太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸ネット3県ポン

    北陸ネット3県ポンから見た北陸電力北陸電力

    番組開始当初から北陸電力がスポンサーとなったが、2011年3月14日以降の放送は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴い、北陸電力の提供およびCM放送は見合わせた。北陸ネット3県ポン フレッシュアイペディアより)

  • 野々市駅 (北陸鉄道)

    野々市駅 (北陸鉄道)から見た北陸電力北陸電力

    1941年(昭和16年)8月1日 - 北陸合同電気(現在の北陸電力)が金沢電気軌道を合併。野々市駅 (北陸鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 手取川ダム

    手取川ダムから見た北陸電力北陸電力

    水力発電についてはダム式発電所である手取川第一発電所によって最大24万キロワットの発電を行う。この手取川第一発電所は一般水力発電所としては日本屈指の発電量を誇る水力発電所でもある。さらに発電用に放流した水が下流に影響を及ぼさないように流量を一定化させる逆調整池として支流の直海谷川に手取川第三ダムを建設、同時に手取川第三発電所にて最大3万キロワットの発電を行うほか、手取川第一発電所から手取川第三発電所に流路変更を行うための調整池として手取川ダム直下流に手取川第二ダムを建設。同時に手取川第二発電所を設けて最大8万7,000キロワットの発電を行う。これにより手取川流域で新たに最大35万7,000キロワットの電力が生み出され、北陸有数の電源地帯となった。なお手取川第一発電所は電源開発の管理であるが、第二・第三発電所は北陸電力の管理である。手取川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 小屋平ダム

    小屋平ダムから見た北陸電力北陸電力

    北陸地方電気事業百年史編纂委員会編『北陸地方電気事業百年史』北陸電力、1998年(平成10年)。小屋平ダム フレッシュアイペディアより)

  • 新木富士雄

    新木富士雄から見た北陸電力北陸電力

    新木 富士雄(しんき ふじお 1937年2月21日 - )は、日本の経営者。北陸電力代表取締役会長、北陸経済連合会会長、NPO法人日本防災士機構評議員。福井県出身。新木富士雄 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸鉄道能美線

    北陸鉄道能美線から見た北陸電力北陸電力

    1941年(昭和16年)8月1日 北陸合同電気(現在の北陸電力)設立にあわせて金沢電気軌道を合併。北陸鉄道能美線 フレッシュアイペディアより)

  • でんき予報

    でんき予報から見た北陸電力北陸電力

    さらに被災していない地域でも、原子力発電所の操業再開困難等の理由から、中部電力は、6月27日から9月30日まで、『中部電力でんき予報』を実施。関西電力は、6月29日から、『関西電力でんき予報』を実施。九州電力は、7月5日から『電気の使用状況』として実施。北陸電力は、7月14日から9月30日まで)、四国電力は8月1日から9月30日までの平日のみ、北海道電力は10月6日からそれぞれ『でんき予報』として実施している。でんき予報 フレッシュアイペディアより)

194件中 61 - 70件表示

「北陸電力」のニューストピックワード