237件中 71 - 80件表示
  • 神岡鉱山前駅

    神岡鉱山前駅から見た北陸電力北陸電力

    駅前の交差点では神岡線に並行して南北に走る国道41号から東側へ国道471号が分岐しているがこの国道471号を通って高原川を渡るとやがて神岡鉱山への入り口が見えてくる。この附近には北陸電力の東町発電所などもあり工業地帯のような雰囲気である。神岡鉱山前駅 フレッシュアイペディアより)

  • Gライン石川

    Gライン石川から見た北陸電力北陸電力

    北陸電力・北陸電力リビングサービス - 営業戦略上での競合相手Gライン石川 フレッシュアイペディアより)

  • 富山新港火力発電所

    富山新港火力発電所から見た北陸電力北陸電力

    富山新港火力発電所(とやましんこうかりょくはつでんしょ)は、富山県射水市堀江千石1にある北陸電力の石油・石炭火力発電所。富山新港火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢電気軌道ED1形電気機関車

    金沢電気軌道ED1形電気機関車から見た北陸合同電気北陸電力

    その後、配電事業者でもあった金沢電気軌道は1941年8月1日に北陸合同電気に吸収合併され、その後、国策による配電事業者の統合と配電事業者の兼業禁止で旧金沢電気軌道の鉄軌道部門が独立、初代の北陸鉄道となった。金沢電気軌道ED1形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 小原ダム (福井県)

    小原ダム (福井県)から見た北陸配電北陸電力

    福井県勝山市を流れる滝波川は、石川県との県境にそびえる両白山地(加越山地)・赤兎山・大長山に端を発し、勝山市中心部で九頭竜川に合流する、長さ約20キロメートルの川である。滝波川では明治時代から当時の電力会社・京都電灯によって水力発電所の建設が進められ、1908年(明治41年)9月に完成した中尾発電所(600キロワット)を皮切りに、1918年(大正7年)3月に木根橋発電所(650キロワット)が、1919年(大正8年)4月には薬師発電所(547キロワット)が完成している。これら3発電所はのちにいずれも800キロワットに増強され、1942年(昭和17年)に北陸配電に統合。戦後は1951年(昭和26年)設立の北陸電力に継承された。小原ダム (福井県) フレッシュアイペディアより)

  • 小原ダム (福井県)

    小原ダム (福井県)から見た北陸電力北陸電力

    小原ダム(おはらダム)は、福井県勝山市、一級河川・九頭竜川水系滝波川に建設されたダム。高さ35.5メートルの重力式アーチダムで、北陸電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・滝波川第一発電所に送水し、最大1万2,300キロワットの電力を発生する。小原ダム (福井県) フレッシュアイペディアより)

  • でんき予報

    でんき予報から見た北陸電力北陸電力

    さらに被災していない地域でも、原子力発電所の操業再開困難等の理由から、中部電力は、6月27日から9月30日まで、『中部電力でんき予報』を実施。関西電力は、6月29日から、『関西電力でんき予報』を実施。九州電力は、7月5日から『電気の使用状況』として実施。北陸電力は、7月14日から9月30日まで)、四国電力は8月1日から9月30日までの平日のみ、北海道電力は10月6日からそれぞれ『でんき予報』として実施している。でんき予報 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野谷ダム

    吉野谷ダムから見た北陸電力北陸電力

    吉野谷ダム(よしのだにダム)は、石川県白山市、手取川水系尾添川に建設されたダム。高さ20.45メートルの重力式コンクリートダムで、北陸電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・吉野谷発電所に送水し、最大1万3,300キロワットの電力を発生する。吉野谷ダム フレッシュアイペディアより)

  • 中宮ダム

    中宮ダムから見た北陸合同電気北陸電力

    やがて、日本政府は国家による電気事業の管理を目指し、日本発送電が1939年(昭和14年)に設立された。比較的出力の小さい中宮発電所の収容は免れたが、今後のさらなる管理強化を見据え、北陸地方の電力会社十数社は自主的に統合して北陸合同電気を設立。雄谷川電力や小松電気もそれに乗じた。結局、北陸合同電気を始めとする北陸地方の電力会社は、日本発送電と同様に国家主導の配電会社である北陸配電に統合されることになった。戦後、日本発送電および配電会社は分割・民営化され、中宮発電所については北陸電力が継承している。中宮ダム フレッシュアイペディアより)

  • 中宮ダム

    中宮ダムから見た北陸配電北陸電力

    やがて、日本政府は国家による電気事業の管理を目指し、日本発送電が1939年(昭和14年)に設立された。比較的出力の小さい中宮発電所の収容は免れたが、今後のさらなる管理強化を見据え、北陸地方の電力会社十数社は自主的に統合して北陸合同電気を設立。雄谷川電力や小松電気もそれに乗じた。結局、北陸合同電気を始めとする北陸地方の電力会社は、日本発送電と同様に国家主導の配電会社である北陸配電に統合されることになった。戦後、日本発送電および配電会社は分割・民営化され、中宮発電所については北陸電力が継承している。中宮ダム フレッシュアイペディアより)

237件中 71 - 80件表示

「北陸電力」のニューストピックワード