194件中 81 - 90件表示
  • 小俣ダム

    小俣ダムから見た北陸電力北陸電力

    小俣ダム(おまたダム)は、富山県富山市、一級河川・常願寺川水系小口川に建設されたダム。高さ37メートルの重力式コンクリートダムで、北陸電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・小俣ダム発電所・小俣発電所に送水し、合計最大3万5,900キロワットの電力を発生する。小俣ダム フレッシュアイペディアより)

  • 珠洲原子力発電所

    珠洲原子力発電所から見た北陸電力北陸電力

    北陸電力・中部電力・関西電力の電力会社3社(以下電力3社と表記)による共同運営が予定されていたが、1975年の計画浮上から28年目の2003年12月5日に計画が凍結された。珠洲原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 中宮ダム

    中宮ダムから見た北陸配電北陸電力

    やがて、日本政府は国家による電気事業の管理を目指し、日本発送電が1939年(昭和14年)に設立された。比較的出力の小さい中宮発電所の収容は免れたが、今後のさらなる管理強化を見据え、北陸地方の電力会社十数社は自主的に統合して北陸合同電気を設立。雄谷川電力や小松電気もそれに乗じた。結局、北陸合同電気を始めとする北陸地方の電力会社は、日本発送電と同様に国家主導の配電会社である北陸配電に統合されることになった。戦後、日本発送電および配電会社は分割・民営化され、中宮発電所については北陸電力が継承している。中宮ダム フレッシュアイペディアより)

  • 中宮ダム

    中宮ダムから見た北陸合同電気北陸電力

    やがて、日本政府は国家による電気事業の管理を目指し、日本発送電が1939年(昭和14年)に設立された。比較的出力の小さい中宮発電所の収容は免れたが、今後のさらなる管理強化を見据え、北陸地方の電力会社十数社は自主的に統合して北陸合同電気を設立。雄谷川電力や小松電気もそれに乗じた。結局、北陸合同電気を始めとする北陸地方の電力会社は、日本発送電と同様に国家主導の配電会社である北陸配電に統合されることになった。戦後、日本発送電および配電会社は分割・民営化され、中宮発電所については北陸電力が継承している。中宮ダム フレッシュアイペディアより)

  • 中宮ダム

    中宮ダムから見た北陸電力北陸電力

    中宮ダム(ちゅうぐうダム)は、石川県白山市中宮、手取川水系雄谷川に建設されたダム。高さ16.6メートルの重力式コンクリートダムで、北陸電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・中宮発電所に送水し、最大3,000キロワットの電力を発生する。中宮ダム フレッシュアイペディアより)

  • 七尾大田火力発電所

    七尾大田火力発電所から見た北陸電力北陸電力

    七尾大田火力発電所(ななおおおたかりょくはつでんしょ)は、石川県七尾市にある北陸電力の火力発電所。七尾大田火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川村 (岐阜県)

    宮川村 (岐阜県)から見た北陸電力北陸電力

    岐阜県内の大多数の地域を賄う電気事業者は中部電力であり、同村の旧坂上村の地域も中部電力であるものの、旧坂下村の地域は北陸電力となっている。これは、1925年(大正12年)8月に運用を開始した富山県婦負郡細入村蟹寺(現在の富山市蟹寺)の日本電力(現在の関西電力)蟹寺発電所と大きく関係している。1923年(大正10年)10月頃に工事が始まった際、工事用動力として蟹寺地区から打保地区へ引用し、これを万波地区以外の各地区へも順次供給し、工事終了後に送電線を現在の北陸電力へ提供したためである。宮川村 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • 下小鳥ダム

    下小鳥ダムから見た北陸電力北陸電力

    神通川は岐阜県の川上岳(1,626メートル)に端を発し、富山県を経て日本海(富山湾)に注ぐ川である。岐阜県内では宮川と呼ばれており、この流域には1925年(大正14年)、日本電力によって当時日本最大規模の水力発電所・蟹寺発電所が完成した。その後、日本の電気事業は1939年(昭和14年)の日本発送電設立に象徴されるように政府の管理下に置かれることとなったが、戦後は分割・民営化され、宮川流域の水力発電所は関西電力に、それ以外の神通川流域は北陸電力に、それぞれ継承された。関西電力は設立後間もない1952年(昭和27年)より、宮川におけるダム建設事業を進め、打保ダム・坂上ダムを1953年(昭和28年)に、角川ダムを1955年(昭和30年)に完成させた。その後、宮川の支流・小鳥川における電源開発計画を構想し、1970年(昭和45年)より事業に着手した。下小鳥ダム フレッシュアイペディアより)

  • セメント協会論文賞

    セメント協会論文賞から見た北陸電力北陸電力

    (金沢大学)鳥居和之、山戸博晃、(株式会社ピーエス三菱)奥山和俊、(北陸電力)参納千夏男セメント協会論文賞 フレッシュアイペディアより)

  • 神岡鉱山前駅

    神岡鉱山前駅から見た北陸電力北陸電力

    駅前の交差点では神岡線に並行して南北に走る国道41号から東側へ国道471号が分岐しているがこの国道471号を通って高原川を渡るとやがて神岡鉱山への入り口が見えてくる。この附近には北陸電力の東町発電所などもあり工業地帯のような雰囲気である。神岡鉱山前駅 フレッシュアイペディアより)

194件中 81 - 90件表示

「北陸電力」のニューストピックワード