117件中 41 - 50件表示
  • 北陸電力

    北陸電力から見たコーポレートアイデンティティ

    1989年11月1日 - 同日よりCIを導入し、同社の営業エリアである北陸3県をイメージする3本の線で、アルファベットの「H」を表した、現在のロゴマークに変更。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た北陸放送

    海の気象ニュース→ウェザー歳時記→ほくでん ぼくの夢わたしの未来 - 北陸放送北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た興人

    1959年7月 - 創業当時からの石炭火力発電所、富山発電所を興国人絹パルプ(現・興人)に譲渡。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た富山電気ビルデイング

    1951年5月1日 - 松永安左エ門(電気事業再編成審議会委員長)のGHQへの説得による、国会決議より効力が強いGHQポツダム政令を元にした電気事業再編成令により9社電力会社体制となり、北陸電力が発足(初代社長は山田昌作)。本店が富山電気ビルデイング内に置かれる。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た北陸電気保安協会

    北陸電力グループは、前項のケーブルテレビ富山を除く全社と北陸電気保安協会で構成されており、2011年現在24社1団体となっている。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た国際原子力開発

    国際原子力開発 - 電力会社9社・メーカー3社・産業革新機構の出資により、2010年10月22日に設立された。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た富山火力発電所

    戦後は庄川や黒部川に建設された従来の水力発電所の大半が関西電力に引き渡されたことから(日本電力が開発したためだが、神通川については宮川(本流のうち、高原川との合流点より上流)を除き、例外とされた)電力が著しく不足し、1950年代から1960年代にかけて神通川や常願寺川でのダム開発が行われ、1980年代までに水力発電所が多数建設された。このため、水力発電のウエイトは比較的大きい傾向がある。その傍らで、電力の消費量も増加したため、火力発電所の開発も同時進行で進められ(1964年に完成した富山火力発電所1号機が自社初である)、有り余るほどの電力を確保することができた。1993年には自社初の原子力発電所を運用開始したが、かつては原子力発電を認めない姿勢をとっていたため、全国的には遅い導入となった。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た北日本放送

    所さんの目がテン!(日本テレビ) - テレビ金沢・北日本放送・福井放送ローカルスポンサー北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た神通川

    戦後は庄川や黒部川に建設された従来の水力発電所の大半が関西電力に引き渡されたことから(日本電力が開発したためだが、神通川については宮川(本流のうち、高原川との合流点より上流)を除き、例外とされた)電力が著しく不足し、1950年代から1960年代にかけて神通川や常願寺川でのダム開発が行われ、1980年代までに水力発電所が多数建設された。このため、水力発電のウエイトは比較的大きい傾向がある。その傍らで、電力の消費量も増加したため、火力発電所の開発も同時進行で進められ(1964年に完成した富山火力発電所1号機が自社初である)、有り余るほどの電力を確保することができた。1993年には自社初の原子力発電所を運用開始したが、かつては原子力発電を認めない姿勢をとっていたため、全国的には遅い導入となった。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸電力

    北陸電力から見た敦賀市

    北陸電力株式会社(ほくりくでんりょく)は、北陸地方(石川県・富山県全域、福井県嶺北・敦賀市、別途営業地域を参照)を営業区域とする電力会社。北陸電力 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「北陸電力」のニューストピックワード