2488件中 91 - 100件表示
  • マックス・アイティンゴン

    マックス・アイティンゴンから見た医学医学

    1893年、父の事業の本拠地がライプツィヒに移転したため、一家でドイツに移住。ギムナジウムを中退後、聴講生としてライプツィヒ大学やハレ大学に学んだ後、1902年にハイデルベルク大学へ入り、医学を学ぶ。1904年から1905年にかけてチューリヒに医学留学。1906年から1908年にかけてブルクヘルツリ精神病院で助手を務める。マックス・アイティンゴン フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た医学医学

    万人は性的指向や性同一性により医学的、心理学的治療や臨床検査を強要されない。あらゆる分類(DSM-IVやICD-10)の規定に拘わらず、個人の同性や両性への性的指向や身体とは異なる性同一性はそれ自体は病気ではなく、その意識を治療されたり抑圧されない。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 1853年

    1853年から見た医学者医学

    1月29日(嘉永5年12月20日) - 北里柴三郎、医学者・細菌学者(+ 1931年)1853年 フレッシュアイペディアより)

  • ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク

    ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクから見た医学医学

    創設当初は、法学・医学・神学・哲学の4学部であった。2003年の構造改革後、大学は12学部から構成され、それは多数の領域、学科、研究所から成る。ボローニャ・プロセスの結果としてヨーロッパの新学位基準に応じるため、たいていの学部では現在、学士・修士・博士の学位を提供している。注意が必要な例外は、法学・医学・歯学・薬学の学部課程であり、国家試験によって卒業となる。それらは、バーデン・ビュルテンベルク州によって行われる修士レベルの国歌試験(Staatsexamen)を受けることになる。ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク フレッシュアイペディアより)

  • 9月25日

    9月25日から見た医学者医学

    1879年 - 石原忍、医学者、眼科医(+ 1963年)9月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 献体

    献体から見た医学者医学

    医学者・永井隆 - 1951年(昭和26年)死亡。医学者。随筆家。解剖は長崎大学医学部附属病院(現・長崎大学病院)で行われた。献体 フレッシュアイペディアより)

  • 県立長崎シーボルト大学

    県立長崎シーボルト大学から見た医学医学

    第3代 - 池田?良(医学博士、元長崎大学学長)県立長崎シーボルト大学 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄文化

    元禄文化から見た医学医学

    自然科学では、本草学や農学・医学など実用的な学問が発達した。「本草」とは「薬のもとになる草」という意味であり、本草学は元来、自然物(植物・動物・鉱物)を人間に役立てるための学問で、とくに薬用効果を研究する中心とする薬学であったが、しだいに博物学的性格を強めた。元禄前後の時期にあって実学がおこり、ものごとを合理的に考える態度が養われたのは、当時の産業の発達や経済発展に刺激されたことを背景にしており、ここでは実証的研究が尊ばれたのである。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 養老孟司

    養老孟司から見た医学医学

    1937年(昭和12年)、神奈川県鎌倉市に小児科医・養老静江の次男として生まれる。4歳の時に父親を結核で亡くし、その後は小児科「大塚医院」を営む母、静江の腕一つで育てられる。栄光学園中学校・高等学校、東京大学医学部を卒業後、1年間のインターン(研修医)を経て1967年(昭和42年)に東京大学大学院基礎医学で解剖学を専攻し博士課程を修了、1967年(昭和42年)医学博士号を取得する。題は「ウロコ形成におけるニワトリ胎児表皮の増殖と分化」。東京大学助手・助教授を経て、1981年(昭和56年)解剖学第二講座教授となる。この間、1971年(昭和46年)から1972年(昭和47年)にかけてメルボルン大学に留学。養老孟司 フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た医学医学

    医師(いし、)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基く傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。医師 フレッシュアイペディアより)

2488件中 91 - 100件表示

「医学」のニューストピックワード