1839件中 11 - 20件表示
  • 第二高等学校 (旧制)

    第二高等学校 (旧制)から見た医学者医学

    黒川利雄 - 医学者、東北大学総長、日本学士院長第二高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 外科学

    外科学から見た医学医学

    外科学(げかがく、)は、手術によって創傷および疾患の治癒を目指す臨床医学の一分野である。外科学は外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる学問である。外科学 フレッシュアイペディアより)

  • 産科学

    産科学から見た医学医学

    産科学(さんかがく、)は、妊娠、出産等に関連する医学の分野の一つ。産科学 フレッシュアイペディアより)

  • 科学

    科学から見た医学医学

    長らく西洋より高度な水準にあった中国科学は、天文学や物理学などの領域では17?18世紀頃に西洋科学に並ばれ、ついには追い抜かれもした。だが、対象が生命に関する領域や、有機体論的な性格を帯びた領域では、単純に西洋が優れているわけではない。。特に医学の領域である。そうした、中国の科学が優れた分野として、例えばニーダムは中医学の鍼療法を挙げている。中国や日本における臨床結果から一定の効果があることが知られていて、症状によっては西洋医学でも治せないものが、鍼療法でなら治せるというものがあるが、西洋医学の理論体系では鍼療法がなぜ効くのかその原理をうまく把握することが出来ないでいる。それがなぜ効くのかの解明は、中国・日本などの協力でなされなければならない、と佐々木は述べた。科学 フレッシュアイペディアより)

  • カイロプラクティック

    カイロプラクティックから見た医学医学

    アメリカ政府の分類法ではオステオパシーは医学(西洋医学)に分類され、医学部を卒業する必要があるが、カイロプラクティックは補完代替医療に分類され、医学(西洋医学)ではない。概念として東洋医学的な哲学的思想も含まれている。カイロプラクティック フレッシュアイペディアより)

  • 医学教育

    医学教育から見た臨床医学医学

    3年次から臨床医学系の課程に進む。内科学、外科学を始めとして、小児科学、産婦人科学、精神医学など、眼科学、整形外科学、放射線医学等すべての臨床医学を学習する。近年では旧来の分野区分通りではなく病院における診療科の臓器別・疾患別の統合と同様に、内科学・外科学等と言ったセクションではなく「消化器系」や「循環器系」等と言った形になってきていることが多くなった。公衆衛生学や法医学等の社会医学も引き続き学習する。医学教育 フレッシュアイペディアより)

  • 疫学

    疫学から見た医学医学

    集団生活を営む代表的な生物は人間であるため、疫学は人間集団に流行する病気の制御に用いられることが多いが、人為的に集団生活を営む動物(例えば家畜、産業動物)に流行する病気にも適用される(ただし、集団として捉えることが困難な野生動物に疫学は適用し難い)。したがって、疫学的手法は医学、獣医学の分野において多用される。疫学 フレッシュアイペディアより)

  • 清水郁太郎

    清水郁太郎から見た医学医学

    清水 郁太郎(しみず いくたろう、安政4年10月13日(1857年11月29日) - 明治18年2月26日(1885年))は、日本の医学者、産婦人科医。医学博士第1号。初代の東京大学医学部産婦人科学教授。広島県吉津村(現・福山市)生まれ。清水郁太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 司馬亨太郎

    司馬亨太郎から見た医学者医学

    司馬 亨太郎(しば こうたろう、1862年‐1936年)は、ドイツ語学者、獨逸学協会中学校8代校長、理事。医学者・語学者の司馬凌海は父。司馬亨太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 医療人類学

    医療人類学から見た医学医学

    当初は医学史や医療・医学の哲学領域から、考古・歴史上の過去の事象や、非西洋の同時代の異文化・異民族の事象を検討することを通して、西洋近代医療概念を相対化するために、この学問領域が登場してきた。したがって医療・医学の研究から人類学の方法論や概念を身につけて研究した人たちと、人類学の分野から医療すなわち病気・健康・保健を対象とする学問を研究する人たちの2つに大別することができた。やがて人類学研究の細分化が加速し医療人類学の専門を名乗る人たちが出てきて、専門学会や研究会を組織し、学術雑誌を出すようになり、今日のような研究領域ができあがった。医療人類学 フレッシュアイペディアより)

1839件中 11 - 20件表示

「医学」のニューストピックワード