1839件中 51 - 60件表示
  • 橋田邦彦

    橋田邦彦から見た医学者医学

    橋田 邦彦(はしだ くにひこ、明治15年(1882年)3月15日 - 昭和20年(1945年)9月14日)は、日本の医学者、教育者。医学博士。号は無適。旧姓藤田。生理学者藤田敏彦の実弟。橋田邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 西昭徳

    西昭徳から見た医学医学

    1960年生まれ。宮崎医科大学の医学部医学科にて医学を学び、1985年に卒業した。西昭徳 フレッシュアイペディアより)

  • 人類生物学

    人類生物学から見た医学医学

    人類生物学(じんるいせいぶつがく、英語:human physiology)は、ヒトを対象とした生物学の一分野であり、医学、霊長類学や他の様々な分野と密接に関連している。人類生物学 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷芸術科学大学

    倉敷芸術科学大学から見た医科学医学

    芸術学部(美術工芸学科、デザイン学科、メディア映像学科)、産業科学技術学部(IT科学科、起業経営学科、観光学科)、生命科学部(生命科学科、生命医科学科、生命動物科学科、健康科学科)となる。倉敷芸術科学大学 フレッシュアイペディアより)

  • 人工臓器

    人工臓器から見た医学医学

    つまり交換するべき、器官や部位に対して、生きた細胞を操作したり、ある種の材料を埋め込む事によって、新たに組織を形成する事によって生まれた人工臓器の事である。この種の人工臓器を生み出す技術は、再生医学や組織生体工学と呼ばれており、医学の研究者のみならず、細胞や遺伝子を扱う分子生物学の研究者、プラスチックや高分子材料を扱う材料工学の研究者などが、学問領域の枠を超えて学際的な研究開発を行う事によって生まれた技術である。人工臓器 フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科学

    麻酔科学から見た医学医学

    麻酔科学(ますいかがく、)は、手術などの麻酔を中心とした医学一分野のひとつ。最近では生命維持全般を扱うにまで発展している。麻酔科学 フレッシュアイペディアより)

  • 合併症

    合併症から見た医学医学

    合併症(がっぺいしょう)とは、「ある病気が原因となって起こる別の病気」または「手術や検査などの後,それらがもとになって起こることがある病気」の二つの意味を持つ医学用語である。合併症 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン

    ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マインから見た医学医学

    ニーダーラート (Niederrad):医学、大学病院ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン フレッシュアイペディアより)

  • 薬学

    薬学から見た医学医学

    1940年代以前は、前者は医学における一大分野であり、後者は有機化学の主たるテーマの1つであった。20世紀に入り有機化学、生物学および医学の著しい発展とともに「薬」を軸とする学問分野も展開し、1950年代になると、(日本国では)それらを統合した薬学を専攻する機関として薬学部が設置され、医学や化学などとの領域分担が明確になっていった。薬学 フレッシュアイペディアより)

  • 統計学

    統計学から見た医学医学

    英語で統計または統計学を statistics と言うが、語源はラテン語で「状態」を意味する statisticum であり、この言葉がイタリア語で「国家」を意味するようになり、国家の人力、財力等といった国勢データを比較検討する学問を意味するようになった。現在では、医学(疫学、EBM)、薬学、経済学、社会学、心理学、言語学など、自然科学・社会科学・人文科学の実証分析を伴う分野について、必須の学問となっていることは論を俟たない。また、統計学は哲学の一分科である科学哲学においても重要なひとつのトピックスになっている。これは、統計学が科学的な研究において方法論上の基礎的な部分を構成していながら、確率という一種捉えがたい概念を扱っているためであり、その意味や在り方が帰納の正当性の問題などと絡めて真剣に議論される。統計学 フレッシュアイペディアより)

1839件中 51 - 60件表示

「医学」のニューストピックワード