2488件中 51 - 60件表示
  • シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア

    シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディアから見た医学医学

    シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア(, Springer)は、科学(Science)、技術(Technology、工学など)、医学(Medicine)、すなわちSTM関連の書籍、電子書籍、査読済みジャーナルを出版するグローバル企業である。シュプリンガーはまた、"SpringerLink"(「シュプリンガー・リンク」)、"SpringerProtocols"(「」)、"SpringerImages"(「シュプリンガー・イメージ」)、"SpringerMaterials"(「シュプリンガー・マテリアル」)などいくつかの科学データベース・サービスのホスティングも行っている。シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア フレッシュアイペディアより)

  • 免疫系

    免疫系から見た医学医学

    新生児はあらかじめ微生物に接触することはなく特に感染を受けやすい。そこで母親からいくつかの階層からなる受動防御が提供される。妊娠中抗体の特別の型IgGが胎盤を経由して直接母親から胎児に輸送される。したがってヒト新生児は誕生時すでに高レベルの母親と同じ抗原特異性の幅を持った抗体をもっている。母乳も抗体をもっており赤ん坊の胃に移動し、新生児が自分自身の抗体を合成できるまで、細菌感染を防御する。これは受動免疫であって、胎児は実際記憶細胞あるいは抗体を作らずそれらを母親から借用するだけであるから、この受動免疫は普通短期間のもので、数日から数カ月しか続かない。医学では、防御的な受動免疫が、ある個人から他人へ抗体リッチな血清を人工的に移すことでも行いうる。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • MEDLINE

    MEDLINEから見た医学医学

    MEDLINE(メドライン)またはMEDLARS Online (MEDical Literature Analysis and Retrieval System Online) は、医学を中心とする生命科学の文献情報を収集したオンラインデータベースである。1964年に米国国立医学図書館 (National Library of Medicine; NLM) が作成したコンピューター化医学文献データベース「MEDLARS」は、1971年10月27日にオンライン検索サービスが開始され、1997年にはPubMedの名でインターネットに無料公開された後、改良が重ねられて成長を続け、2007年現在、月に7000万回程度のアクセスがある世界で最もよく使用される生物医学系データベースである。MEDLINE フレッシュアイペディアより)

  • ニールス・フィンセン

    ニールス・フィンセンから見た医学医学

    ニールス・リーベング・フィンセン(Niels Ryberg Finsen, 1860年12月15日 - 1904年9月24日)はデンマーク・フェロー諸島の内科医、科学者。1903年、疾患の治療への貢献、特に尋常性狼瘡への光線治療法により、医学に新しい道を開いたことを評し、ノーベル生理学・医学賞が授与された。彼がデンマーク人で最初のノーベル賞受賞者である。ニールス・フィンセン フレッシュアイペディアより)

  • モンペリエ大学

    モンペリエ大学から見た医学医学

    フランソワ・ラブレー - 医師免許と医学博士号を取得し、教鞭も執った。1239年以降の医学部教授の肖像画ギャラリーには彼の肖像画も含まれている。モンペリエ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本教育史

    日本教育史から見た医学医学

    蘭学を基礎に、幕末にかけて自然科学を中心とした洋学が発達した。しかし、幕府の規制により実学の分野に留まった。洋学者の系譜は青木昆陽とツンベルクを始まりとするものであり、のちに語学・医学・物理学・天文学・測地学・化学・植物学の分野で大いに発展した。日本教育史 フレッシュアイペディアより)

  • 中山平次郎

    中山平次郎から見た医学医学

    中山平次郎は、1871年(明治4年)、現在の京都市上京区に生まれた。東京市に移った後、家業であった医学の道を進み、1900年(明治33年)、東京帝国大学医科大学を卒業し、ドイツ・オーストリア留学から帰国した1906年(明治39年)には、京都帝国大学・福岡医科大学(のちの九州大学医学部)の教授に就任した。しかし、解剖の際に罹った感染症をきっかけに次第に医学を離れ、少年時代に興味を持っていた考古学の研究に打ち込むようになった。主に九州北部をテーマとして研究し、1930年(昭和5年)には、九州考古学会を設立した。1931年(昭和6年)9月15日、九州帝国大学定年退官に際し正三位に叙せられた。1950年(昭和25年)、西日本文化賞を受賞した。1956年(昭和31年)、84歳で死去した。中山平次郎 フレッシュアイペディアより)

  • パラケルスス

    パラケルススから見た医学医学

    当時の主流であったスコラ哲学的解釈に対して自然の直接の探求を主張し、大宇宙と小宇宙(人間)の照応を基盤とする統一的世界観を、崩壊した中世農民世界の断片から形成することを目指した。そのためあらゆる領域で従来の考えと戦わねばならず、彼の著作のほとんどは論争書となった。パラケルススの研究は文献研究より実践によるものであった。医学においては、西洋医学の基本概念である四体液説に反対し、人間の肉体に対する天の星(星辰)の影響を認める医療占星術の流れを汲んで、独特の原理に基づく治療法・診断法を唱えた。錬金術の研究から、これまでの医学に化学を導入し、酸化鉄や水銀(梅毒の治療に使った)、アンチモン、鉛、銅、ヒ素などの金属の化合物を初めて医薬品に採用した。この業績から「医化学の祖」と呼ばれる。梅毒(フランス病)や鉱山労働者の職業病である鉱山病、精神病理などの個別研究も多く行った。当時梅毒の薬とされたユソウボク(癒瘡木、グアヤック)が梅毒に効果がないことを明らかにし、グアヤック(英:Guaiacum)の輸入ビジネスに関わり巨万の富を得ていたフッガー家を敵に回した。また、パラケルススを賞賛する人たちからは「医学界のルター」と呼ばれたが、パラケルススは「私をあんな下らない異端者と一緒にするな。」と言い放ったと言われる。パラケルスス自身はカトリックであり、彼の思想はルターの福音主義とも人文主義とも異なる秘教主義的哲学の流れをくむ、魔術的自然哲学であった。パラケルスス フレッシュアイペディアより)

  • 診療報酬請求事務能力認定試験

    診療報酬請求事務能力認定試験から見た医学医学

    試験は全国一斉統一試験で、医科と歯科に分かれている。厚生労働省後援のため、医療保険事務関連の資格としては最も知名度が高い。診療報酬請求事務能力認定試験 フレッシュアイペディアより)

  • 西昭徳

    西昭徳から見た医学医学

    1960年生まれ。宮崎医科大学(現・宮崎大学)の医学部医学科にて医学を学び、1985年に卒業した。西昭徳 フレッシュアイペディアより)

2488件中 51 - 60件表示

「医学」のニューストピックワード