2488件中 61 - 70件表示
  • 幕末期の文化

    幕末期の文化から見た医学医学

    蝦夷地でも、蘭学者武田斐三郎とその弟子たちが城郭のみならず西洋式灯台を築いている。箱館奉行所は、文久2年(1862年)より1年間、米国人2名を雇用して蝦夷地南部一帯の鉱山・地質の調査にあたらせ、慶応3年(1867年)から翌年にかけてはイギリス人2名に茅沼炭鉱の調査・採掘を委託、さらに箱根近郊七重村に模範農場の設置を検討して、それをプロイセン貿易商のガルトネルに依頼するなど西洋技術の導入には熱心であった。この時期、箱館の日本人は箱館に居留した外国人たちからパンや巻煙草の製法、写真術、絵画、医学などを学んでいる。幕末期の文化 フレッシュアイペディアより)

  • 音声学

    音声学から見た医学医学

    音声学(おんせいがく、、)とは、音声に関する研究を指す。言語学の一分野であるとともに、音楽に関する一分野でもある。ともに、発声器官に関する医学的研究を含む。音声学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学

    化学から見た医学医学

    化学という学問領域が取り扱う物質は、特に化学物質が中心となる。化学物質は原子・分子・イオンなどが複雑に絡み合いながら作られるため膨大な種類にわたり、その全てを含む壮大な物質世界・生命世界が対象となる。それゆえ化学は、基盤科学と定義づけられる。物質を分子やその集合体の大きさ単位で扱う化学は基礎的であるがゆえに、関連する学問は、理学や工学から医学・薬学、農業・環境分野など多岐にわたる上、特に近年にバイオテクノロジーやエレクトロニクス、新素材や高機能材料など現代科学の最先端技術に新物質や設計・製造の新手段を発明する上で欠かせないものとなっている。化学 フレッシュアイペディアより)

  • アーユルヴェーダ

    アーユルヴェーダから見た医学医学

    アーユルヴェーダ(、ラテン翻字:)はインド大陸の伝統的医学である。ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつであり、相互に影響し合って発展した。トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられており、これがアーユルヴェーダの根本理論である。アーユルヴェーダ フレッシュアイペディアより)

  • IMRAD

    IMRADから見た医学医学

    は、文章構成 (Organization) の型式 (Style) の名称の1つである。IMRADの名前は、Introduction, Methods, Results And Discussionの略に因む。その名前の由来通り、IMRAD型の文章は、その骨格部が、少なくともIntroduction, Methods, Results, Discussionの4つの部分に分かれることを特徴とする。主に実証研究に基づく自然科学、工学、医学、社会科学、一部の人文科学の論文において、この形式に従った章立てが、よく採用されている。IMRAD フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た医学医学

    感染症の歴史は生物の出現とその進化の歴史とともにあり、有史以前から近代までヒトの疾患の大きな部分を占めてきた。感染症や疫病に関する記録は、古代メソポタミア文明にあってはバビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』にすでに四災厄のなかのひとつに数えられ、同時期のエジプトでもファラオの威光は悪疫の年における厄病神に比較されている。中国にあっても、紀元前13世紀における甲骨文字の刻された考古資料からも疫病を占卜する文言が確認されている。そしてまた、医学の歴史は感染症の歴史に始まったといっても過言ではない。感染症は、民族や文化の接触と交流、ヨーロッパ世界の拡大、世界の一体化などによって流行してきた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 科学史

    科学史から見た医学医学

    クラウディオス・プトレマイオスが『アルマゲスト』(『天文学大全』)をまとめ、ガレノスが医学の研究を、クテシビオスや " アレクサンドリアのヘロン " は気体の研究を行う。科学史 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク

    アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルクから見た医学医学

    創立時には医学、法学、哲学、神学の4学部であったが、現在は11の学部を擁し、学生数約2万5千人、アカデミックスタッフ9,000人の総合大学である。哲学者マルティン・ハイデッガー、神学者グレゴール・ライシュなど、多くの高名な学者が教鞭を執った。卒業生の中にも、哲学者ハンス・ゲオルク・ガダマーや社会学者ニクラス・ルーマンといった著名な学者がいる。アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク フレッシュアイペディアより)

  • 緒方医学化学研究所

    緒方医学化学研究所から見た医学医学

    医学、歯学、薬学、生物学関係の研究調査を主とし、1942年(昭和17年)に創刊された発行誌『医学と生物学』(Medical and Biology)は、アメリカ化学会(ACS)のケミカルアブストラクトにも編纂されており、国際的にも評価のある学術誌であった。緒方医学化学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方医学化学研究所

    緒方医学化学研究所から見た社会医学医学

    『医学と生物学』(Medical and Biology)とは、(財)緒方医学化学研究所医学生物学速報会が発行していた月刊学術雑誌(A4版)である(平成25年6月号にて廃刊)。1942年(昭和17年)に創刊され、60年以上経過した現在も月刊で発行中であり、学術雑誌の大御所の一つである。医学、歯学、薬学などの基礎医学系から臨床医学系、社会医学など幅広い分野で活躍している数多くの第一線研究者が研究発表を行っており、アメリカ化学会(ACS)のケミカルアブストラクト(Chemical Abstracts)などにも掲載されており、国際的にも評価がある。なお、本誌は血清学専門雑誌ではない(詳細はHP参照)。本誌の購読には、同研究所主催の研究会(医学生物学速報会)に入会しなくてはならなかった。緒方医学化学研究所 フレッシュアイペディアより)

2488件中 61 - 70件表示

「医学」のニューストピックワード