1839件中 61 - 70件表示
  • 化学

    化学から見た医学医学

    化学という学問領域が取り扱う物質は、特に化学物質が中心となる。化学物質は原子・分子・イオンなどが複雑に絡み合いながら作られるため膨大な種類にわたり、その全てを含む壮大な物質世界・生命世界が対象となる。それゆえ化学は、基盤科学と定義づけられる。物質を分子やその集合体の大きさ単位で扱う化学は基礎的であるがゆえに、関連する学問は、理学や工学から医学・薬学、農業・環境分野など多岐にわたる上、特に近年にバイオテクノロジーやエレクトロニクス、新素材や高機能材料など現代科学の最先端技術に新物質や設計・製造の新手段を発明する上で欠かせないものとなっている。化学 フレッシュアイペディアより)

  • 2月3日

    2月3日から見た医学者医学

    1908年 - 永井隆、『長崎の鐘』『この子を残して』の著者として有名な医学者(+ 1951年)2月3日 フレッシュアイペディアより)

  • 1853年

    1853年から見た医学者医学

    1月29日(嘉永5年12月20日) - 北里柴三郎、医学者・細菌学者(+ 1931年)1853年 フレッシュアイペディアより)

  • 9月25日

    9月25日から見た医学者医学

    1879年 - 石原忍、医学者、眼科医(+ 1963年)9月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 生化学

    生化学から見た医学医学

    生物物理学、細胞生物学、分子生物学、などとも関連は深く、また応用化学としては生理学、生物工学、免疫学、遺伝学などとも連携して研究される為に、生化学とそれらの学問分野との境界は曖昧である。原理や方法は医学、薬学、農学などで実利的な応用にも役立ち、医学との連携では医化学や臨床化学というジャンルで呼ばれる場合もある。生化学 フレッシュアイペディアより)

  • 漢方医学

    漢方医学から見た医学医学

    漢方医学(かんぽういがく)とは古代?近世まで、大陸から断続的に伝来する経験医学を独自に体系化した、日本固有の医学である。特に江戸期には黄金時代を迎え、この時代の成果の多くが中国に逆輸出され、近年、現代中医学が形成される上で大きな影響を与えた。漢方医学は、伝統的診断法によって、使用する生薬の選別と調合を行う。このように処方された生薬方を漢方薬と称す。また一般に漢方医学と呼ぶ場合、そこには、生薬方に加えて鍼灸・按摩、食養生などが含まれる。漢方医学 フレッシュアイペディアより)

  • 音声学

    音声学から見た医学医学

    音声学(おんせいがく、)とは、音声に関する研究を指す。言語学の一分野であるとともに、音楽に関する一分野でもある。ともに、発声器官に関する医学的研究を含む。音声学 フレッシュアイペディアより)

  • 工学

    工学から見た医学医学

    目的や方向性は異なるが、医学と工学の一部の分野の共通部分として人体の研究がある。医学においては、必要ならテクノロジーを使ってでも人体の機能を維持・強化し、場合によっては人体の一部を代替することも目指すことがある。工学 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾大学

    慶應義塾大学から見た医学医学

    「義塾」の「義」は社会公共のため協力して事を行う。という意味があり、これを念頭に置いている。大きな柱は「医療」と「研究」である。蘭学から適塾、慶應義塾医学所、北里柴三郎による伝染病研究所、北里研究所、満鉄衛生研究所までの歴史を汲む慶應義塾伝統の学問に立脚する医学は今日、ハーバード大学医学大学院と1890年(明治23年)以来の長年の研究リンクを持ち、伝染病研究所を母体とする歴史を持つ理化学研究所と連携・協力を行っている。終戦後は旧中島飛行機株式会社青年学校へ基礎学科の研究室を約十年間移し、研究活動を行っていた(のちの武蔵野分校)。グローバルCOEプログラム取得や慶應医学賞設立も行っている。大学部時代の各学科の特徴としては、『四書五経』などの研鑽を積んだのち、数学を基礎学とした有形学から入って、無形の学へ進む編成が成されており、この伝統は当世の各学問分野においても根付いている。実学の精神である、「実証に基づく理論的、合理的な科学(サイエンス)」(窮理図解)や「自我作古」の精神等から伝統的な学術研究に加え、医療、産官学連携や知財活動などを通した研究を行っており、科学研究費補助金は全体の10%に過ぎない。なお、上海交通大学によると、2010年度「総合201-250位(日本10位・私大1位)」「THE-QS World University Rankings」アジア版によると、2009年度「アジア20位(日本10位・私大1位)」、「ゴーマン・レポート (The Gourman Report)」によると、医学分野で「全世界17位(日本1位)」、パリ国立高等鉱業学校によると、2007年度「全世界11位(日本2位)」であった。トムソン・ロイターが発表した論文の引用動向からみる日本の研究機関ランキング(1999年 - 2009年)では、被引用数で国内13位。ISI-トムソン・サイエンティフィックの論文引用度指数は材料科学分野で日本国内1位(2004年 - 2008年)。分子生物学、遺伝学、精神医学、心理学、人文社会科学の各分野がトップ10入り(2002年 - 2006年)する他、高被引用論文では神経科学、臨床医学、生物学・生化学の各分野がいずれもトップ7以内に位置している。「特許資産規模」では国内の大学・研究機関で4位に位置している。戦前には枢密顧問官へ定期的に器量人を輩出、昨今は日本人宇宙飛行士を2名輩出している。文系では、その他官公私立大などが行うマスプロ教育を忌避しており、ゼミナールを中心とした少人数教育を一貫して追求している。慶應義塾大学 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーグルト

    ヨーグルトから見た医学者医学

    いわゆるヨーグルトに相当する食品は世界各国に存在し、それぞれの国で色々な名で呼ばれている。欧米や日本でこの乳製品を指すのに用いられる「ヨーグルト」という言葉は、トルコ語でヨーグルトを意味する「ヨウルト()」に由来する。ヨウルトは「攪拌すること」を意味する動詞の派生語で、トルコにおけるヨーグルトの製法を反映している。この名称が広まったのは、ロシアの医学者イリヤ・メチニコフがブルガリア(当時はロシアの支配下だが、直前までオスマン帝国領)訪問の際に、現地の伝統食のヨーグルトを長寿の秘訣として、世界中に広めたからである。ヨーグルト フレッシュアイペディアより)

1839件中 61 - 70件表示

「医学」のニューストピックワード