医師不足 ニュース&Wiki etc.

医師不足(いしぶそく)とは、医師の数が、医療に必要とされる人数に比べて不足すること。本項では20世紀末以降の日本における医師不足について記述する。 (出典:Wikipedia)

「医師不足」Q&A

  • Q&A

    あらゆる病気を治すコレ!知ってますか!? うつ病も治る! 名称『コウケントー』 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月6日 01:12

  • Q&A

    お医者さんって外科と内科の両方を学んで、最終的にどちらか選ぶって感じでしょうか? あ…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年12月5日 00:07

  • Q&A

    妊娠17週目の体重増加について。(長くなります) [前置き]現在妊娠17週です。 …

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年12月4日 15:29

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「医師不足」のつながり調べ

  • 地域医療

    地域医療から見た医師不足

    2000年前後から、人口の少ない市町村の自治体病院や、へき地診療所の経営困難が表面化している。これは、いわゆる三位一体の改革で地方交付税を減らされた自治体が、赤字の公立医療機関を支えきれなくなったためである。診療報酬の改訂で、医療機関の収入が減少したことも、この傾向に拍車をかけた。また臨床研修制度の施行に伴う医師不足も深刻で、産婦人科や小児科などでは、診療科の閉鎖が相次いでいる。地域医療の中心となる公的医療機関の体力は、ここ数年で急激に消耗しており、地域医療の提供体制にほころびが生じかねない状態となっている。地域の医療供給体制を維持・発展させるために、あらためて地域の住民との連携や協働が必要になってきている。(地域医療 フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見た医師不足

    麻酔科は医師不足が深刻な診療科であり、最も不足した時期には、麻酔科医4人が一斉退職したある市立病院で、麻酔科医の求人に年収3500万円と記載されたことが話題となった。医療崩壊が叫ばれた時期には内科と並んで集団退職が目立つ診療科として取り上げられた。これを踏まえて日本麻酔科学会から行政へ繰り返し提言が行われた。この提言の詳細については、公式にアナウンスされておらず、既にリンク切れになっているようだが、厚生労働省のサイトから審議の際のプレゼンテーションの形になったPDFファイルを閲覧できる。その内容は各国との比較、女性医師の復帰支援、看護麻酔師制度の問題点など多岐にわたっている。時には手術室を掛け持ちする麻酔科医の日常を、脚色を加えて描いた漫画作品として麻酔科医ハナがある。人口当たりで最も不足しているのは、三重県、新潟県、茨城県、埼玉県であるとする統計がある。全身麻酔件数当たりで最も不足しているのは福島県と岩手県であるとする概算がある。根拠となる出典が確認できないものの、同ウェブページを含めて、麻酔科医が健康に働ける全身麻酔症例数として年間300例、月間25例を基準にしたウェブページが複数ある。全身麻酔件数は複数の麻酔科医で担当した場合も含んで平均29.4例/月で、手術室の責任者として関与した全身麻酔件数の合計は平均37.7例/月であったとする集計がある。しかし前者はヒストグラム上で30?40件にピークを持つ。麻酔科医不足のニュースは、2008年をピークとして現時点の2010年2月には、新たな記事としては、ほとんど見られなくなった。(麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

「医師不足」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「医師不足」のニューストピックワード