前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • 町立南伊勢病院

    町立南伊勢病院から見た医師不足医師不足

    南勢町は病院を改築し、X線診断装置や胃カメラなど当時としては最新鋭の設備を導入し、施設充実を行って経営を好転させた。しかし、大阪大学医学部から受けていた医師の派遣が途絶え医師不足が問題化し、再び経営難に陥った。その後町有林を売却するなどして赤字を埋め合わせたが根本的な解決を見なかった。町立南伊勢病院 フレッシュアイペディアより)

  • 救命病棟24時

    救命病棟24時から見た医師不足医師不足

    第2シリーズでは学長選挙や出世争い、派閥抗争、院内孤立なども描き、テレビドラマ的なバラエティ要素も取り入れつつ、トリアージや脳死移植を扱った話も挿入された。第3シリーズでは災害医療を描いたものであり東京が大震災に見舞われるという想定シミュレーション要素を取り入れ、第4シリーズでは救命医療の現状を描いたものであり医師不足など救急医療の厳しい現実を取り入れた。また、第1・2シリーズは、本作と同じく江口洋介が主演を務めた「モナリザの微笑」と微妙にリンクしており、進藤と堺(演:杉本哲太)が同じような構図で対決しているシーンが見受けられるほか、特に第2シリーズにはモナリザ関係者が医師役で多数出演している。救命病棟24時 フレッシュアイペディアより)

  • 地域医療機能推進機構可児とうのう病院

    地域医療機能推進機構可児とうのう病院から見た医師不足医師不足

    公立病院のない可児市において可児とうのう病院は市民病院的な役割も負っており、可児市による第三次総合計画においても本院を地域医療の中核病院に位置づけ、医療機能の充実に対して支援していくことを明記している。また中濃医療圏域における二次医療を担う病院として主に可茂地域南部(可児市・可児郡)の救急医療への対応を行っており、年間1200-1300台の救急搬送を受け入れている。しかし全国的な医師不足問題は当地域でも例外ではなく、2006年3月に産婦人科が休診(婦人科は翌月より再開)となっており、可児市におけるハイリスク出産等の場合には岐阜県立多治見病院や木沢記念病院など近隣の総合病院へ搬送をせざるを得ないのが現状である。地域医療機能推進機構可児とうのう病院 フレッシュアイペディアより)

  • インターン制度

    インターン制度から見た医師不足医師不足

    戦時中の医師不足は深刻であり、七帝大六医大に臨時医学専門部を設置したり、各地に医専・女子医専を急増したが、医師の養成には時間がかかるため、即効性はなかった(詳しくは戦時中の医師不足対策を参照)。インターン制度 フレッシュアイペディアより)

  • 医学部地域枠推薦

    医学部地域枠推薦から見た医師不足医師不足

    医学部地域枠推薦(いがくぶちいきわくすいせん)とは、僻地の医者不足を解消するため各地方の国公私立大学医学部医学科が設置している推薦入試枠のことである。医学部地域枠推薦 フレッシュアイペディアより)

  • 医療難民

    医療難民から見た医師不足医師不足

    マンパワーの不足(医師不足)医療難民 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩市立国民健康保険浜島診療所

    志摩市立国民健康保険浜島診療所から見た医師不足医師不足

    第二次世界大戦終結後の1950年(昭和25年)には近隣町村からの患者が増加、医師増員の声を受けて3名に拡充された。医師の交代が頻発するという不安定さはあったが診療所の経営は順調に推移していた。更に1957年(昭和32年)には病棟を増設、翌1958年(昭和33年)には「浜島町立病院」に昇格を果たした。しかしながら、昇格からわずか2年後の1960年(昭和35年)頃には医師不足が表面化、浜島町は医師の派遣を受けていた系列大学への嘆願に奔走した。これを見かねた患者たちは、交通の便が良くなった阿児町鵜方(現在の志摩市阿児町鵜方)にある三重県立志摩病院や民間診療所へ流出するようになり、開設以来初めて入院患者がほぼ0人となってしまった。志摩市立国民健康保険浜島診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 新城市民病院

    新城市民病院から見た医師不足医師不足

    2次救急を担う東三河・奥三河の基幹病院である。深刻な医師不足から診療科の休診が相次いだ。現在は休診日および診療時間外の救急診療が制限されており、近隣の豊川市民病院、豊橋市民病院などが対応にあたる。新城市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 地域医療

    地域医療から見た医師不足医師不足

    2000年前後から、人口の少ない市町村の自治体病院や、へき地診療所の経営困難が表面化している。これは、いわゆる三位一体の改革で地方交付税を減らされた自治体が、赤字の公立医療機関を支えきれなくなったためである。診療報酬の改訂で、医療機関の収入が減少したことも、この傾向に拍車をかけた。また臨床研修制度の施行に伴う医師不足も深刻で、産婦人科や小児科などでは、診療科の閉鎖が相次いでいる。地域医療の中心となる公的医療機関の体力は、ここ数年で急激に消耗しており、地域医療の提供体制にほころびが生じかねない状態となっている。地域の医療供給体制を維持・発展させるために、あらためて地域の住民との連携や協働が必要になってきている。地域医療 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都職員共済組合青山病院

    東京都職員共済組合青山病院から見た医師不足医師不足

    病院として最盛期には11の診療科を擁していたものの、2004年(平成16年)の新医師臨床研修制度開始後には、医師不足のために複数の診療科で医局人事による派遣医師の引き上げが生じた。東京都職員共済組合青山病院 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「医師不足」のニューストピックワード