32件中 11 - 20件表示
  • 町立南伊勢病院

    町立南伊勢病院から見た医師不足医師不足

    南勢町は病院を改築し、X線診断装置や胃カメラなど当時としては最新鋭の設備を導入し、施設充実を行って経営を好転させた。しかし、大阪大学医学部から受けていた医師の派遣が途絶え医師不足が問題化し、再び経営難に陥った。その後町有林を売却するなどして赤字を埋め合わせたが根本的な解決を見なかった。町立南伊勢病院 フレッシュアイペディアより)

  • 病理科

    病理科から見た医師不足医師不足

    日本医師会の報告で病理診断科の不足が示された。診療科別の最低必要な医師数(現状との比較)では、病理診断科は3.77であり、医師不足についてマスコミがしばしば取り上げる婦人科の2.91よりも病理医の不足は深刻であるという。病理科 フレッシュアイペディアより)

  • 関西医科大学研修医過労死事件

    関西医科大学研修医過労死事件から見た医師不足医師不足

    しかしそれによって研修医の労働力に依存していた地方自治体の医療体制が大きなダメージを受け、大学医局の縮小や地方医療崩壊が発生するなど新たな問題が発生した。(詳しくは医師不足・医療崩壊を参照)関西医科大学研修医過労死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 医療難民

    医療難民から見た医師不足医師不足

    マンパワーの不足(医師不足)医療難民 フレッシュアイペディアより)

  • 医官

    医官から見た医師不足医師不足

    また、昨今の医師不足の状況下において、多数の病院が医官を引き抜き(ヘッドハンティング)をしている。医師が欲しい病院と上記の通り給与、昇進、技術面での悩みがある医官の利害が一致し、自衛隊での医官不足が生じている。外での研修先病院に引き抜かれることが多い。また、国庫返還金も病院側が負担する場合がある。医官 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊病院

    自衛隊病院から見た医師不足医師不足

    近年はへき地医療における医師不足が深刻化していることから、自衛隊病院の医官が地方の公立病院に派遣される例もあり(札幌病院、舞鶴病院など)、へき地医療に対する医師供給源としても重要になっている。自衛隊病院 フレッシュアイペディアより)

  • 医学部地域枠推薦

    医学部地域枠推薦から見た医師不足医師不足

    医学部地域枠推薦(いがくぶちいきわくすいせん)とは、僻地の医者不足を解消するため各地方の国公私立大学医学部医学科が設置している推薦入試枠のことである。医学部地域枠推薦 フレッシュアイペディアより)

  • 公立病院

    公立病院から見た医師不足医師不足

    地方自治体の財政難や医師不足などに伴って、自治体病院では統廃合や民間への譲渡などの再編が進んでおり、2011年(平成23年)までの5年間に、全国の施設数は413(全体の8.3%)減少した。これらには、赤字経営や内科医の全員退職に伴って2011年(平成23年)4月に産業医科大学に譲渡された北九州市立若松病院(北九州市)や、医師不足の深刻化によって2010年(平成22年)10月に診療所に格下げされた大分県立三重病院の例などが含まれる。公立病院 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩市立国民健康保険浜島診療所

    志摩市立国民健康保険浜島診療所から見た医師不足医師不足

    第二次世界大戦終結後の1950年(昭和25年)には近隣町村からの患者が増加、医師増員の声を受けて3名に拡充された。医師の交代が頻発するという不安定さはあったが診療所の経営は順調に推移していた。更に1957年(昭和32年)には病棟を増設、翌1958年(昭和33年)には「浜島町立病院」に昇格を果たした。しかしながら、昇格からわずか2年後の1960年(昭和35年)頃には医師不足が表面化、浜島町は医師の派遣を受けていた系列大学への嘆願に奔走した。これを見かねた患者たちは、交通の便が良くなった阿児町鵜方(現在の志摩市阿児町鵜方)にある三重県立志摩病院や民間診療所へ流出するようになり、開設以来初めて入院患者がほぼ0人となってしまった。志摩市立国民健康保険浜島診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ベイ・浦安市川医療センター

    東京ベイ・浦安市川医療センターから見た医師不足医師不足

    1913年に浦安町と南行徳村が伝染隔離病舎を設置したのが始まりである。現在の病院は1951年6月に国民健康保険直営葛南病院として開設され、1965年10月に総合病院の承認を受け、1997年4月に浦安市川市民病院と改称した。しかし、医師不足による常勤医の減少、厳しい経営状況により存続が困難となり、運営していた一部事務組合である「浦安市市川市病院組合」が2006年2月8日に「浦安市川市民病院事業の運営形態を民設民営にすることを求める意見書」を採択。移譲先の決定を受けて組合は2009年3月31日をもって解散、旧病院は閉院し、4月1日より東京ベイ・浦安市川医療センターが開院した。東京ベイ・浦安市川医療センター フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「医師不足」のニューストピックワード