32件中 21 - 30件表示
  • 舛添要一

    舛添要一から見た医師不足医師不足

    奈良県のいわゆる「妊婦たらい回し事件」(2007年8月)などを背景に、舛添は現場の医師から情報収集を行い、医師不足の問題への取り組みを始める。ただし、当時の厚労省は、現場の医師の声とは180度異なり、1997年の閣議決定に基づき「医師は余っている」との認識を変えていなかった。そこで、舛添は2008年1月、医政局に指示し「安心と希望の医療確保ビジョン検討委員会」を設置。人選が医政局によって進められたこともあり委員会の議論は医師過剰論に流れがちであったが、舛添は現場からの情報を提示することで委員や職員を説得し、「従来の閣議決定に代えて、医師養成数を増加させる」などの文言を盛り込んだビジョンを策定した。舛添要一 フレッシュアイペディアより)

  • 介輔

    介輔から見た医師不足医師不足

    医介輔は医師不足を補うための「代用医師」として、医師助手や衛生兵経験者らを対象に付与された。制度が作られた1951年(昭和26年)に126名が認定され、最後の1人は2008年(平成20年)まで診療を行っていた。介輔 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部知子

    阿部知子から見た医師不足医師不足

    現在も非常勤で小児科医として医療に携わっているため、医師不足の問題や、高齢者医療(後期高齢者医療制度)などに対して積極的な発言を行っている。その主張は以下の著作に詳しい(2008年刊「赤ちゃんを産む場所がない!?」、2008年刊「どうなる!? 高齢者の医療制度」保坂展人との共著)。阿部知子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海市民病院

    東海市民病院から見た医師不足医師不足

    1974年(昭和49年)に東海市が医療法人東海産業医療団より横須賀病院を譲り受け東海市民病院を開設。医師不足が深刻になり2008年(平成20年)4月1日に東海産業医療団 中央病院と統合し、同病院を分院とした。同年7月8日には知多市民病院と共に東海市・知多市医療連携等あり方検討会を設置し統合協議を進めている。東海市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 知多市民病院

    知多市民病院から見た医師不足医師不足

    1984年(昭和59年)に知多市の市民病院として開設。脳神経外科や眼科の非常勤化や産婦人科の分娩を中止するなど医師不足が深刻になり、2008年(平成20年)に東海市民病院と共に東海市・知多市医療連携等あり方検討会を設置した。知多市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見た医師不足医師不足

    大人の内科学と同様に、子供の病気の場合には、まず最初に受診する診療科目であるが、少子高齢化の急速な進行、時間外診療希望者が他の診療科と比べて多いこと、子供を対象とすることから業務に対する負担が大きいなどの理由により、小児科医を志す医師が減っており、一部では社会問題となっている(参照:医師不足)。小児科医を希望する新卒医学部生も、臨床研修を受けているうちに過酷な勤務を目の当たりにし、転向することも多い。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見た医師不足医師不足

    麻酔科は医師不足が深刻な診療科であり、最も不足した時期には、麻酔科医4人が一斉退職したある市立病院で、麻酔科医の求人に年収3500万円と記載されたことが話題となった。医療崩壊が叫ばれた時期には内科と並んで集団退職が目立つ診療科として取り上げられた。これを踏まえて日本麻酔科学会から行政へ繰り返し提言が行われた。この提言の詳細については、公式にアナウンスされておらず、既にリンク切れになっているようだが、厚生労働省のサイトから審議の際のプレゼンテーションの形になったPDFファイルを閲覧できる。その内容は各国との比較、女性医師の復帰支援、看護麻酔師制度の問題点など多岐にわたっている。時には手術室を掛け持ちする麻酔科医の日常を、脚色を加えて描いた漫画作品として麻酔科医ハナがある。人口当たりで最も不足しているのは、三重県、新潟県、茨城県、埼玉県であるとする統計がある。全身麻酔件数当たりで最も不足しているのは福島県と岩手県であるとする概算がある。根拠となる出典が確認できないものの、同ウェブページを含めて、麻酔科医が健康に働ける全身麻酔症例数として年間300例、月間25例を基準にしたウェブページが複数ある。全身麻酔件数は複数の麻酔科医で担当した場合も含んで平均29.4例/月で、手術室の責任者として関与した全身麻酔件数の合計は平均37.7例/月であったとする集計がある。しかし前者はヒストグラム上で30?40件にピークを持つ。麻酔科医不足のニュースは、2008年をピークとして現時点の2010年2月には、新たな記事としては、ほとんど見られなくなった。麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

  • 当直医

    当直医から見た医師不足医師不足

    長時間連続勤務を防ぐため、交代制勤務の導入が望まれているが、病院開設者の立場からは、医療費抑制政策の影響や医師不足の顕在化もあり、交代制勤務が可能となるほどの医師の確保は難しい。そのため、夜間・休日の医師業務は医師の献身的努力に依存しているのが現状である。当直医 フレッシュアイペディアより)

  • 医学部

    医学部から見た医師不足医師不足

    また、近年の医師不足の背景から、私立大学に医学部の設置を検討する動きが出てきている。医学部 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川医科大学

    旭川医科大学から見た医師不足医師不足

    1972年、医師不足や無医村解消を目的とする新設医科大学の一つとして、旭川医科大学の創設が決定され準備室が設置された。当初、立地場所には釧路市と旭川市で誘致争いになった。道は、釧路市設立、旭川市設立の両方を想定しており、医師不足の深刻な釧路市に設立するという話にもなったが、知事が最終的に旭川市に設立する判断をくだした。旭川医科大学 フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「医師不足」のニューストピックワード