前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 藪医者

    藪医者から見た医療事故医療事故

    藪医者は誤診をしたり、医療過誤や医療事故を引き起こしたりして、患者に健康被害を与えたり後遺症を残したり、時には患者を死なせてしまうこともある。藪医者 フレッシュアイペディアより)

  • ドクターハラスメント

    ドクターハラスメントから見た医療事故医療事故

    また近年、医療事故の被害者や支援者への、インターネット上での医師からの個人攻撃、中傷、カルテの無断転載などが目立ち、遺族や支援者が精神的な被害を受ける例も相次いでいる。これらのネットでの誹謗中傷は2000年代から激しくなったという。ドクターハラスメント フレッシュアイペディアより)

  • ねじれた絆

    ねじれた絆から見た医療事故医療事故

    また、病院での取り違え対策が強化されるようになり、なおかつ少子化傾向にある現在では、こういった事故はなくなってきている。ねじれた絆 フレッシュアイペディアより)

  • 身体拘束

    身体拘束から見た医療事故医療事故

    前述のように、身体拘束は、精神保健指定医の診察を受けた上で指示を受けた上で実施する必要があるが、実際は、指示を受けないまま身体拘束が実施されている事例も、少なくないと言われている。2008年1月に、大阪府内の精神科病院に入院していた男性患者が、身体拘束を長期間受けた後死亡する事故があり、その際、勤務する複数の看護師が、指示を受けないまま拘束が行われ、厚生労働省へ提出する資料も改竄されていたと証言している。身体拘束 フレッシュアイペディアより)

  • 和田耕冶

    和田耕冶から見た医療事故医療事故

    過去に数回、医療事故により死亡事例がある。和田耕冶 フレッシュアイペディアより)

  • 病理標本

    病理標本から見た医療事故医療事故

    固定、切り出し、パラフィン包埋、薄切、染色、封入、ラベリングなど多くの工程があるため、質の高い病理標本作製には一定の技術が必要である。手作業が多く、何らかの理由で検体・標本を取り違えた場合(検査過誤)、重大な医療事故に発展する可能性があり、病理標本作製では検体検査としての精度管理、リスクマネジメントや要員教育等がきわめて重要である。病理標本 フレッシュアイペディアより)

  • 医療メディエーター

    医療メディエーターから見た医療事故医療事故

    医療メディエーター(いりょう-)とは、医療事故が発生した場合や、患者と医療者間での意見の食い違いなどが起こった場合、双方の意見を聞いて話し合いの場を設定するなどして問題解決に導く仲介(メディエーション)役のことである。医療メディエーター フレッシュアイペディアより)

  • 出元明美

    出元明美から見た医療事故医療事故

    1988年2月、自らの第3子の出産時における子宮破裂、新生児仮死(1歳8ヶ月で死去)といった医療事故の経験から、上記団体を結成し、講演活動や厚生労働省への申し入れや交渉、シンポジウム開催などを行っている。出元明美 フレッシュアイペディアより)

  • 異状死体

    異状死体から見た医療事故医療事故

    異状死体とは、医師によって病死であると明確に判断された内因死による死体以外の死体のこと。具体的には、外因死や医療事故による死亡、不詳の死(病死か外因死か判断が下せない死)などが相当する。この死に方を異状死と呼び、検視・検案の対象となる。医師が検案によって異状死体であると判断すると、医師法第21条「異状死体等の届出義務」に基づき、24時間以内に所轄警察署に届出をしなければならない。その後、必要があると判断されれば、司法解剖・行政解剖に回される。異状死体 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐克則

    甲斐克則から見た医療事故医療事故

    主な研究テーマは刑事違法論の本質と刑事責任の本質を探求しつつ、交通事故・火災事故・医療事故等の刑事過失論、安楽死・尊厳死・臓器移植・生殖医療等の医事刑法でそれを実証すること。刑事司法制度の研究も始めている。甲斐克則 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「医療事故」のニューストピックワード