73件中 21 - 30件表示
  • 森脇勝

    森脇勝から見た医療事故医療事故

    医療過誤訴訟で重い脳障害を負った男児の両親の日本赤十字社に対する損害賠償請求控訴審で、9900万円の支払いを認めた一審東京地方裁判所判決を取消した。(2000年8月31日、東京高等裁判所判決 裁判長)森脇勝 フレッシュアイペディアより)

  • 医療メディエーター

    医療メディエーターから見た医療事故医療事故

    医療メディエーター(いりょうメディエーター)とは、医療事故が発生した場合や、患者と医療者間での意見の食い違いなどが起こった場合、双方の意見を聞いて話し合いの場を設定するなどして問題解決に導く仲介(メディエーション)役のことである。医療メディエーター フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故調査

    医療事故調査から見た医療事故医療事故

    医療事故調査(いりょうじこちょうさ、Medical accident investigation)とは、医療事故の原因を究明すること。これを実施する組織や機関は医療事故調査委員会(いりょうじこちょうさいいんかい)略して医療事故調(いりょうじこちょう)と呼ばれる。医療事故調査 フレッシュアイペディアより)

  • 医療過誤

    医療過誤から見た医療事故医療事故

    日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、医療過誤は「医療事故の一類型であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」と定義されている。医療過誤 フレッシュアイペディアより)

  • 久々湊晴夫

    久々湊晴夫から見た医療事故医療事故

    北海道医療大学を退職後、北海学園大学の法科大学院の創設に参加。近年の研究テーマ、臓器移植と家族・終末期医療と家族・代理懐胎と家族・医療事故と家族など。久々湊晴夫 フレッシュアイペディアより)

  • 手嶋豊

    手嶋豊から見た医療事故医療事故

    医事法の分野では、損害賠償と関連した判例評釈、主として読者層を医療関係者と想定した一般啓蒙的な書籍や教科書を執筆してきた。医事法では、その時点における法状況に関する情報を、簡潔かつ横断的に読者に示す入門書が十分に用意されていないという問題点が指摘されており、その空白状態を改善し、かつ自らの研究成果を社会に還元するためであった。もっとも、医療制度改革法案が公にされ、医療事故を予防する制度が構築される動きもあり、さらに、生殖補助医療を事実上規制していた周辺事情にも変化がみられること、医療過誤に関する新たな判例がその後も続いていることなど、執筆時点での社会状況が変化しつつあることを踏まえ、継続的改訂の必要性を認識している。手嶋豊 フレッシュアイペディアより)

  • 院内感染

    院内感染から見た医療事故医療事故

    血液感染:針刺し事故や輸血、血液製剤から感染する院内感染 フレッシュアイペディアより)

  • 医療観光

    医療観光から見た医療事故医療事故

    受入の医療施設側も医療事故や訴訟への対応が出来ないまま外国人患者を受け入れている事医療観光 フレッシュアイペディアより)

  • 精神科医

    精神科医から見た医療事故医療事故

    体系化された研修システムが、医学部を含め不十分である、診断法や治療法が標準化されておらず、個人や指導医の直感に頼らなければいけない、臨床医学で必要な、鑑別診断が精神科においては、実質的にほとんど行われていない、他科に比べ、客観的検査所見での診断がつきにくいことや、死亡などの医療事故(自殺以外)及び訴訟が少ないことで、誤診に対する意識が低いなども、精神科医の水準低下に関与している。精神科医 フレッシュアイペディアより)

  • 押田茂實

    押田茂實から見た医療事故医療事故

    押田は高校時代、どちらかと言うと文化系の科目が得意としており、「将来は弁護士か外交官」と思っていたという。医療事故や医事紛争を含む法医学については医学部卒業後、東北大学教授(当時)の赤石英に師事している。だしお先生の愛称で親しまれている。押田茂實 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示