63件中 31 - 40件表示
  • 丹羽兵助

    丹羽兵助から見た医療事故医療事故

    腰の低い人柄から「お辞儀の丹羽兵」、あるいは毛利松平・森山欽司らと共に「お辞儀三人衆」と呼ばれたが、1990年10月21日、陸上自衛隊守山駐屯地(名古屋市守山区)で行われていた記念式典(一般市民にも公開)に来賓として出席していた際、部外者の男(統合失調症で入院中。当時は一時退院中であった)に首をナイフで刺された。出血多量により近隣の病院に搬送されたが、そこでは秘書が申告した血液型を信用し、通常は行われるクロスマッチテストが行われないまま、異なる型の血液が輸血されると言う医療事故も重なり、12日後の11月2日に死去。享年80(79歳没)。丹羽兵助 フレッシュアイペディアより)

  • 医療観光

    医療観光から見た医療事故医療事故

    受入側の医療施設側も医療事故や訴訟への対応が出来ないまま外国人を受け入れている医療観光 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西稔

    葛西稔から見た医療事故医療事故

    現役時代の1997年2月6日、西宮市立中央病院に入院していた次男(当時8ヶ月)が死亡した。この死亡を医療ミスが原因とし、コーチ時代の2005年、妻とともに西宮市を相手に訴訟を起こした。2005年3月30日、大阪高裁は請求を棄却した一審神戸地裁尼崎支部判決を変更し、西宮市と医師2人に計約5200万円の支払いを命じた(その後、最高裁が西宮市側の上告を棄却したため、判決が確定)。葛西稔 フレッシュアイペディアより)

  • 人権教育

    人権教育から見た医療事故医療事故

    その他の医療事故に伴う患者の問題を含む。人権教育 フレッシュアイペディアより)

  • 押田茂實

    押田茂實から見た医療事故医療事故

    押田は高校時代、どちらかと言うと文化系の科目が得意としており、「将来は弁護士か外交官」と思っていたという。医療事故や医事紛争を含む法医学については医学部卒業後、東北大学教授(当時)の赤石英に師事している。だしお先生の愛称で親しまれている。押田茂實 フレッシュアイペディアより)

  • 特定機能病院

    特定機能病院から見た医療事故医療事故

    東京女子医科大学病院は2002年特定機能病院の取消を受けたが、2007年9月に再承認されている。また東京医科大学病院は2005年に特定機能病院の取消を受けたが、2009年2月28日に再承認されている。(どちらも医療事故が原因。)特定機能病院 フレッシュアイペディアより)

  • 医療訴訟

    医療訴訟から見た医療事故医療事故

    2009年5月21日から施行された検察審査会法では、遺族側が刑事告訴し検察官が不起訴とした事例でも、検察審査会にて「起訴相当」(11人中8人以上賛成)と二度判断された場合、「起訴議決」として検察に代わって「指定弁護士」により起訴される、という、検察の判断に関わらず「必ず起訴」される仕組みが誕生する。医療事故においては、どうしても検察審査会は一般国民を構成とするため患者側の視点に立ってしまうというため、今後医療に精通していない弁護士が医療の専門家の視点を通さずに起訴に関わる可能性が指摘されている。この問題に関して、弁護士の棚瀬慎治は「福島県立大野病院の例でも分かるように、(刑事訴訟の)数の問題ではなく、1件でも不当な事例があれば、それで医療は崩壊の危機に直面してしまう」との危機感を表明している。医療訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立大野病院産科医逮捕事件

    福島県立大野病院産科医逮捕事件から見た医療事故医療事故

    この事例は前置胎盤と癒着胎盤が合併したもので、癒着胎盤単体の発生率は0.01%だが、前置胎盤(発生率0.5%)である場合、5%から10%で併発するとされる。癒着胎盤は術前の予測が困難な合併症であり、この事例は、医学的に検討しても医療過誤としての過失を認定することが難しい医療事故であるとの主張もある。そのような事例に対して逮捕が行われたことは、産科医のみならず多くの臨床医全般に大きな脅威を与えると共に、治療における医師の判断、手術法の選択にまで捜査当局が踏み込んだ『事件』として、裁判は大きな注目を集めた。福島県立大野病院産科医逮捕事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東京医科大学病院

    東京医科大学病院から見た医療事故医療事故

    1993年(平成5年)に特定機能病院の認定を受けるが、2005年の第2外科(心臓外科)における医療事故に係わり厚生労働省による承認取り消しを受け、指定を持たない唯一の大学病院となっていたが、2009年に特定機能病院として再承認された。東京医科大学病院 フレッシュアイペディアより)

  • 医療過誤

    医療過誤から見た医療事故医療事故

    日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、「医療事故の一類型であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」と定義されている。医療過誤 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「医療事故」のニューストピックワード