73件中 31 - 40件表示
  • 当直医

    当直医から見た医療事故医療事故

    前述のように、日本の病院での勤務実態は、多くが日勤勤務医師が夜間にも続けて勤務する形態である。これは救急指定病院においても例外でなく、地域によっても異なるが、夜間に来院する患者の多い病院では夜中に医師が一睡もできずに次の日勤帯の勤務に入るという事例もよくみられる(これは前項の、労働基準法に定められた宿日直業務の範囲を超えたものである)。これが医師の過重労働、また過労死、医療事故の一因ともなっている。当直医 フレッシュアイペディアより)

  • 無資格マッサージ士問題

    無資格マッサージ士問題から見た医療事故医療事故

    医療事故は、あん摩マッサージ指圧の施術所を含めた医療を行う場所でのあん摩マッサージ指圧師など国家資格をもつ医療者の治療行為によって、何らかの原因が重なって発生するものである。だが、民間療法は現代日本の医療制度上の医療ではなく、また「人の健康に害を及ぼす虞のない業務行為」でなければならないので、医療というカテゴライズの中での医療過誤の発生はありえない。無資格マッサージ士問題 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故

    八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故から見た医療事故医療事故

    八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故(はちおうじし しかいし フッかすいそさん ごとふじこ)とは、1982年に八王子市で発生した医療事故である。歯科治療用のフッ化ナトリウム(NaF)と間違えて、毒物のフッ化水素酸(HF)を女児の歯に塗布してしまい死亡した。八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故 フレッシュアイペディアより)

  • 東京女子医大事件

    東京女子医大事件から見た医療事故医療事故

    東京女子医大事件(とうきょうじょしいだいじけん)とは、2001年3月および2014年2月に東京女子医科大学病院において発生した医療事故と隠蔽事件。東京女子医大事件 フレッシュアイペディアより)

  • オートプシー・イメージング

    オートプシー・イメージングから見た医療事故医療事故

    子供の虐待事件で捜査機関から画像所見の鑑定書作成を依頼されたりすることなどや、法医学分野以外でも外部の医療機関からも医療事故調査で読影を求められたりするなど、中立性を保つために独立した第三者機関の設立準備を進めてきた。2009年12月に日本放射線科専門医会のメンバーらにより「一般財団法人Ai情報センター」が設立されこれらの障害が取り除かれつつある。オートプシー・イメージング フレッシュアイペディアより)

  • ブルドクター

    ブルドクターから見た医療事故医療事故

    国立上都大学法医学教室 教授。関東医療センター死因究明室顧問。美亜の父。日本解剖学の権威で人望も厚い。日本法医学会界の閉塞した状況を憂慮しており、その打破のために珠実をアメリカから呼び寄せた。実は美亜の腎臓移植手術の際に妻が医療事故で死亡しており、美亜を助けるためにその事実を隠蔽した。そのことをネタに縄文寺から脅迫を受け、死体検案書の捏造を強要されていた。また、縄文寺から法医学界の現状を打破しようとする珠実を法医学教室から外すように脅迫を受けており、そのプレッシャーのためにアルコール依存症を患っている。最後は全ての罪状を皆に告白し、逮捕された。ブルドクター フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽兵助

    丹羽兵助から見た医療事故医療事故

    病院に搬送された際、秘書が申告した血液型と秘書が偶然持参していた国会便覧の血液型記載を信用し、通常は行われるクロスマッチテストが行われないまま、異なる型の血液が輸血されると言う医療事故も重なったが、司法解剖の結果、死因は頸部を切られたことによる失血死で、型違い輸血は死因に影響しないと判断されたという。なお、誤った血液型が記載されたのは、当時流行した血液型占いのブームが原因であり、血液型による印象が得票数に繋がると考えたのではないかと推測されている。丹羽兵助 フレッシュアイペディアより)

  • 性器切断

    性器切断から見た医療事故医療事故

    比較的、割礼すなわち包皮の切除術が一般的である国や地域では、その施術ミスによって陰茎の一部もしくは大半を欠損する事故も起きている。次節で触れるデイヴィッド・ライマーの件もその一例である。性器切断 フレッシュアイペディアより)

  • 後発医薬品

    後発医薬品から見た医療事故医療事故

    しかし、2014年(平成26年)9月の時点でも、誤調剤による医療事故の散発が止んでいないことが報告されている。後発医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス

    インディアナポリスから見た医療事故医療事故

    インディアナポリスの日刊紙はインディアナポリス・スターただ1紙のみである。同紙は1903年に創刊し、1948年にライバルであったインディアナポリス・ニューズを買収、2000年にはガネット社の傘下に入った。同紙は1975年にインディアナポリス市警察局の腐敗を報じた連載で、また1991年には州内の医療事故を報じた連載で、それぞれピューリッツァー賞を受賞した。インディアナポリス フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示