63件中 41 - 50件表示
  • 手技療法

    手技療法から見た医療事故医療事故

    医療事故は、医師、看護師、理学療法士はもとより、あん摩マッサージ指圧や、はり師、きゅう師、柔道整復師の医療機関や施術所を含めた医療を行う場所での国家資格をもつ医療者の治療行為によって、何らかの原因が重なって発生するものである。手技療法 フレッシュアイペディアより)

  • 合併症

    合併症から見た医療事故医療事故

    二つ目の意味として、腹部手術後に続発するイレウスのように、原疾患に対する内視鏡や手術などの検査あるいは治療に伴ってある確率で不可避に生じる病気や症状も同様に合併症(「検査の合併症」、「術後合併症」)と呼ばれている。この意味での合併症を医療過誤や医療事故と勘違いする患者が後を絶たない(19.1%)が、最大限の注意を払って最善の治療を施しても回避不可能であるという点で異なり、いわば「医学の限界」とも呼ぶべきものである。合併症 フレッシュアイペディアより)

  • 開放病棟

    開放病棟から見た医療事故医療事故

    入院患者は、原則として任意入院など、比較的自由度の高い入院形態で入院するものとされている。ただ、病状が安定しつつある医療保護入院の患者が開放病棟に入院しても違法ではない。もっとも、医療事故となると、予測可能性と回避可能性を十分に検討したかどうかによって、また患者にできるだけ開放的な処遇を求める精神医療の諸制度との関係で問題となることもある。措置入院などでも同様である。開放病棟 フレッシュアイペディアより)

  • 人工呼吸器

    人工呼吸器から見た医療事故医療事故

    現在では呼吸の状態を様々な形で持続的に測定する機能のついたもの、呼吸器の離脱を自動的に進めて行くもの、在宅人工呼吸に使用する小型で医療従事者以外でも操作できるもの、マスクを使用し気管挿管の必要ないもの(非侵襲的人工呼吸)まで実に様々な種類が使われている。しかし、それぞれに操作が異なり、また独自の動作モードや作動原理を持ったものが特に新しい機種に多く、医療事故の一因ともなる。その一方で、医療事故を防ぐための機能もまた新しい機種ほど備わっているのも事実である。人工呼吸器 フレッシュアイペディアより)

  • 経管栄養

    経管栄養から見た医療事故医療事故

    誤嚥による肺炎、殊に経鼻胃管を気管に誤挿入する医療事故は、その防止に対してゴールドスタンダードとなるような方策が無い。胃瘻の場合は在宅介護で使用されることが多く、自己抜去の際には瘻孔が数時間で閉鎖してしまう危険がある。経管栄養 フレッシュアイペディアより)

  • 性器切断

    性器切断から見た医療事故医療事故

    比較的、割礼すなわち包皮の切除術が一般的である国や地域では、その施術ミスによって陰茎の一部もしくは大半を欠損する事故も起きている。次節で触れるデイヴィッド・ライマーの件もその一例である。性器切断 フレッシュアイペディアより)

  • 院内感染

    院内感染から見た医療事故医療事故

    血液感染:針刺し事故や輸血、血液製剤から感染する院内感染 フレッシュアイペディアより)

  • ガーゼオーマ

    ガーゼオーマから見た医療事故医療事故

    医療事故絡みの病態であること、そもそも存在に気づいていないからこそ発生するものであることから、正確な頻度は不明である。多くの場合は無症状であり、長期間あるいは一生気づかれないことがある。ガーゼオーマ フレッシュアイペディアより)

  • 病理診断

    病理診断から見た医療事故医療事故

    病理医はきわめて不足している。病理医不足により病理診断で多忙になるとき、病変解釈等において過誤が発生しやすくなることは否めない。または過緊張を強いられることになる。検査過誤が生じた場合に修正メカニズムが働き、医療事故を防ぐことのできる仕組みが欠かせない。医療機関以外での病理診断について行政上の配慮が必要である。病理診断 フレッシュアイペディアより)

  • 無資格マッサージ士問題

    無資格マッサージ士問題から見た医療事故医療事故

    医療事故は、あん摩マッサージ指圧の施術所を含めた医療を行う場所でのあん摩マッサージ指圧師など国家資格をもつ医療者の治療行為によって、何らかの原因が重なって発生するものである。無資格マッサージ士問題 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「医療事故」のニューストピックワード