73件中 41 - 50件表示
  • 合併症

    合併症から見た医療事故医療事故

    二つ目の意味として、腹部手術後に続発するイレウスのように、原疾患に対する内視鏡や手術などの検査あるいは治療に伴ってある確率で不可避に生じる病気や症状も同様に合併症(「検査の合併症」、「術後合併症」)と呼ばれている。この意味での合併症を医療過誤や医療事故と勘違いする患者が後を絶たない(19.1%)が、最大限の注意を払って最善の治療を施しても回避不可能であるという点で異なり、いわば「医学の限界」とも呼ぶべきものである。合併症 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉医科大学病院抗がん剤過剰投与事件

    埼玉医科大学病院抗がん剤過剰投与事件から見た医療事故医療事故

    埼玉医科大学病院抗がん剤過剰投与事件(さいたまいかだいがくびょういん こうがんざい かじょうとうよじけん)とは、2000年に発生した医療事故である。主治医・指導医・診療科長であった同大教授が刑事責任を問われた。埼玉医科大学病院抗がん剤過剰投与事件 フレッシュアイペディアより)

  • インスリン・ショック療法

    インスリン・ショック療法から見た医療事故医療事故

    患者に対し、空腹時にインスリンを皮下注射し、強制的低血糖によりショック状態と昏睡を起こし、1時間後にグルコースを注射し覚醒させる。医療事故の危険性もあり、抗精神病薬の開発が進み薬物治療が出来る様になったため、1950年代以降は廃れた治療法となった。インスリン・ショック療法 フレッシュアイペディアより)

  • 国立病院機構岩手病院

    国立病院機構岩手病院から見た医療事故医療事故

    1999年9月9日深夜、第5病棟に入院していた筋ジストロフィーの男性患者が装着していた人工呼吸器が停止、患者が死亡する医療事故が発生した。調査では故障原因を特定することが出来なかったため、事故発生前に女性看護師が人工呼吸器の加湿器に給水を行った際に、アラームの消音スイッチとメインスイッチを間違えて操作したとして、業務上過失致死罪で起訴された。女性看護師は無罪を主張して裁判で争ったものの、一審で有罪となり、仙台高裁での控訴審、最高裁での上告審とも棄却されている。国立病院機構岩手病院 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西稔

    葛西稔から見た医療事故医療事故

    現役時代の1997年2月6日、西宮市立中央病院に入院していた次男(当時8ヶ月)が死亡した。この死亡を医療ミスが原因とし、コーチ時代の2005年、妻とともに西宮市を相手に訴訟を起こした。2005年3月30日、大阪高裁は請求を棄却した一審神戸地裁尼崎支部判決を変更し、西宮市と医師2人に計約5200万円の支払いを命じた(その後、最高裁が西宮市側の上告を棄却したため、判決が確定)。葛西稔 フレッシュアイペディアより)

  • 人権教育

    人権教育から見た医療事故医療事故

    その他の医療事故に伴う患者の問題を含む。人権教育 フレッシュアイペディアより)

  • 藤山雅行

    藤山雅行から見た医療事故医療事故

    2003年(平成15年)10月、長野県軽井沢町が運営する国保軽井沢病院で、女性が帝王切開で男児を出産後、出血性ショックで死亡する医療事故が発生した。女性の遺族は、これを手術ミスだとして、軽井沢町と産婦人科担当医を相手に約1億8180万円の賠償を求めた。藤山雅行 フレッシュアイペディアより)

  • 特定機能病院

    特定機能病院から見た医療事故医療事故

    東京女子医科大学病院は2002年特定機能病院の取消を受けたが、2007年9月に再承認されている。また東京医科大学病院は2005年に特定機能病院の取消を受けたが、2009年2月28日に再承認されている。2015年6月、群馬大学医学部附属病院と東京女子医科大学病院の承認が取り消された。(すべて医療事故が原因。)特定機能病院 フレッシュアイペディアより)

  • 開放病棟

    開放病棟から見た医療事故医療事故

    入院患者は、原則として任意入院など、比較的自由度の高い入院形態で入院するものとされている。ただ、病状が安定しつつある医療保護入院の患者が開放病棟に入院しても違法ではない。もっとも、医療事故となると、予測可能性と回避可能性を十分に検討したかどうかによって、また患者にできるだけ開放的な処遇を求める精神医療の諸制度との関係で問題となることもある。措置入院などでも同様である。開放病棟 フレッシュアイペディアより)

  • 力道山

    力道山から見た医療事故医療事故

    しかしながら他にも諸説ある。ある説は、手術の際、麻酔を担当した外科医が、筋弛緩剤注射した後に気管内チューブの気管挿管を失敗し窒息したという医療事故のためという。なお、村田勝志を裁く裁判の際、死因究明のため提出されたカルテの中に麻酔に関するものだけなく、最後まで「紛失した」として出されなかったという。力道山 フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示