73件中 51 - 60件表示
  • 医療訴訟

    医療訴訟から見た医療事故医療事故

    2009年5月21日から施行された検察審査会法では、遺族側が刑事告訴し検察官が不起訴とした事例でも、検察審査会にて「起訴相当」(11人中8人以上賛成)と二度判断された場合、「起訴議決」として検察に代わって「指定弁護士」により起訴される、という、検察の判断に関わらず「必ず起訴」される仕組みが誕生する。医療事故においては、どうしても検察審査会は一般国民を構成とするため患者側の視点に立ってしまうというため、今後医療に精通していない弁護士が医療の専門家の視点を通さずに起訴に関わる可能性が指摘されている。この問題に関して、弁護士の棚瀬慎治は「福島県立大野病院の例でも分かるように、(刑事訴訟の)数の問題ではなく、1件でも不当な事例があれば、それで医療は崩壊の危機に直面してしまう」との危機感を表明している。医療訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 司法取引

    司法取引から見た医療事故医療事故

    航空事故や医療事故などでは業務に従事していた個人に対して「故意の破壊行為」またはそれに近い「認識ある過失」がない限りは刑事責任や民事責任を問わない代わりに当事者からの証言を得やすくし、事故原因の真相究明と今後の事故防止対策を優先する。司法取引 フレッシュアイペディアより)

  • 医療法

    医療法から見た医療事故医療事故

    改正により、病院、診療所、助産所において医療事故(当該病院等に勤務する医療従事者が提供した医療に起因し、又は起因すると疑われる死亡又は死産であつて、当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかつたものとして厚生労働省令で定めるもの)が発生した場合には、以下の医療事故調査を行わなければならない。医療法 フレッシュアイペディアより)

  • 異状死体

    異状死体から見た医療事故医療事故

    異状死体とは、医師によって病死であると明確に判断された内因死による死体以外の死体のこと。具体的には、外因死や医療事故による死亡、不詳の死(病死か外因死か判断が下せない死)などが相当する。この死に方を異状死と呼び、検視・検案の対象となる。医師が検案によって異状死体であると判断すると、医師法第21条「異状死体等の届出義務」に基づき、24時間以内に所轄警察署に届出をしなければならない。その後、必要があると判断されれば、司法解剖・行政解剖に回される。異状死体 フレッシュアイペディアより)

  • 異状死

    異状死から見た医療事故医療事故

    医療事故については、2014年の医療法改正において「提供した医療に起因し,又は起因すると疑われる死亡又は死産であって,当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかったものとして厚生労働省令で定めるもの(6条の10)」に該当するものは、医療事故調査・支援センターへの報告と調査義務が発生することとなった。異状死 フレッシュアイペディアより)

  • 病理診断

    病理診断から見た医療事故医療事故

    病理医はきわめて不足している。病理医不足により病理診断で多忙になるとき、病変解釈等において過誤が発生しやすくなることは否めない。または過緊張を強いられることになる。検査過誤が生じた場合に修正メカニズムが働き、医療事故を防ぐことのできる仕組みが欠かせない。医療機関以外での病理診断について行政上の配慮が必要である。病理診断 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐克則

    甲斐克則から見た医療事故医療事故

    主な研究テーマは刑事違法論の本質と刑事責任の本質を探求しつつ、交通事故・火災事故・医療事故等の刑事過失論、安楽死・尊厳死・臓器移植・生殖医療等の医事刑法でそれを実証すること。刑事司法制度の研究も始めている。甲斐克則 フレッシュアイペディアより)

  • 養老孟司

    養老孟司から見た医療事故医療事故

    卒業後、東京大学医学部附属病院でのインターンにて、医療事故に3回遭遇した経験から、精神科医を目指そうとしたが抽選に外れ、結果的に解剖学の研究の道を志す。養老孟司 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺

    自殺から見た医療事故医療事故

    なお、米国では病院内での重大な医療事故の最多のものは自殺であるという。日本での日本医療機能評価機構による調査では、調査の3年間に29%の一般病院(精神科病床なし)で自殺が起こっている。その自殺者の入院理由となる疾患は、35%が悪性腫瘍(ガン)である。自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た医療事故医療事故

    近年、医療事故・医療過誤として報告される事例が増加の一途をたどっているため、医師免許の更新制度導入が主張されている。2005年3月、政府の規制改革・民間開放推進会議は、医師免許更新制の導入について2005年度中に検討し結論を出すとの答申を予定した。政府判断により実際の答申からは外されることになったが、規制改革会議側は引き続き議論する考えを示した。医師 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示