63件中 51 - 60件表示
  • テキサス州

    テキサス州から見た医療事故医療事故

    ザ・コモンウェルス・ファンドに拠れば、テキサス州の健康管理システムは国内の悪い方から3番目ということである。医療の受けやすさ、治療の質、回避できる入院費用、および様々な集団間の公平性といった指標で最下位の方にある。この厳しい評価の原因には、政治、高い貧困率および国内最大の不法移民数率が挙げられる。2006年5月、州内人口の25.1%は健康保険を持っていないという国内最大の比率が報告があったことに反応して「レッドコード」計画を始めた。また「増え続ける医療ミス保険料を抑制し、上昇する医療費を管理する」ために、医療ミス訴訟の非経済損害上限額を25万ドルに設定して議論を呼んでもいる。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た医療事故医療事故

    感染者の血液が、傷、輸血、麻薬まわし打ち等によって、血液中に侵入することで感染が成立する。特に麻薬・覚醒剤中毒者間の注射器・注射針の使い回しは感染率が際立って高い。以前は輸血や血液製剤からの感染があったが、現在では全ての血液が事前にHIV感染の有無を検査され、感染のリスクは非常に低くなっている。医療現場においては、針刺し事故等の医療事故による感染が懸念され、十分な注意が必要である。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 当直医

    当直医から見た医療事故医療事故

    前述のように、日本の病院での勤務実態は、多くが日勤勤務医師が夜間にも続けて勤務する形態である。これは救急指定病院においても例外でなく、地域によっても異なるが、夜間に来院する患者の多い病院では夜中に医師が一睡もできずに次の日勤帯の勤務に入るという事例もよくみられる(これは前項の、労働基準法に定められた宿日直業務の範囲を超えたものである)。これが医師の過重労働、また過労死、医療事故の一因ともなっている。当直医 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た医療事故医療事故

    日常における不慮の事故(交通事故、列車事故、飛行機事故、海難事故、水難事故、遭難、製品欠陥に伴う製品事故、食品事故、医療事故災害 フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た医療事故医療事故

    近年、医療事故・医療過誤として報告される事例が増加の一途をたどっているため、医師免許の更新制度導入が主張されている。2005年3月、政府の規制改革・民間開放推進会議は、医師免許更新制の導入について2005年度中に検討し結論を出すとの答申を予定した。政府判断により実際の答申からは外されることになったが、規制改革会議側は引き続き議論する考えを示した。医師 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺

    自殺から見た医療事故医療事故

    米国の独立系・非営利組織の医療施設評価認証機構である「ジョイント・コミッション」の医療事故報告制度の中では、病院内での重大な医療事故の最多のものは、自殺であるという。自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 手術

    手術から見た医療事故医療事故

    内視鏡手術や血管内手術を代表とする、従来よりも侵襲の少ない手術のこと。近年の手術用器械の発達はめざましく、従来よりはるかに安全かつ容易に手術が行えるようになった。また、コンピュータの目覚しい発達とともに、コンピュータを手術中に活用するコンピュータ支援外科も登場している。ただし、鏡視下手術に関しては、体表の切開創こそ小さいものの、手術の内容自体は従来の手術とほぼ変わらないため、本当に低侵襲であるかどうかは議論のあるところである。また従来より容易になったとはいえ(すべての手術に言えることではあるが)技術に習熟せず安全な手術ができるわけではなく、未熟な執刀医による医療事故も発生している。手術 フレッシュアイペディアより)

  • 業務上過失致死傷罪

    業務上過失致死傷罪から見た医療事故医療事故

    日常用語にいう「業務」と業務上過失致死傷罪にいう「業務」とが一致する分野もある。代表的なものは医療過誤による業務上過失致死傷罪である。医師の医療行為は、医師という社会生活上の地位に基づいて継続反復して行われるものであり、その過誤によっては患者の生命身体に危険を生じるものだからである。業務上過失致死傷罪 フレッシュアイペディアより)

  • 司法取引

    司法取引から見た医療事故医療事故

    航空事故や医療事故などでは業務に従事していた個人に対して「故意の破壊行為」またはそれに近い「認識ある過失」がない限りは刑事責任や民事責任を問わない代わりに当事者からの証言を得やすくし、事故原因の真相究明と今後の事故防止対策を優先する。司法取引 フレッシュアイペディアより)

  • 精神科医

    精神科医から見た医療事故医療事故

    体系化された研修システムが大学を含め不十分である、診断法や治療法が標準化されておらず個人の直感に頼らなければいけない、臨床医学で必要な鑑別診断が精神科においては実質的にほとんど行われていない、他科に比べ客観的検査所見での診断がつきにくいことや、死亡などの医療事故(自殺以外)及び訴訟が少ないことで誤診に対する意識が低いなども、精神科医の水準低下に関与している。精神科医 フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示

「医療事故」のニューストピックワード