1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
73件中 71 - 73件表示
  • 手術

    手術から見た医療事故医療事故

    内視鏡手術や血管内手術を代表とする、従来よりも侵襲の少ない手術のこと。近年の手術用器械の発達はめざましく、従来よりはるかに安全かつ容易に手術が行えるようになった。また、コンピュータの目覚しい発達とともに、コンピュータを手術中に活用するコンピュータ支援外科も登場している。ただし、鏡視下手術に関しては、体表の切開創こそ小さいものの、手術の内容自体は従来の手術とほぼ変わらないため、本当に低侵襲であるかどうかは議論のあるところである。また従来より容易になったとはいえ(すべての手術に言えることではあるが)技術に習熟せず安全な手術ができるわけではなく、未熟な執刀医による医療事故も発生している。手術 フレッシュアイペディアより)

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た医療事故医療事故

    感染者の血液が、傷、輸血、麻薬まわし打ち等によって、血液中に侵入することで感染が成立する。特に麻薬・覚醒剤中毒者間の注射器・注射針の使い回しは感染率が際立って高い。以前は輸血や血液製剤からの感染があったが、現在では全ての血液が事前にHIV感染の有無を検査され、感染のリスクは非常に低くなっている。医療現場においては、針刺し事故等の医療事故による感染が懸念され、十分な注意が必要である。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋良明

    高橋良明から見た医療事故医療事故

    この事故の際、高橋は中型バイクを運転していたが、前年(1988年(昭和63年))10月に原付免許を取得していたものの、普通自動二輪車の免許は取得していなかっため無免許運転をしていたことになる。被害者である中学生は大腿部を骨折して全治2カ月の重傷を負ったが、高橋の死後、被疑者死亡による不起訴処分とされた。一方、高橋は免許条件違反を犯していたため、事故前に収録されていた出演テレビドラマ『春日局』(NHK大河ドラマ)の「総集編」放送(1989年12月)では、高橋の全出演シーンがカットされるという措置がとられた。また、事故後の急死は医療事故であり、高橋の遺体に病院の浴衣を着せることを高橋の家族が拒否したとの報道もあった。また、この報道によって病院側が高橋家を名誉棄損で訴えた。結果は病院側の敗訴に終わった。高橋良明 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
73件中 71 - 73件表示