前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
246件中 1 - 10件表示
  • 医療事故

    医療事故から見たB型肝炎

    B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。また、特に女性看護師はストーカー行為やセクハラ行為、患者による暴力行為の危険にも晒されており(→モンスターペイシェント)、このような事案のどこまでを医療事故とするかの線引きは難しい。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た東京電力

    1936年3月5日…東京電灯付属病院(現・東京電力病院)。37歳主婦が歯の治療でレントゲン撮影中に感電して即死。技師や看護師も重軽傷を負った。原因は不明だが、機械の高圧線の漏電の可能性が高いと当時の警察や新聞が伝えている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たエスエス製薬

    1965年2月20日…大正製薬とエスエス製薬がこの年に製造、販売したアンプル入り液体風邪薬でアレルギーなどの中毒症状を訴える患者が多発し、社会的な大問題に発展した。厚生省は1962年に最初の販売停止と回収命令を出したものの、会社側の利益を考慮して製造禁止命令にはしなかったため、会社側は販売停止はおろか回収すらほとんど行っておらず、1962年以降も在庫が普通に売られていて安易に買うことが出来ていた。これらを服用した患者がアミノピリンやスルピリンなどを原因とするアナフィラキシーショックによって6年間で38名が死亡し、その他にも失明、難聴、麻痺などの重い後遺症を残した患者も相次いでいた事が明らかになったため、この日までに厚生省が全国販売禁止と一斉回収命令を出し、5月7日に全製薬会社に正式に製造禁止命令を通達した。この事件以降はアンプル入り液体風邪薬は姿を消し、各製薬会社はアレルギー症状の出ない非ピリン系の錠剤や顆粒薬、粉薬の製造や販売に切り替えるようになった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た大正製薬

    1965年2月20日…大正製薬とエスエス製薬がこの年に製造、販売したアンプル入り液体風邪薬でアレルギーなどの中毒症状を訴える患者が多発し、社会的な大問題に発展した。厚生省は1962年に最初の販売停止と回収命令を出したものの、会社側の利益を考慮して製造禁止命令にはしなかったため、会社側は販売停止はおろか回収すらほとんど行っておらず、1962年以降も在庫が普通に売られていて安易に買うことが出来ていた。これらを服用した患者がアミノピリンやスルピリンなどを原因とするアナフィラキシーショックによって6年間で38名が死亡し、その他にも失明、難聴、麻痺などの重い後遺症を残した患者も相次いでいた事が明らかになったため、この日までに厚生省が全国販売禁止と一斉回収命令を出し、5月7日に全製薬会社に正式に製造禁止命令を通達した。この事件以降はアンプル入り液体風邪薬は姿を消し、各製薬会社はアレルギー症状の出ない非ピリン系の錠剤や顆粒薬、粉薬の製造や販売に切り替えるようになった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た森永乳業

    1955年8月24日…森永ヒ素ミルク中毒事件が発生。西日本を中心に6月頃より中毒症状の患者が確認されていたが、7月に入ってから患者数が爆発的に増えていった。当初は奇病と言われていた中毒症状だったが、この日に岡山大学医学部の原因究明チームが森永乳業の粉ミルクが原因である事を突き止め、厚生省に報告。これをきっかけに全国で大きく報道された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た武田薬品

    1955年…この年より突然の神経障害で視覚障害や歩行困難が起きる原因不明の奇病スモン病が発生する。その後1967年から1968年にかけて患者が大量に発生して社会問題に。1970年4月5日に新潟大学医学部の椿忠雄教授がスモン病の原因が整腸剤成分の一つである「キノホルム」である事を突き止め、同年9月7日に「キノホルム」を含んだ整腸剤(武田薬品のエンテロ・ヴィオフォルム錠など)の製造と販売が中止された。ただし「キノホルム」はアルツハイマーの特効薬であるため、諸外国の医療現場では現在でも頻繁に使用されている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た鳥居薬品

    1971年11月20日…鳥居薬品が製造した冠血管拡張剤(狭心症の薬)「コラルジル」を長期服用した患者が、薬の副作用で重い肝臓障害や血液の異常になるケースが多発し問題になる。コラルジル中毒症は外見からでは判断が出来ず、服用を中止しても治りにくい病気で、被害者は数百人とも数万人とも言われるが不明。厚生省の調べで11名の死者を出している事が判明するが、実際には数百人の死者を出したとも言われている。後に患者26名が国と鳥居薬品を相手取って訴訟を起こし、鳥居薬品は3億円と言う非常に多額の賠償金を支払っている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た結核

    1975年7月10日…広島県因島市、開業医。この病院で神経痛などで関節にステロイド注射を打ってもらった患者を中心に骨関節結核が蔓延。結果的に96名が感染する集団感染となり、うち14名が死亡。院内でも院長や担当医師、看護師が結核に感染し、このうち院長が死亡したため病院は閉鎖された。注射器の消毒が不十分だったとされている。広島県では3月にも病院内の集団感染があったばかりで、厚生省や広島県の保健所の管理体制の甘さに多くの批判が飛んだ。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た看護師

    1936年3月5日…東京電灯付属病院(現・東京電力病院)。37歳主婦が歯の治療でレントゲン撮影中に感電して即死。技師や看護師も重軽傷を負った。原因は不明だが、機械の高圧線の漏電の可能性が高いと当時の警察や新聞が伝えている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た抗癌剤

    2009年11月…大阪府、大阪大学医学部附属病院。当時70歳の男性が悪性リンパ腫を発症し、同病院で抗癌剤の一種である「リツキシマブ」の投与を受けていたが、その後2011年9月に検査を受けたところB型肝炎と診断され、同年11月に死亡。患者の遺族は、この患者がB型肝炎の持続感染者と把握していながら、抗ウイルス薬投与などをすること無しにリツキシマブを投与し続けたことが死亡原因であるとして、2012年11月19日に同病院を相手取り大阪地裁に訴訟を起こした。医療事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
246件中 1 - 10件表示

「医療事故」のニューストピックワード