258件中 91 - 100件表示
  • 医療事故

    医療事故から見たインプラント

    70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た膵臓

    同病院の58歳医長が胃と膵臓の手術を受けた際、女性看護師が腸に流さなくてはならない栄養剤を誤って静脈に注入してしまう。医長は意識不明の重体となり2日後に死亡した。同年10月20日、当時の院長ら6名が厚生省より懲戒処分されている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たフッ化水素酸

    69歳の院長が3歳女児の歯の治療の際、歯に「フッ化ナトリウム」を塗るところを誤って劇薬の「フッ化水素(フッ化水素酸)」を塗ってしまい、女児を急死させてしまった。院長の妻が材料業者に「フッ素を持ってきてほしい」と電話で注文し、業者が誤って「フッ化水素酸」を配達。その後院長が十分に確認しないで使用したことが原因。院長のショックは大きく、女児の通夜の席で脳血栓を発症して倒れ入院。回復して退院した後の1983年2月24日、東京地裁八王子支部において禁錮1年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。その後この歯科医院は閉鎖されて廃業し、現在は普通の住宅が建っている(八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故)医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た製鉄記念広畑病院

    2015年7月…兵庫県、製鉄記念広畑病院医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た脳性麻痺

    院内で新生児28人と母親17人がサルモネラ菌に集団感染。新生児4名が死亡、2名が脳性麻痺の後遺症を患う。病院の管理体制の甘さを指摘され、この病院はその後閉鎖された。また元院長は患者側に多額の賠償金を支払っている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た筋短縮症

    乳幼児への筋肉注射の副作用として大腿四頭筋短縮症が多発し、社会問題となる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たヒューマン・エラー

    バックアップ、フェイルセーフ、フールプルーフといったヒューマン・エラーが入ることがないシステム整備が必要とされる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た血液

    50歳代の男性患者が、5日に脳死肝移植手術を受け、手術そのものは成功したが、持病として抱えていて並行して受けていた腎不全の透析治療に使用していた透析器具を交換する際、この患者に本来使用していた血液濾過器具ではなく、血漿分離器具を装着してしまい、患者は交換後約3時間後に血圧が低下し、11月13日午前10時50分頃に脱水症状を起こし死亡した。当時、医療器具を専門に扱う臨床工学士が不在で、当直医2名と看護師1名が対応しており、病院の安全対策が問題であると指摘された。この3名は業務上過失致死容疑で書類送検された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た食道

    同センターで心臓の手術を受けた生後2ヶ月の女児に対し、空気を送り呼吸を補助するチューブを、本来なら気管に挿入すべきところを、誤って食道に挿入。この影響で女児は一時心肺停止状態となり、低酸素脳症のため2018年2月現在も意識が無い状態となっている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た高松地方裁判所

    三つ子を妊娠して妊娠30週間目だった女性が、腹痛を訴え同病院で入院し診察を受けたところ、胎児1人が死亡していることが判明したため、医師から「他の胎児に毒素が回る恐れがある」と言われ帝王切開手術を受けた。ところが手術で生まれた胎児のうち、1人に脳室周囲白質軟化症の症状が出て、脳に重度の障害が残ったため、両親は病院側が不適切な判断で帝王切開手術をしたとして、高松地方裁判所に訴訟を提起。2015年4月に同地裁は原告の請求を認め、日本赤十字社に対し2億1,100万円の支払いを命じた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 91 - 100件表示