258件中 11 - 20件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た厚生労働省

    厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている*。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た乳癌

    50歳代の女性が、乳癌の手術を受けた後呼吸困難に陥り、同月13日に同病院に搬送された。この女性は、癌性心膜炎の影響で心嚢に水が溜まった状態だったことから、20歳代の男性医師が心嚢から水を抜き取るためビニール筒を刺したが、この際に筒の内側にある針を抜き忘れたため、女性はその翌朝に呼吸停止し死亡した。宮城県警は2012年9月20日に元医師の男性(30)を業務上過失致死罪で、女性医師(28)を医師法違反それぞれ書類送検した。男性は2012年8月末、同病院を依願退職している。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た貧血

    同センターで、胃の痛みを訴えた70歳代の女性に対し、胃カメラ検査と病理検査を実施し、病理検査に於いて胃癌と診断されたが、女性の主治医はこの検査結果を見落とし、胃カメラ検査を基に胃潰瘍や貧血と診断。このためこの女性に対する診断が約7ヶ月間遅れることとなり、女性はその後2017年9月に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た白血病

    白血病患者の女性が、末梢血幹細胞の移植手術を受けたが、合併症によって呼吸困難になるなどしたため、同病院は肺に酸素を送り込むための蘇生用具を使用することになったが、この用具の組立方法を担当の看護師が誤ったため、肺に十分に酸素が送られなくなり、患者は意識不明の重体となり2週後に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たインフルエンザ

    東日本地域でインフルエンザの予防接種を受けた幼児や児童5名が重度のインフルエンザを発症し、相次いで死亡。ワクチンのウイルスを十分に弱めていなかったのが原因とされた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た

    同病院の58歳医長が胃と膵臓の手術を受けた際、女性看護師がに流さなくてはならない栄養剤を誤って静脈に注入してしまう。医長は意識不明の重体となり2日後に死亡した。同年10月20日、当時の院長ら6名が厚生省より懲戒処分されている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た甲状腺

    甲状腺の病気が悪化し入院していた50歳代の女性患者に対し、看護士の一人が、肺と人工呼吸器とをつなぐ気管チューブのテープを切ったが、この際、誤ってチューブに付属する機器の一部も切断してしまった。女性は脈拍などが低下し、一旦は回復したが、13日に死亡した。病院側はミスを認めつつも、事故と死亡との因果関係は不明であるとしている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たタオル

    この病院で生まれた新生児が、分娩室で、母親に直接抱かせる「カンガルーケア」を受けたが、授乳後に呼吸が停止し、低酸素脳症に陥り重度の後遺障害が残った。母親は大阪地裁に対し、カンガルーケアが原因であると訴えを起こした。2013年9月11日に同地裁は、低体温であることを「タオルに包まれていた」などとして否定した上で、「障害はカンガルーケアによるものとは認められない」として訴えを退けた。カンガルーケアを巡る訴訟として初の司法判断となった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た糖尿病

    糖尿病を患っていた男性患者に医師が誤って高血圧治療薬を投与してしまう。男性は遷延性意識障害に陥った。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た窒息

    70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 11 - 20件表示