246件中 21 - 30件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た人工透析

    2011年11月…京都府、京都大学医学部附属病院。50歳代の男性患者が、5日に脳死肝移植手術を受け、手術そのものは成功したが、持病として抱えていて並行して受けていた腎不全の透析治療に使用していた透析器具を交換する際、この患者に本来使用していた血液濾過器具ではなく、血漿分離器具を装着してしまい、患者は交換後約3時間後に血圧が低下し、11月13日午前10時50分頃に脱水症状を起こし死亡した。当時、医療器具を専門に扱う臨床工学士が不在で、当直医2名と看護師1名が対応しており、病院の安全対策が問題であると指摘された。この3名は業務上過失致死容疑で書類送検された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た厚生労働省

    厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た白血病

    2012年4月、大阪府、大阪市立大学医学部附属病院。白血病患者の女性が、末梢血幹細胞の移植手術を受けたが、合併症によって呼吸困難になるなどしたため、同病院は肺に酸素を送り込むための蘇生用具を使用することになったが、この用具の組立方法を担当の看護師が誤ったため、肺に十分に酸素が送られなくなり、患者は意識不明の重体となり2週後に死亡した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たインフルエンザ

    1965年12月…東日本地域でインフルエンザの予防接種を受けた幼児や児童5名が重度のインフルエンザを発症し、相次いで死亡。ワクチンのウイルスを十分に弱めていなかったのが原因とされた。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た

    1984年5月…愛知県、国立名古屋病院(現・独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター)。同病院の58歳医長が胃と膵臓の手術を受けた際、女性看護師がに流さなくてはならない栄養剤を誤って静脈に注入してしまう。医長は意識不明の重体となり2日後に死亡した。同年10月20日、当時の院長ら6名が厚生省より懲戒処分されている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た糖尿病

    1977年2月25日…広島県の病院で、糖尿病を患っていた男性患者に医師が誤って高血圧治療薬を投与してしまう。男性は遷延性意識障害に陥り、事実上の植物人間状態になってしまった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た窒息

    2007年5月…東京都中央区の歯科医院。70歳代の女性に対し、人工歯根を歯茎に埋め込んだ上で義歯を付ける「インプラント」治療を行ったが、ドリルで顎の骨を削る際に、誤って動脈を傷付け、女性は出血で窒息に見舞われ死亡した。警視庁は2011年8月に、担当した歯科医師を業務上過失致死罪で書類送検した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た剃刀

    1977年2月19日…宮城県、石巻赤十字病院。33歳男性患者が椎間板ヘルニアの手術を受けた際、執刀医が誤って腹部の動脈を傷付けた事に気付かないまま手術を終わらせる。男性は手術後、動脈が切れて腹部内出血多量で急死。執刀医は責任を痛感し、剃刀で引責自殺してしまった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た医療過誤

    厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たてんかん

    1966年4月21日…岩手県、岩手県立南光病院。てんかんの新薬を投与された患者42名のうち3名が副作用が原因で死亡。その後の調査でこの新薬がまだ実験段階だった事が明るみになり、当時「軽はずみな人体実験」と社会で激しく糾弾され、国会でも厳しく追及された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

246件中 21 - 30件表示

「医療事故」のニューストピックワード