258件中 21 - 30件表示
  • 医療事故

    医療事故から見た医療過誤

    厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている*。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た腎臓

    消化器官系の癌で入院していた60歳代の男性患者に対し腹腔鏡による手術を実施し、退院後もこの患者は外来で抗癌剤治療を継続して受けていたが、その後、抗癌剤の副作用による肝不全で死亡した。この男性については、血液検査で肝臓や腎臓の機能に正常値の最大40倍の異常値が出ていたにもかかわらず、担当医が見落としたとされる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た椎間板ヘルニア

    33歳男性患者が椎間板ヘルニアの手術を受けた際、執刀医が腹部の動脈を傷付けた事に気付かないまま手術を終えた。患者は手術後に腹部内出血多量で急死。後に執刀医は自殺した。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た肺塞栓症

    アメリカ合衆国においては、これまで医療事故による死亡率が正しく議論されてこなかったという批判を受け、医療事故による死亡が(最も多く見積もれば)米国の死因の一位になった試算と共に、個人の断罪に終わることなく再発防止を主眼に置いたシステムを構築するよう提言が出されている。2006年の報告では、毎年150万人が医療ミスの影響を受け、40万人が薬害を受け、薬剤関連障害は8億8700万ドルの余剰医療費を必要としたと報告している。また、誤診の数トップ5は感染症、腫瘍、心筋梗塞、肺塞栓症、心血管疾患と報告されている。。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たヤギ

    50歳代の女性心臓病患者にヤギでの生体実験で生存最長記録を作った人工心臓を取り付け、わずか2日間で急死させた事が5月30日に明らかとなった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た放射線

    36歳男性が水虫の放射線治療を受けた際、技師が放射線量を規定より多く当ててしまったため被曝して重度の皮膚ガンとなり、両足を切断する事故が発生。病院側がミスを認め、多額の賠償金を支払う事で和解した。この事故をきっかけに皮膚病の放射線治療を取りやめる病院が相次ぎ、代わって皮膚病や水虫用の治療薬(内服薬や軟膏などの外用薬となる抗真菌薬)が本格的に開発されることになった。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た京都大学医学部附属病院

    2011年10月…京都府、京都大学医学部附属病院医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た人工透析

    50歳代の男性患者が、5日に脳死肝移植手術を受け、手術そのものは成功したが、持病として抱えていて並行して受けていた腎不全の透析治療に使用していた透析器具を交換する際、この患者に本来使用していた血液濾過器具ではなく、血漿分離器具を装着してしまい、患者は交換後約3時間後に血圧が低下し、11月13日午前10時50分頃に脱水症状を起こし死亡した。当時、医療器具を専門に扱う臨床工学士が不在で、当直医2名と看護師1名が対応しており、病院の安全対策が問題であると指摘された。この3名は業務上過失致死容疑で書類送検された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見たてんかん

    てんかんの新薬を投与された患者42名のうち3名が副作用が原因で死亡。その後の調査でこの新薬がまだ実験段階だった事が明るみになり、当時「軽はずみな人体実験」と批判され、国会でも追及された。医療事故 フレッシュアイペディアより)

  • 医療事故

    医療事故から見た高血圧症

    高血圧症で通院治療中の73歳女性患者が、医師より糖尿病薬を投与されて意識不明の重体になり、その後遷延性意識障害になってしまった。この事故が1983年7月9日に明るみになり、問題になる。医療事故 フレッシュアイペディアより)

258件中 21 - 30件表示